2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

黒川イザナ

くろかわいざな

黒川イザナとは、漫画『東京卍リベンジャーズ』のキャラクターである。
目次[非表示]

オレはオマエを灰にして お兄ちゃんにする

プロフィール

性別男性
誕生日1987年8月30日
血液型A型
身長165cm
体重58kg
愛機CBR400F
所属黒龍天竺
CV島﨑信長


概要

天竺」総長。元「黒龍」八代目総長。
褐色の肌を持ち、色素の薄い髪をしている少年。佐野エマの兄で、佐野万次郎佐野真一郎の異母兄弟。

幼い頃にエマは佐野家に引き取られたが、自身は施設行きとなり、妹と離れて暮らすことになった。その後、暴走族のリンチを受け入院するほどの大ケガを負うが、退院後にお礼参りに行き、主犯格の少年に至っては自殺にまで追い込んでしまう。更生のため少年院に送致されるものの、そこで悪のカリスマ性を発揮するようになり、のちにS62世代と呼ばれる仲間たちを作る。
孤独に苛まれていたが、少年院に面会に来てくれた佐野真一郎にだけは強い愛情を感じており、彼と文通をして絆を感じていた。

出所後は真一郎の作った黒龍を継ぎ、八代目総長となる。しかし、真一郎が万次郎の話をするたびに彼への嫉妬を募らせ、黒龍を万次郎に継がせるつもりだということを知り、遂には万次郎への悪意を爆発させてしまう。これによって黒龍はあらゆる悪事に手を染めた犯罪組織となる。
真一郎の死後、失意から一度は一線を退いて浮浪者のような生活をしていたが、稀咲鉄太にそそのかされて天竺を結成。稀咲が天竺に合流したのをきっかけに、東京卍會との抗争を巻き起こす。

人物像

真一郎への歪んだ独占欲から、彼が愛したすべてを破壊したいと考えている。稀咲が自分を利用しようとしているのは理解しているが興味はなく、ただ万次郎にのみ執着している。
力ですべてを支配し、仲間も都合のよい駒としか考えていない。圧倒的な戦闘センスを持ち、天竺では味方すら恐れる絶対的な王として君臨している。

戦闘能力

戦闘スタイルとしては、万次郎と同じくリーチやパワーを補うべく蹴り技を多用する。
鶴蝶「孤独がイザナの強さ」「”これ以上やったら殺してしまう”というリミッターがない」と語られる通り、一切容赦の無い攻撃を仕掛ける。
総合的な実力は非常に高く、三天最強の佐野万次郎には一歩及ばなかったものの、寺野南瓦城千咒に次ぐ戦闘能力を持っている。


ネタバレ注意

実はエマの母親の元旦那とフィリピン女性との間に生まれた子であり、実際には真一郎やマイキー、エマとの血の繋がりはない。本人にとって血の繋がりの有無は何よりも重要なことだったようで、事実を知りながら黙っていた真一郎に対して激昂していた。

関東事変の末、稀咲が放った3発の銃弾から鶴蝶を守り、息を引き取った。しかし・・・

関連イラスト

LIGHT
déraciné


黒川イザナ誕生日2021
卍まとめ3



関連タグ

東京卍リベンジャーズ





































新たな世界線(ネタバレ注意)


その2年後にタイムリープした武道が二代目東京卍會と関東卍會の最終決戦で瀕死の重傷を負い、黒い衝動に蝕まれた万次郎が生きてほしいと願い1998年9月にタイムリープしたことにより、武道が稀咲を創設メンバーに推薦するなど対策をしたため、死そのものがなかったことにされ、本編の世界線同様、関東事変で東京卍會と戦った末、東京卍會の傘下に下り、捌番隊隊長に就任。その後の現代で、NPO法人「TENJIKU」の理事として世界を回っている。

関連記事

親記事

横浜天竺 よこはまてんじく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14827978

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました