ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「パンパカパーン!パンパンパンパンカパパーン!お待たせいたしました、私の名前はパチンコ大名人!あ~ら皆さん全然出てないのね。パチンコはね、こうやるのよ」
「フィーバーフィーバー!鬼は~外!鬼は~外~!!」

CV/演: 本間しげる
登場話:第37話 「必見!! でけェ奴」第38話 「えーッ!! 停戦!?」

概要

重度のパチンコ好きなゴーマ怪人で、パチンコ台そのものという何とも分かりやすい姿。
人間態はシルクハットに黒いスーツを着た、ダリを思わせる形状のつけヒゲと丸メガネの怪しげな男。パチンコ好きで戦いには興味はないがそのスペックは高く、体内には莫大な妖力が秘められており、体内のパチンコ玉を投げつけるだけだが凄まじい威力の「必殺パチンコ拳法・地獄フィーバー」、相手を巨大なボール状に丸めて蹴ることでダメージを与える「人間パチンコ玉」、「パチンコキック」等、非常に馬鹿馬鹿しいが非常に強力な技を駆使する拳法の達人でもある。

活躍

<37話>
大五と将二が熱中するパチンコ店に出現、上記の台詞と共に自身の能力でパチンコを大当たりにさせて店内を熱狂の渦に巻き込み、正体を現しての戦闘では「地獄フィーバー」「人間パチンコ玉」でシシレンジャーとキリンレンジャーを圧倒し、「パチンコの弱い人とは戦いたくない」と吐き捨ててその場を撤退。

その後は蘇った阿古丸の立身出世を警戒するシャダム一派により、コウの中のゴーマの血を活性化させられる莫大な妖力の持ち主として目をつけられ、再びパチンコ店で遊んでいる最中にシャダムに憑依されて身体を乗っ取られ、妖力の腕試しとして遊園地で暴走させられる。

5人揃ったダイレンジャーの目の前で巨大化して大規模破壊活動を行い、彼らをザイドス達に足止めさせたうえでコウに妖力を送り込み、彼をシャダム一派の傘下にすることに成功。
そして龍星王と互角の巨大戦を繰り広げる中、全宇宙の絶対的調停者・大神龍が降臨し・・・。

<38話>
大神龍の踏み潰し攻撃をすんでの所で回避し、シャダムと分離して等身大に戻ったまま3幹部と共にその場を撤退。

その後、大神龍降臨に乗じて一挙に地球をゴーマのものにすべく、ゴーマ十五世に命じられて巨大な姿で都市部にて破壊活動を行い、大連王と戦いを繰り広げる。
しかし、そこに大神龍が再度降臨。必死の命乞いが通ずるはずもなく、最期は大神龍に踏み潰されて瞬殺された。

余談

本編に登場した最後の新規のゴーマ怪人であり、大神龍の登場以降の本作が一気にシリアス路線になったことを考えるに、パチンコモチーフは「ゴーマ怪人やギャグはもう打ち止め」という意味が込められていると思われる。ただし、嘉挧の仲間である子竜中尉の鎧姿をゴーマ怪人として扱う事もある為、完全に最後とは言えない。

作中でヒーローが昼間からパチンコに興じ、「5000円も負けたから今更やめられない」と発言するといった、当時だから描けた「等身大のヒーロー像」の描写からは時代を感じさせる。
ちなみに『秘密戦隊ゴレンジャー』の没怪人の中にパチンコ仮面というのがいた。

放映当時『てれびくん』にて掲載されたマンガでは、根っからの悪人でなかったためか死亡せずに済み、パチンコ台となって将児に大当たりを出して彼を喜ばせるというEDを迎えた

海外版『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』では、第2シーズにてパチンコヘッド(Pachinko Head)という名称で登場。パワーレンジャーと戦う本作オリジナルの戦闘シーンが撮影されている。
ロード・ゼッドロッキー・デサントス/レッドレンジャーを魔法でパチンコ中毒(正確には責任感を無くして遊び好き)にした後、ダメ押しという形でパチンコ台から生み出したモンスター。
原作と同じく敵をパチンコ玉に変えてしまう能力を持ち、ホワイトレンジャー以外のパワーレンジャーをパチンコ玉にして壊滅寸前にまで追い込んだ。
しかしこれまた原作と同じく侵略や戦闘より遊び好きであり、ホワイトレンジャーを翻弄しつつもまともに戦おうとしなかったため、業を煮やしたロード・ゼットにより巨大化させられててしまう。
「もっと遊びたかったのに」と不満を言いつつ巨大化。本作では大神龍がロード・ゼッドの所有する兵器セルペンテラという設定のため、原作と違い大連王に倒されている。
またアメリカではパチンコが一般的ではないため(グアムハワイにはパチンコ店がある)、作中ではアジアで人気のゲームとして紹介されていた。

関連タグ

ゴーマ族 ゴーマ怪人

本編最後の一般怪人
ドーラタロスパチンコ大名人ビンボーガミ

関連記事

親記事

ゴーマ怪人 ごーまかいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パチンコ大名人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 788

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました