2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

オレは自分を知っている 月は一人じゃ輝けない
じゃあな、俺のヒーロー

概要

現代で東京卍會の総長代理を務めるナンバー2。
東京卍會を犯罪組織に変貌させ続ける黒幕で、花垣武道の宿敵である。
半間修二を腹心として従えている。

プロフィール

性別男性
誕生日1992年1月20日
身長164cm(やや小さい方)
体重58kg
血液型A型
所属愛美愛主(メビウス)→東京卍會参番隊隊長→横浜天竺総参謀
CV森久保祥太郎
実写版演者間宮祥太朗
舞台版演者結城伽寿也
イメージカラー⚫️黒


人物

慎重な性格で、警察にも尻尾をつかませない謎の人物。
佐野万次郎(マイキー)を豹変させた元凶にして、現代で橘日向橘直人を殺した黒幕でもある。

タケミチが何度タイムリープしても、手段を変えて現代を地獄に変えており、己の目的を果たすことを決してあきらめない不屈の精神と、あらゆる手段を可能とする用意周到さを持つ。頭脳明晰なため、具体的かつ実現可能な作戦を考えて実行し、多くの人を利用して犠牲にしながらあらゆる困難を乗り越えていく。
腕っぷしは弱いが、人を使うことが非常にうまい。また、状況をコントロールする能力に長けており、勝っても負けても己に利益のある状況を作り出している。
自分の力の限界を悟り、自分を「月」に例え、一人では輝けないと考えている。そのため、強い輝きを持つマイキーに執着している。しかしそれも、自分がより輝くための必要不可欠な道具として考えているだけで、マイキーを自分にとって都合のよい傀儡に仕立て上げるのをもくろんでいる。


タケミチとは同学年。
子供の頃は頭のよさから神童と持てはやされていたが、周囲と協調性がない暗い子供だった。そんな中、明るく接してくれた日向に一方的な恋心を抱いていたが、小学6年生の夏休み、日向は自分を不良から助けてくれた武道に惚れてしまう。それに強いショックを受けた稀咲は、タケミチが中学生になって不良となり、日向と付き合い始めたのをきっかけに、自分は日本一の不良を目指すことを決めた。
タケミチに対して歪んだ対抗心と嫉妬を抱いているが、一方で現代の自分を形作る根本にもタケミチの存在があり、彼を「オレのヒーロー」と評し、ある種の憧れを抱いている。


最終章においては既に故人だが、マイキーの異常性が徐々に明らかになるにつれて、「このマイキーを一周目で御していた稀崎はどんだけ有能なんだ」と、死者でありながら生前以上に評価を上げている。

関連タグ

東京卍リベンジャーズ
芭流覇羅 横浜天竺 橘日向 低身長

関連記事

親記事

東京卍リベンジャーズ とうきょうりべんじゃーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「稀咲鉄太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「稀咲鉄太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3084417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました