ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


解説

由来は『歳寒三友(さいかんのさんゆう)』という中国における画題。
松と竹は寒いでも青々と葉を茂らせ、梅は寒風の中で全ての花に先んじて花を咲かせることから、松竹が不老長寿の象徴、梅は(=幸福)の兆しの象徴として、好まれるようになった。
日本では松と竹は平安時代、梅が江戸時代から好まれるようになった。
それぞれ鳥と組み合わせて、松に・竹に、梅にが縁起の良い組み合わせとされている。

余談ではあるが、ここに注連縄に使われる植物ウラジロを加えると、植物界の代表的な属種がすべてそろうことになる。

また日本では、等級付け(ランク分け)の指標ともされており、一般的に「松が・竹が・梅がとされている。
しかしながらこのランク付けに確固として順位は無く、ときに順位が逆転したり、まったく食い違ったりもする。(ある有名な歌い手のコンサートでは、松が安く、梅が高い)


一般的に広まっているものは、単純に名前の順番で決まったものであろう。


関連タグ

  
年賀状
和風 デザイン
渡哲也

関連記事

親記事

和風 わふう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松竹梅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83426

コメント