ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:緑川光

幼少期の体験からヒーローという存在に対して複雑な思いを抱き、人間でありながら怪人を自称して「ヒーロー狩り」に明け暮れている青年。
シルバーファングの元で流水岩砕拳を学んでいたこともあるようだがトラブルを起こし破門。他にも様々な流派の知識を有し、格闘以外の戦闘に対する造詣も深い。
天才的な格闘センスを持っており真綿が水を吸うように経験を力に変え、死線を潜り抜けるたびに実力を飛躍的に伸ばしていく。

また「悪」運も強く、タンクトップマスター金属バットが仕留められるチャンスがあった感があり(というか第三者の介入がなければ止めをさせたかもしれない)、A級のバネヒゲも必殺技の情報が世間に知られていた事と狭い場所で戦っていた事がなければ良い勝負ができただろうとガロウ自身が認めている。
超合金クロビカリをはじめ、災害レベル「竜」クラスを打破できる上位S級ヒーローならば、その異常な成長速度が発揮される前に倒すことも不可能ではなかった。
しかし既の所で最悪の状況を避け、再び相まみえた時には成長とその経験を活かして撃破されている。

原作者ONE氏によれば若い狼のようなイメージとのこと。
アニメ版の名前呼びも「太郎」の発音ではなく「餓狼」の発音になるよう意識されている。


以下、ネタバレ注意
































ここからネタバレ

来歴

人間怪人として

ヒーロー狩りとしての評判を踏まえて怪人協会からスカウトを受けるが、怪人観の違いから決裂。
ブサイクな子供を助けたのち、災害レベル鬼クラスの怪人達と交戦することになる。しかし多対一で分が悪く敗北し瀕死の重傷を負って意識を失っていたが、目覚めた後は驚異的な回復力で復活。
その体ですぐさま怪人協会のアジトに乗り込み、攫われた少年の救出を試みた。

そしてヒーローや怪人たちとの度重なる死闘の末、覚醒。

ガロウ


外見は悪魔のような姿に変貌し、人間だった頃の面影は、もはやどこにもない。
その力たるや怪人協会の最大戦力の一角である黄金精子を秒殺し、残ったS級ヒーロー達を(彼らが消耗していたとはいえ)無傷で一掃する程。

ついに、サイタマと一対一の対決となる。




序盤こそ体術の経験差で一方的な攻勢を見せ、優位であるかのように進めていた。
しかしもちろんサイタマが本気を出している訳がなく、次第に自身の認識が誤っていたことを自覚していき、圧倒される。
それでもサイタマを倒そうと自分の実力をすべて出し切り数回の変身を繰り返し必死に足掻くが、最終的にはなすすべもなく完敗した。
サイタマもまた、彼の行動から、彼を「怪人」とは判断せず、近所迷惑な「人間」として見なして戦っていた。

それでもなおボロボロの姿で立ち上がり、自身の抹殺を主張するアマイマスク達の前で絶対悪について持論を語る。「ヒーローの作る偽物の平和が悪を産む」「生きる余裕すら生まれない絶対悪の存在こそ真の世界平和を実現する」と。
そして圧倒的な強さで自分を追い詰めたサイタマに「なぜお前は使命感を持って戦っている俺を倒す」「お前はなぜヒーローをやっているのか」を問うも、「趣味」と一蹴されてしまい、自分の理想のヒーロー像とかけ離れたサイタマの姿勢に愕然とする。

幼少期

ガロウはヒーローごっこで無理やり怪人役にされ、その名目のもとヒーロー役のクラスの人気者からいじめを受けていた。それに抗議して騒動を起こした後、自分に非はないと主張するも日陰者のガロウを他の生徒も教師も全く信用しなかった。

これがきっかけで彼はヒーローに憧れた自分を封じ込めてしまう。さらに自らをヒーローものの子ども向け番組における敵役に重ね、「悪はヒーローに必ず倒される」その理不尽な構造に怒りを抱くようになる。多数派から人気のある者が勝つために配置された、弱者であり悪役、怪人こそが自分の立場であり、ヒーロー達は正義を笠に着て暴力を振るう偽善者だと思い込んだ。
もし偽善ではない絶対的正義にもとづく「本物のヒーロー」がいるならば、いじめられていた自分を助けてくれたはずであると。

だからこそ彼は、「本物のヒーロー」に会うことを心の中でどこか期待しつつ、理不尽さを壊せない「偽者のヒーロー」を狩る人間怪人を目指すようになった。


戦いの後

サイタマに「自分にとってヒーローは趣味」と一蹴され、愕然としたガロウは「そんなのヒーローじゃない!!」と心の中で思うなど、激しく動揺する。
その姿を見たサイタマはガロウの生い立ちを全く知らないながらも、自身の目で見たガロウの、「手加減してヒーローを殺さない」「子供を殺す気がない」行動、更に彼が明確に「正義とはなにかヒーローとはなにか」という考えを確立していることを踏まえて彼が本当になりたかったものは怪人ではなくヒーローであったと看破、指摘。(17巻のカバー裏を見ると…?)
その上で「お前の怪人は妥協の趣味、俺の正義は本気の趣味」「お前は目指す前からハードルを下げたんだ。それだけでも負ける気がしない」「なら次はどうするんだ」と喝を入れる。
ところが、戦いに敗れその上自身の妥協を指摘されたガロウの心は完全に折れ、生きる意志を失ってしまう。
そのため処刑を強行しようとするアマイマスク達に抵抗する意志は見せず、かつての師バングが振るった元愛弟子を殺せない愛のこもった拳に討たれることに満足するかのような表情すら見せていた…。

しかし、そこにガロウが怪人から救った少年が止めに入り、ガロウこそ「本物のヒーロー」だと主張。処刑を阻止しようとアマイ達相手に必死ですがりつく。ここで彼は自分が何者かに気付き生気を取り戻す。
自分が絶対悪の怪人になるために奮闘してきた行動こそ己の持つヒーロー像を実現したものであり、怪人になってまで救いたかった一番の弱者(子供の頃の自分のような存在)の目には自分こそ本物のヒーローに見えているということ
その瞬間彼は(サイタマ以外の)全員が捉えられない程のスピードで一瞬にしてどこかへと姿を消した。

本心では「自分もヒーローになりたい」、しかし「自分にはなれない」と卑屈になっていた青年はサイタマとの戦いと問いかけ、自分が救った一人の「公園で突っつかれる不細工なガキ」によって自分の真の思いに気付き「」 を得た。

その後は消息不明であったが、キングが「(本当に)強くなりたい」と思い各地の道場や門戸を叩いていた際、最後に訪れた「最果て修行場」にて見たのは滝に打たれている彼の姿であった

余談

5位を獲得。その際描かれたONE氏によるイラストにて、ガロウはヒーローではなく怪人を狩っており、彼の考えに変化が見てとれる。

災害レベル竜以上でありサイタマがマジシリーズを使うほどのガロウとボロスだが、その二人はどちらが強いかでよく議論になる(男の子って好きね…)。

ボロスvsガロウ


原作者ONE氏はニコニコ生放送にて曰く「ガロウとボロスはどっちだろうな?前までは絶対ボロスの方が強かったけど、 今のガロウはもうほぼパーフェクト怪人みたいなところがあるんで。わかんないですね。いい勝負…いい勝負するところで、接近戦だったらガロウの方が強いんじゃないかなとは思いますね。 接近戦ていうかパンチとかキックとか、そういうのはだいたい避けられるっていう…」と言葉を濁した。
作者が悩むほど両者の実力は拮抗しているようで、2人の戦闘スタイルは対照的。
ボロスは体内の莫大なエネルギーを駆使した圧倒的なパワーとスピード、極めて優れた再生能力、中遠距離にも適したエネルギーの放出攻撃(雑魚が触れれば骨も残らず、最大出力ならば星の表面ごと消し飛ばせる)などで戦う。第2回原作人気投票のゲリュガンシュプ曰く「サイタマがいなければ10日あれば地球を更地にできるほど」とのこと。
対して、(サイタマとの対戦当初の)パーフェクト怪人ガロウは優れた格闘能力・連撃をもって戦い、作中ではサイタマを一瞬振り切るほどの反応速度を見せた(サイタマが手加減していたとはいえサイタマの攻撃を何度もいなしたりかわして見せた)ものの、ボロスのような範囲攻撃は持ち合わせていない。
一概にどちらが強いとも言い切れず、接近戦・格闘戦ならばガロウに分はあるが、ガロウがボロスの範囲攻撃をいなせるかに勝負は決まるか。
サイタマ自体は、ボロスとの対戦時は彼をいつもの怪人ように殺すつもりだったが、ガロウに対しては彼の行動からガロウを「怪人のコスプレをした人間」として見て殺さないように戦っている。

関連タグ

ワンパンマン 必要悪 ダークヒーロー
怪人王オロチ ギョロギョロ

ルナティックステイン(僕のヒーローアカデミア) リタ(スーパー戦隊最強バトル!!):ヒーローに対して疑問を持った悪党・ダークヒーロー繋がり。
中の人つながり
シンタロー:道着姿が「ガンマ砲撃ちそう」とネタにされることも。
劉鳳彼のアルターにちなんで『剛なる左拳・ガロウ』とネタにされることも。
グリッドマン:TV放映中にフィギュアのCMが流れていた。
空条承太郎 : 皮肉にも、相手の力を理解してから自らより格上の相手に闘いの中で逆転し、敵を打ち倒すことで力を得ていく姿は彼のファイトスタイルの十八番であり、動機正当性こそ違うが相手を次々と再起不能にさせていく姿はガロウの「ヒーロー狩り」と一連の流れが酷似しており、ヒーローに対する王道のストーリーとなってしまっている。

関連記事

親記事

怪人協会 かいじんきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガロウ(ワンパンマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 275053

コメント