ピクシブ百科事典

大神ソウマ

おおがみそうま

神無月の巫女に登場する人物
目次[非表示]

概要

CV:間島淳司
姫子の幼馴染であり、オロチ七の首でもある少年。
高校1年生。姫子と千歌音の16歳の誕生日の日にオロチにされるが、幼い頃から好意を抱いている姫子を守るためにオロチの意思に逆らい、武夜御鳴神を駆り、実兄のツバサも属するオロチ衆と戦う。

文武両道でルックスや性格も良いことから学園の女子からの人気も高い。
性格は「真面目で優しい熱血漢」だが、少々子供っぽく、姫子のことになると熱意が空回りする。作中一貫して姫子のために尽くし、努力した甲斐もあってある程度親密な仲になるが、最終的には姫子を千歌音へ後押しする。

学園では「宮様(千歌音)とゴールデンカップル」とささやかれている。本人は千歌音に対して恋愛感情は無く、有り余る才能を持ちながら努力を怠らない姿勢に敬意を抱いている。

「ロボット乗り」、「宿命に逆らいヒロインを守る」、「実の兄が敵」など、ヒロイックな要素を備えていたが、姫子への想いは報われることはなかった。

略歴


・幼少時に実の父親に虐待されており、その父親を唯一の味方である兄のツバサが眼前で刺殺したことで、虐待からは解放されたが、記憶を失い、ツバサも姿を消す。その後、原作では施設で出会った姫子との交流から笑顔を取り戻し、大神家の養子となったが、アニメ版では施設での出会いはカットされた。

・姫子と千歌音の16歳の誕生日の日にオロチ因子の所有者という理由だけでオロチに洗脳されてしまい、姫子を殺しかける。姫子の巫女の力と彼女への恋心で正気に戻った後、オロチ衆と戦っていくが、オロチでありながら巫女を守るという矛盾からオロチの呪いで身体を蝕まれてしまう。

・ツバサとの再会時に記憶を取り戻し、戦いながら兄を説得するも声は届かず、逆に洗脳されそうになる。姫子のおかげで間一髪助かって、ツバサに勝利するものの、父を殺害した兄を今度は自分が仕留めるという肉親間の惨劇を自らが起こしてしまった。

・姫子の本当の想い人が千歌音であることに気付き始めながらも、姫子のために活動するが、オロチとなった千歌音に痛めつけられた上、武夜御鳴神も強奪されてしまう。

・最終決戦では千歌音の代わりに姫子と共にアメノムラクモに乗り込み、呪いが加速しながらも戦い抜いた。原作ではオロチと相打ち。アニメ版では姫子を送り出した直後に死亡。姫子と千歌音が結ばれたことでツバサからは「道化」とまで呼ばれてしまうが、それでも姫子の幸せを願う心意気を認めたツバサの手で復活。新生した武夜御鳴神と共に姫子と千歌音の前に現れ、ケジメとして、2に安らぎの時間を作るためとケジメのためにオロチ退治を引き受けて、オロチを倒す。それは同時にツバサとの別れも意味していた。

・再生後の世界では原作では姫子がいない世界だった為、彼女と会うことはなかった。アニメ版では姫子の誕生日に告白して断られながらも、幻の想い人を待ち続ける姫子にエールを送る。

ファンからの扱い

当初は百合ップルのお邪魔虫という点から、姫千歌を好む百合好きからは蛇蝎のごとく嫌われていたが、百合ップルの為に我が身を犠牲にする姿から百合作品に登場する男性キャラの理想像として語られることもあると、本作の賛否両論の部分を体現したキャラの1人であることが伺える。

他作品への展開

姫子と千歌音がそうであるように、ソウマも以降の作品に登場している。
京四郎と永遠の空では大神ジンの名で登場。ユキヒトの髪型が一部移植されている。
また、綾小路家はザビ家のオマージュであり、京四郎をガルマとした場合のシャア・アズナブルのポジションに来るはずだったが、没になっている。

絶対少女聖域アムネシアンでは大神先輩の名で登場。アホ毛が消滅し、目もラーメンマンのような切れ目になっている。
姫子が住む教会で働いており、姫子からも恋愛感情を寄せられているが、作品の性質上叶う事は無い物と思われる。
また籠目機関に入ってからは衝撃の大神(バレットのおおがみ)というどこぞの十傑集のような二つ名をいただき、日輪大撃破という前世での愛機の必殺技のオマージュである技を駆使し、九曜と激闘を繰り広げる。

余談

オロチ衆はこの世への絶望と憎悪からオロチになったが、ソウマだけははっきりとした動機が最後まで描かれず、オロチとしての個人武器についても不明である。

劇中での扱いからカワイソーマの愛称を持つ。ただし、この呼び方を嫌っている人もいるので、発言には注意されたし。

関連タグ

ジン様 来栖川姫子 姫宮千歌音 武夜御鳴神
噛ませ犬 負け犬 世の中には勝利よりも勝ちほこるにあたいする敗北がある

pixivに投稿された作品 pixivで「大神ソウマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13426

コメント