ピクシブ百科事典

わいら

わいら

日本の妖怪。「はいら」とも呼ばれる。

姿はのようで、前脚に鎌のような巨大な爪を1本ずつ備えている。

元々絵姿と名前だけが残されていた、謎多き妖怪である。しかもどの絵にも残されているのは上半身の姿だけで、下半身は不明。
「年を取ったヒキガエルが変化した妖怪」「雄は土色で雌は赤い」「土を掘りモグラを食べて居た」「茨城県の山中で目撃談がある」「凶暴で人を襲う事もある」等とする資料があるが、これらは全て後世創作の疑いが持たれている。

創作での扱い

謎多き妖怪であるが怪獣のようで見栄えが良いことから、和風ゲームのモンスターなどで登場することが多い。

  • いちばんくわしい日本妖怪図鑑
怪奇作家佐藤有文著の妖怪図鑑。熊と獅子を合わせたような姿で、翼を持ち人を食う。
初出は日本の妖怪が多く出演した『デビルサマナー』で種族は”妖獣”。一本角の赤い牛のような姿で原典で描写されていない下半身は影と融合している。『デビチル』シリーズでは鎌のような手を持ったとぼけたお化け姿で登場。
羽根が生えたという姿。こちらの使った術を返してくるという特殊な妖怪。
虎のような魔物。上位種に「毒わいら」、「猛毒わいら」がいる。
赤い甲殻に覆われ下半身は蛇か魚の様、カマキリの鎌をおもわせる大きな鉤爪を持つ鬼。
  • 剛神―大江戸超神秘帖
滝沢一穂作、近藤ゆたか作画の、世界最大の人口を誇る江戸時代の江戸の町に襲来した「星夷(宇宙人)」との戦いを描いたSF巨大ヒーロー漫画。わいらは日光にすむUMAとして登場。
  • 今敏作短編「わいら」
戦国時代を舞台にした短編。「わいら」の正体とは…
  • 妖怪馬鹿
小説家京極夏彦の対談集。わいらが正体不明なことからさいとうたかおの作風を完コピしてDr.ゲンサイ・ノダの目撃談が描いてある。眉毛が某人物に似ていたようだが…

関連タグ

妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「わいら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7141

コメント