ピクシブ百科事典

古代王

こだいおう

アニメ版ワンパンマン第10話「かつてない程の危機」に登場するオリジナル怪人。

CV/後藤ヒロキ

概要

かつて地球を支配していた恐竜一族の。災害Levelは不明。

ティラノサウルスのような外見…というよりは某高次元捕食体と同じく人類に匹敵するほどの高い知能を持った巨大怪獣で、ミサイル攻撃を受けても平気な程の頑丈な皮膚を持ち、から放つ破壊光線を武器としている。

衰退したとはいえ今もなお地球の覇権を狙っており、地底王深海王サイタマに敗れ去ったのを機に(天空王を差し置いて)氷山の中から目覚めると本格的な活動を開始するが、動きを察知したヒーロー協会の要請を受けやってきたタツマキ超能力で呼び寄せられた隕石をぶつけられ瞬殺されてしまった…。
ちなみにアニメオリジナル怪人であるが、原作にも一瞬だけ登場しているらしい。また、デザインのモデルがどうかは不明だが、67撃目に1コマ登場した怪獣が似ている。

関連項目

ワンパンマン 怪人(ワンパンマン)

pixivに投稿された作品 pixivで「古代王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241110

コメント