ピクシブ百科事典

怪人協会

かいじんきょうかい

「ワンパンマン」に登場する組織。 基本的に内容は村田版に準拠する。
目次[非表示]

概要

原作

災害レベル『鬼』以上の怪人により結成された組織。
Z市のゴーストタウンの地下にある巨大施設(サイコス曰くボロアジト)を拠点に、ヒーロー協会の壊滅と全人類の滅亡を目論んでいる。
構成員は原作では17名のみの少数精鋭。

村田版(リメイク版)

目標は原作と同じ。
評判を聞いた多くの怪人が集い、総勢500名以上と原作と違い規模が大きい。ただし多くは、虎の威を借る狐と言うべき暴れたいだけの雑兵で、災害レベル『鬼』以上の構成員は30名程度(86撃目)。
ただし、災害レベルが低くてもデストロクロリディウ厶のように重大な被害を出すものもおり、参謀格のギョロギョロが怪人にとって有利となるよう相性を考えてヒーローにぶつけるため、油断はできない。

災害レベル至上主義であり、『竜』は幹部として扱われる。

大規模な急襲作戦(彼らにとってはあくまでも前座らしい)を展開し、人類に対し事実上の宣戦布告を行った。

怪人協会アジト

リメイク版のみの設定か、原作のアジトも実はそうであるかは不明だが、怪人協会が拠点とするZ市地下の巨大施設は元は地底人の住居。
怪人協会が奪ったのか、怪人協会が拠点とする時には既に地底人は住んでなかったのかは不明。
フェニックス男の発言や地下深くにある大量の地底人の死体から見るに、サイタマによって地底王が殺された事が発端なのか覇権争いが起こり、地底人は同士討ちにより絶滅、或いは著しく数を減らしたと考えられる。

構成員


【☆】は原作のみ登場する怪人で、【★】はリメイク版にのみ登場する怪人。

首領

原作とリメイクでは首領が違う。

原作版における怪人協会の首領怪人。一つ目の巨体をもつ強力な念動力使いであり、災害レベル竜。 一応、他の竜クラスの怪人にも首領と認められている。
リメイク版では怪人協会の影の支配者として活動している。

リメイク版における怪人協会の首領怪人。
見上げる程の巨体と体の至る所に怪物の顔が存在する禍々しいフォルムによる存在感は圧巻の一言。加えて口数が少なく不気味。災害レベルは竜。
怪人の王と冠されるだけはあるようで、推定で竜の上位にいるであろうゴウケツにさえ「地球上で勝てる存在はいない」と断言されている。



幹部(災害レベル『竜』)

リメイク版では怪人協会は災害レベル至上主義として、ギョロギョロの超能力による裁定で災害レベル『竜』扱いされたものの多くは幹部として扱われる。

怪人協会の参謀役を務める一つ目でブヨブヨな体を持つ怪人。強力な超能力者で半ば怪人化しているガロウを念動力で止めることが出来るほどの出力がある。他にも小さな分身やテレパシーを駆使して遠く離れた場所を見通すことができるなど多彩。
怪人協会の創設者で、司令官役も務めるなど事実上の指導者。人間を怪人に変える秘法を知っているらしく、あのオロチも自身が育てたものだと語る。

元はサラリーマンで、理不尽な理由で職と住居を失いホームレスにまで落ちぶれていたのだが、「神」と出会い、強力な神通力を手にする。

11兆4491億71万2554の自分の集合体(原作版74撃目)。タンパク質を得ると細胞ストックが回復する。一体何が原因なのか読者に非常に人気で、第二回人気投票では10位を獲得している。(怪人の中でもっとも高い)

不定形の液体に血走った目玉が二つ浮いたスライムのような生き物。他者の感情に反応して攻撃を仕掛け、超高圧超高速の水鉄砲を放つ。液体の体のため物理的は攻撃は効かない。
体内でマッドドクターフィッシュと共生している。
    • マッドドクターフィッシュ(災害レベル『虎』)
   何でも食べてしまう危険な魚。沢山いる。

自分の容姿のコンプレックスによって細胞が変異して異形と化した「ブサモン」と呼ばれるタイプの怪人。特殊な力は持っていないがシンプルにフィジカルが高い。

六つの目を持つ巨大な黒い犬(?)の化け物。口から強力なエネルギー弾「焼夷弾」を連発し、作中屈指のタフネスを持つ。弱ると子犬サイズに縮む。

巨大な口と強靭な歯を持つ怪人。目は見当たらず、言葉は話さない。こと「捕食」に関してはS級ヒーロー豚神に並ぶ強敵。
作者ONE氏の別作品「魔界のオッサン」では・・・

超巨大なムカデの怪物。体を畝らせるだけで都市部に甚大な被害を齎す姿はまさに「災害」「天災」の域。
外殻のとてつもない堅さに加え体技がとても通用しない巨大さと再生力も誇り、S級ヒーローの攻撃を受けてもびくともせず、ムカデ長老を打破できる可能性のあるS級ヒーローは数名しかいないと目される。
確実に仕留めるためと、キングに叩きのめされてストレスを抱えていたサイタマのマジ殴りで粉砕された。

連戦のダメージがあったとは言え、ジェノスを一瞬で撃破した猛者。
4つの目を持ち、道着を着た巨大な鬼のような怪人。元は人間で、サイタマも出場したスーパーファイトの初代優勝者だったが、数年前に怪人細胞を食べて怪人化したという。残虐だが冷静沈着であり、怪人と化した後も弟子達を可愛く思う心を残している。
サイタマに頭部を殴り飛ばされた。

スラーッとした体型の猫のような怪人。壊れるまでオモチャで遊ぶのが好き。
ぷりぷりプリズナーの拠点である臭蓋獄に出現し、多数の凶悪囚人を怪人細胞の力で怪人に変えた。
ぷりぷりプリズナーの肉体に傷をつける鋭い爪と、どんな隙間にでも入り込める体術の持ち主。が、猫らしく面倒くさがり屋で非常に気まぐれ。
ぷりぷりプリズナーのようにむさ苦しい相手は『愛情を押し付けてきた昔の飼い主』を思い出すせいで本能的に苦手。ポチを殴り飛ばしたサイタマに奇襲を仕掛けるも爪による攻撃が全く効かない事にビビり、怪人協会を脱退して逃亡・・・。
とまぁここまで良い所無しの活躍だったが、無事に地上へ脱出。気晴らしに待機していたA級C級ヒーロー達を全滅させ、人質の子供をズダズダにしようとするが…。




幹部候補(災害レベル『鬼』→『竜』に変化)

リメイク版では災害レベル『鬼』から、災害レベル『竜』にパワーアップする怪人が出てきた。
このページでは説明しやすくするために、独立した項目として記載する。

音速のソニックと同郷の忍者二人組。普段は人間の姿をしているが既に怪人化しており、そのスピードはソニックを遥かに上回る。閃光のフラッシュの抹殺を企んでいる。
閃光のフラッシュとの戦いでは圧倒的なスピードにも対応されるものの、怪人化したことによる力技で血反吐を吐かせる程追い詰めた。
しかし、微かなスキを突かれ、絶技・閃光斬の前に倒れた。フラッシュが途中で押されたのも、二人同時撃破を狙っていたためだという。
その肩書から、原作の「爆走兄弟レップウ&ゴウカ」のリメイク版の可能性があるが、彼らはあくまで別の方が考えたキャラであり、ウィンド&フレイムとは別ものらしいと村田雄介氏がある日の配信で発言していた。
後にフェニックス男の力で死霊として復活。更に電気ショックを受けたせいか、完全に蘇生した。
傷跡も塞がっており、全裸で逃走する途中でサイタマに出会ったが、サイタマからはただの変質者と思われ、二人も逃走を優先したため何事もなく逃げ延びた。彼らが今後怪人化が出来るのかは分かっていない。

着ぐるみが脱げなくなっただけで怪人になってしまった。怪人協会内では、中間管理職に位置している。
村田版では着ぐるみのデザインがかなりアレンジされており、よりフェニックスらしい姿になった。
怪人には珍しく、仲間思いなのか、ヒーローに包囲されている怪人の救援をギョロギョロに提案する場面もある。
クチバシで童帝を襲うものの、フィルム状のシールド(戦闘中にイライラシールドと命名)で跳ね返され、あっさり切り裂かれてしまったが・・・。
↓↓↓
一度倒されたフェニックス男が着ぐるみの特性(着ぐるみのキャラクターの設定)によっての淵から這い戻って転生した姿。
元の面影を残しつつ、人型のスタイルになった。
何度も童帝の兵器に倒されるが、着ぐるみがもたらす生命力で粘りパワーアップを繰り返し、兵器を完全に破壊、切り札を失った童帝を挽き肉にしようとする・・・。




推定災害レベル『鬼』

リメイク版では原作に比べて数が大幅に増え、上記のようにパワーアップする怪人も出てきた。
それぞれがヒーローを蹴散らすだけの自信と強さを持ち、対ヒーロー協会の主力として扱われる。
作中で彼らを手こずらせた強敵も多いが、相手が悪くて瞬殺された奴までピンからキリとある。

両手が刃になっており全身を包帯で覆っている。殺人嗜好症を持つ。
ガロウに首を消しとばされた。

  • 蟲神
高い身体能力を持つ虫の怪人。甲殻はキリサキングの刃やガロウの拳をも一切通さないすさまじい強度を誇る。奥の手として変身能力も持つ武闘派。
超合金クロビカリと戦うも全く歯が立たず、失望された上に一撃で上半身を消し飛ばされた。

  • ダイショッカン
全てを食い尽くす大食い怪人で、敵を丸飲みにする。
原作ではイノシシの様な鼻と牙を持つ人間型怪人だったが、リメイク版ではデザインが大幅に変更されて巨大なトカゲの様な外見になった。
豚神に食べられてしまった。

  • 怪人姫・メガミメガネ【☆】
目を見た者を魅了する能力を持つ。アマイマスクに倒される。
読者投稿の怪人で原作のみ登場。

  • ムカデ先輩
巨大なムカデの怪物。地中からの不意打ちを得意とする。原作とリメイク版では顛末が異なる珍しい存在。
原作ではガロウに倒され、リメイク版では金属バットに倒された。

  • バンパイア(血統書付)
大昔から続く吸血鬼の一族。極めて珍しい、由緒正しい「本物」の怪人(自称)。
リメイク版では衣装が派手になり、怪人協会の有象無象の突然変異や怪人細胞による怪人達を苦々しく思っている。
ゾンビマンと対決し、猛スピードで血を吸い尽くす(不味くて吐いたが)、銃弾をキャッチして投げ返す、胸に風穴を開けられても再生、体力が減れば周囲の怪人の血を飲み回復、小さいコウモリの群れになって喰い千切るなど様々な能力を見せた。が、ゾンビマンの果て無き再生能力の前に根負けし、斧で修復不能なまでに裂かれて死亡した。

  • 爆走兄弟レップウ&ゴウカ【☆】
原作のみ登場する2体のロボット。(”組織”との関連は不明)
スピード自慢の兄弟で、兄はウルトラマン似。
アジトに侵入したフラッシュと交戦するが、攻撃すら出来ずにまとめて破壊された。

  • 魔ロン毛
長い毛髪を武器に戦う怪人。セリフは全て諺を自分の髪にもじったものだが、全然上手くない。リメイク版では衣装が派手なデザインに変更され、髪の色も白髪から栗色に変更された。取り巻きの泥人形のような怪人は自慢のロン毛を手入れしていたら怪人になったと解釈していた。
A級三剣士との戦いで倒された。

  • ラフレシドン 【★】
ラフレシアをモチーフとした怪植物。花粉には強力な催眠効果がある。
催眠粉で金属バットを苦しめるも、気合いをいれなおした彼に倒された。

  • 百々目蛸 【★】
全身のいたる所に目がある巨大な蛸。建造物を食べることでより強大に成長する。皮膚も眼以外は銃弾を通さないほど強固。
フラッシュに全ての目を潰されて痛みで暴れ回るが、タツマキに丸く潰されて死亡。

過激なボンデージに身を包んだ女怪人。トゲ付きの鞭で洗脳攻撃を仕掛ける。
おそらくメガミメガネのリメイク版。
アマイマスクに洗脳した私設部隊を差し向けるが……。

巨大な体躯を持つ、メデューサナーガゴルゴンのような女怪人。相手を麻痺させる神経毒をはじめ様々な毒を用いる。怒ると蛇のような怪人となる。
初登場時にはブラをしていなかった。
豚神に丸呑みにされた。

  • 拳闘魔人 【★】
4本の腕を持つファイタータイプの怪人。元は格闘技を極めた人間だったらしい。怪人細胞で怪人化したタイプの怪人ではなかった様子。バングに倒された。

  • カオハギ【★】
全身に人の顔の皮(?)を縫い付けた怪人。両手に持った巨大な包丁で戦う。
顔の皮を剥ぐために頭を狙う戦法を取るが、それを逆手に取られて包丁を壊されてしまい、
ジェノスに倒された。

  • 覚醒ゴキブリ【★】
見た目はゴキブリのコスプレをした男。超スピードで相手の背後を取るのが得意。単純なスピードのみならず、相手の殺気を読み取る察知能力と巧みに身を隠す隠密性にも優れる。
ジェノスを翻弄するが強力な接着剤で足を固定されたため自切して逃亡。怪人協会のアジトに帰るも怪人王オロチに捕食された。

  • 三羽ガラス【★】
ゴウケツの手下である三羽の巨大なカラス。怪人になる前はゴウケツの弟子だったが、怪人細胞を食べた結果人間としての自我は失われ、今ではゴウケツの命令に忠実なペットのような存在。
レベルは3体合わせて鬼で、連携攻撃は厄介。
スイリュースネックイナズマックスに倒された。

  • フリーハガー【★】
両手に「FREE HUG」と書かれた札を持った巨大なハリネズミ。
全身に備えた鋭いトゲでぷりぷりプリズナーを苦しめたが、痛みを受け入れた彼に倒された。

  • 機神G5【★】
機神G4が所属していた”組織”より派遣された鎧武者型のロボット怪人。
ナリンキの私設部隊を土産代わりに捕らえる一方、サンプル収集と称してアジト内を散策するなど不審な行動が多い。
G4のように小型ロボットが潜んでいる模様。
戦闘中のアトミック侍の剣筋を解析し入手するも、そのスピードを完璧にコピーしたわけではなく、アトミック侍の前に敗北、内部にいる小型ロボットまでには届かず逃走した。

  • シャワーヘッド【★】
体内に貯めた水を変質させることで、シャワーヘッド状の頭から様々な液体を放出する怪人。自分でも出せる液体がよく分からなくなってきたらしい。育ち過ぎたポチの破壊光線で消滅した。

  • 超マウス【★】
様々な過酷な実験を生き抜いたことで怪人化した元・実験用マウス。優れた知性と筋力に加え、並外れた再生能力を有し、ガロウの一撃にも持ちこたえることが出来たが、育ち過ぎたポチの破壊光線の前に消滅。

  • イッカク【★】
細長いドリルのような姿の怪人。すさまじい硬度の頭の角で相手を串刺しにすることを得意とするが、勢い余って育ち過ぎたポチ突撃してしまったことで逆鱗に触れ、自慢のツノも粉砕されて惨殺された。

  • サイレスラー【★】(災害レベル『虎』→『鬼』)
プロレスラーの格好をしたサイの怪人。好戦的な性格だが、努力家の一面も。最初は災害レベル『虎』相当だったが『鬼』レベルに成長し、頑丈な体でA級ヒーローを次々と圧倒するがアトミック侍の斬撃の前に悔しくも散った。

  • バキューマ【★】
ゾウの姿をした怪人。
鼻から他の怪人を吸い込んでその能力を使用可能。使用できる期限は消化・排泄されるまで。
電気ナマズ男らを吸収してぷりぷりプリズナーに挑むが、「バイブレーション☆ダーク☆エンジェル☆ラッシュ」の前に敗れる。
初出ではずんぐりとした巨体で裸に近い恰好だったが、加筆修正された後は細身の体形で黒スーツにマフラーというスマートな外見となっている。また、右耳に「B」、額に「Q」、左耳に「M」のマークが入っている。

  • ビルブッパ【★】
ダイナマイトプランジャー(発破の起爆スイッチ)のような姿の怪人。
爆破した廃ビルでヒーローたちの退路を塞いで一網打尽を狙うが、ちょうど地上に出ようとしたサイタマの真上にいたためビルごと殴り飛ばされた。



その他(全てリメイク版より)

  • ムカデ後輩【★】(災害レベル不明)

大きなムカデの怪物。金属バットに下半身を潰され、瞬殺される。

  • ヒトトリ草【★】(災害レベル不明)
ハエトリソウをモチーフとした怪植物。ムカデ後輩ともども金属バットに瞬殺。

  • ヘドロクラゲ【★】(災害レベル『虎』)
人の形をしたクラゲの怪人。液体のように柔軟な身体を持ち、切り刻まれても潰れても即修復できる。陰湿な性格。
アジト内の牢屋でワガンマを救出にきた童帝を襲撃するも燃料油を注入され炎上。その後もしぶとく生き延びエビル天然水と交戦中の童帝への復讐に現れるが、天然水に体中の水分と油分を吸収され干乾びてしまった。

  • マーシャルゴリラ【★】(災害レベル『虎』)
軍服に身を包んだゴリラの怪人。バナナ型の葉巻を常に身につけている。
A級ヒーローであるヘビィコングを倒すほどの実力者だが、ヒーローを探す途中で見つけたアーマードゴリラに絡みワンパンで倒された。

雷神のような太鼓を背負い稲妻型の簪を着けた舞妓姿の怪人。太鼓を叩いて電撃のビームを放つ。名前の由来はマイコプラズマ肺炎。電撃攻撃が効かない。
毒や冷気などの能力を持つ怪人たちと共にぷりぷりプリズナーを攻撃するが通用せず、逃げようとした所をバキューマに食べられてしまった。
加筆修正された149話では新形態「ハイボルテージモード」により夫である電気ナマズ男との連携技「愛のライトニングセッション」を見せる。バキューマに吸収されるも倒された後は体外に排出された。

  • 電気ナマズ男【★】(災害レベル『虎』)
ナマズに人の手足が生えた怪人。ヒゲが稲妻の形をしている。もちろん電撃攻撃は効かない。
舞妓プラズマ共々、バキューマに吸い込まれてしまった。
修正版149話ではパワーアップ形態「P・T(プレート・テクトニクス)モード」を披露。舞妓プラズマとの連携で強烈な電撃を放つ。また、ヒゲには危険を予知する機能があり、大地震以上の巨大な危機から逃れるため舞妓を連れて脱出を図る。

  • ギョフリー【★】(災害レベル不明)
太った魚のような姿の怪人。
ヒーロー協会が運営する病院に出現し、ガロウのヒーロー狩りで負傷したヒーローたちを狙う。名前の由来はおそらく”漁夫の利”。
無免ライダーを苦戦させるもタンクトップマスターのタックルで吹き飛んだ。この時開いた壁の穴はタンクトッパーたちから聖地として扱われる。
他にも病院を襲った怪人がいたが入院中のヒーローに悉く倒された。

  • ハラギリ【★】(災害レベル不明)
屈指の大剣豪達の集まり「剣聖会」の一員で、音速を超える程の抜刀術の使い手。
怪人細胞を取り込んだが、ウィンドやフレイムと同様、身体操作法に長けている為、人間の姿を維持できる。
剣聖会の他のメンバーを怪人化させ、剣聖会を「剣魔会」へと名を改めさせた上で、更なる高みを目指そうとしていた。
同じく剣聖会の一員でもあるアトミック侍によって切り刻まれた。
あっさり負けてしまったが、元々S級ヒーロークラスの実力者であり、疾風のウィンドの例からも、災害レベル『竜』クラスの実力者と思われる。

  • デストロクロリディウ厶【★】(災害レベル『虎』)
寄生虫の一種であるレウコクロリディウムをモチーフとした寄生型の怪人。両腕の触覚ドリルで宿主の体内に侵入し、肉体を操る事ができる。クロビカリに叩き潰された。

  • ジャガン【★】(災害レベル『不明』)
ボロ布を纏った強大な超能力を扱う怪人。なお、災害レベル『不明』は正式表記。
元々は貧弱な超能力者だったが、ギョロギョロにヒーローに倒された怪人の眼を埋め込んでもらえた結果、怨念によって超能力を増幅させパワーアップ。
高層マンション数本を浮かして投げ飛ばすなど、高い実力を誇るが、S級ヒーロー達にはそんな脅しは効かず、戦慄のタツマキと真正面から激突、ゴミ袋のごとくまとめられ滅された。
大抵の『竜』すら秒殺するタツマキ相手に瞬殺されなかったあたり、『竜』相当かもしれない。

  • 囚人たち【★】(災害レベル不明)
凶悪犯を多数収容した刑務所「臭蓋獄」の囚人。
ニャーンによる臭蓋獄襲撃の際、ぷりぷりプリズナーに恨みを持っていた十数名が怪人細胞により怪人化して協会に参加する。
Z市地下のアジトでプリズナーを袋叩きにするが一切通用せず、逃げ回るニャーンを追うプリズナーが起こした天井の崩落で全員死亡。

  • 剣鬼ブッタギリー【★】(災害レベル不明)
刃に魂を捧げたと語る剣士の怪人。
アトミック侍の初撃を防ぎ斬りかかるも全ての攻撃を片手間に捌かれ、それと同時に全身を細切れにされ死亡。

  • 地底人のゾンビ【★】(災害レベル『狼』~『虎』)
かつて地底王を頂点とし地上侵攻を目論んだ地底人たち。
転生フェニックス男の放った光を浴びてゾンビとして復活。童帝のブレイブジャイアントに襲い掛かる。

  • その他モブ 【★】(災害レベルは『狼』や『虎』が多数)
リメイク版で登場した名も無き怪人達。一コマしか出ていないのも多数。基本的に使い捨て同然に扱われている。弱いのが殆どで、下級ヒーローにも大量撃破されてしまう。怪人協会に参加するためZ市のアジトに向かう物もいるが、一部はサイタマに退治されている様子。
単なるモブではあるが、中には凝ったデザインの怪人も結構いる。そういった者たちは一部で隠れた人気がある(これとかこれとか)。中にはヒーローに振り回される可哀そうなヤツらも。

スーパーファイト参加者

格闘技大会『スーパーファイト』に参加した武術家のうち、ゴウケツの勧誘(というか脅し)を受け怪人細胞で怪人化した者達。ゴウケツ自身もスーパーファイトの初代王者であり、ゴウケツ含め、厳密に言えば怪人協会さえ現れなければ怪人にならずに済んだであろうメンバーもいる。特にゴウケツが脅しをかけた際には、「怪人になるか死ぬか」の選択を迫られたため、不憫とも言えるのかもしれない。

怪人協会に合流する前に全員死亡したため厳密には協会の構成員ではないがここに記載する。

流派:闇地獄殺人術。
天才であるスイリューが手も足も出ないゴウケツの強さを見て怪人化を決意する。
一度に大量の怪人細胞を摂取してショック死したと思われたが怪人化して蘇生。
怪人になった事でパワーやスピードの他、人間だった頃の嗜虐性が増大している。
スイリューをいたぶっている所にサイタマが登場。試合の雪辱を果たそうと『必殺技フルコース』を繰り出すが通用せず一撃で倒された。

  • チョゼ【★】(災害レベル不明、ゴウケツ曰く「まあまあ上出来」)
流派:選民血脈格闘術。
人類最高の遺伝子を自負しており、自分ならば究極の力を得られると確信し怪人細胞を摂取する。
スイリューと激闘を繰り広げるが『冥躰拳』の奥義を受け敗北した。

  • ロジー【★】(災害レベル不明)
流派:心理分析格闘術。
選手の中で最初に怪人細胞を食べ全身の筋肉が肥大した怪人に変異。
心理分析を捨て腕力のみで暴れようとするがチョゼに首をへし折られ死亡。

  • ベンパッツ【★】(災害レベル不明)
流派:酷道流。
ゴウケツの脅しに屈して怪人化した。

  • ハムキチ【★】(災害レベル不明)
流派:ひまわり道場の優しい護身術。
儲けの少ない道場経営に飽き飽きしており、欲望のままに生きようと怪人化。

  • ボルテーン【★】(災害レベル不明)
流派:雷々拳。
スイリューとの試合で感じた力の差を埋めるために怪人化。
怪人になった事で元々の帯電体質が強化され『スーパー雷々拳』を名乗る。



怪人細胞について

リメイク版にのみ登場。一言でいえば人間を怪人に変えるアイテム。
果物ほどの大きさをした不気味な肉の塊で、常に脈を打っている。
ギョロギョロの研究成果だが、更に強い怪人を作ることを望むギョロギョロにとっては戦力増強こそできるが満足いくものではなかった。

現時点で分かっていることは以下の通り。
・食べた人間は肉体が激変して怪人化し、人間だった頃に比べて災害レベルが一つ上昇するクラス(疾風のウィンドなど)の力を得る。
・自分の意志で細胞を受け入れてはじめて怪人化する(つまり無理やり口に押し込んだり、こっそり食物に混ぜたりしても効果はないと思われる)
・自らの意思で食べて怪人化した者は人間性を失い、モラルも無くして残忍・凶暴化。人類に味方することはない。意志が弱い者は知性も残らないケダモノ同然の状態となることもある。
・基本的に一人一個。食べすぎると体が負荷に耐えきれず怪人化すらできず死ぬ可能性が高いが、うまく適応すれば更なるパワーアップが可能。
・生のまま食べないと怪人化できない(現に、生食を躊躇したソニックは丁寧に火を通して調理したため怪人化に失敗し、ただ腹を壊しただけという結果に終わった)
・食べたものに見あった成長しか見込めない。
・災害レベル『竜』相当の幹部が配っている。怪人化した相手を抑えるだけの強さが必要なのだろう。

ガロウ

一度は組織へスカウトされ、わずかな間アジトに身を置くも、その後決裂し怪人協会とは対立する。

関連項目

ワンパンマン 悪の組織 秘密結社 ヒーロー協会

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「怪人協会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134817

コメント