ピクシブ百科事典

サソリオレンジイッカクジュウアーム

さそりおれんじいっかくじゅうあーむ

サソリオレンジイッカクジュウアームとは、『宇宙戦隊キュウレンジャーEpisode of スティンガー』に登場するサソリオレンジの強化形態。
目次[非表示]

概要

Episode of スティンガー』にて、サソリオレンジがヒロイン・ミカ・レーツの形見であるイッカクジュウキュータマより生成されたイッカクジュウアームを右腕に装着した姿。

右腕の前腕部が一角獣の角、上腕部が炎を模したドリルになっている。これは、ミカがチキュウ人とイッカクジュウ座人のハーフである事と、彼女が一時的だがジャークマターダイカーンとなった事が関係している(※ダイカーンとしてのミカの姿には炎と巻貝の意匠があった為)。
ドリルの貫通力を生かした突進攻撃が得意で、敵に巻き付けたサソリの尻尾を起点に三次元な動きで戦う事も可能。

本編のSpace.39にも登場。暴走から完全に開放されたオウシブラックと共に牛型汎用破壊兵器ゼロ号達を圧倒した。

固有技

  • ユニコーンアンタレス

イッカクジュウアームを用いたアンタレスインパクト。尻尾を振って生成した斬撃を高速回転させたイッカクジュウアームで押し出し、ドリル状の衝撃波へと変えて放つ。
ユニコーンはいっかくじゅう座の英語名である。
この技でかつてミカを玩び殺したカローザンダバルドを打倒。過去の因縁にケリを付けミカの無念を晴らした。

関連項目

宇宙戦隊キュウレンジャー Episode_of_スティンガー
サソリオレンジ ミカ・レーツ
ドリル

戦隊におれるドリル使い
メガレッド ゴーイエロー ボウケンレッド キョウリュウピンク

コメント