2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

怪人王オロチ

かいじんおうおろち

ワンパンマンの村田氏によるリメイク版にのみ登場する、怪人協会の首領。
目次[非表示]

CV:斧アツシ

概要

村田氏によるリメイク版にのみ登場。
怪人協会”の首領とされる怪人

見上げる程の巨体と禍々しいその風貌は、怪人協会の首領に相応しいといえる姿をしている。
その実力や能力は怪人王と呼ばれるに相応しく、協会幹部であるゴウケツからは、地球上に彼より強い化け物は存在しないと断言されている。
また、「怪人などいくらでも作れる」と言っていおり、人間を怪人化させる“怪人細胞”は彼から生み出されているらしい。

性格は冷酷そのもの。敗者に対して一切の情けがなく、怪人姫弩Sフェニックス男といった一部の怪人達にも恐れられている。

参謀役の単眼怪人ギョロギョロを従えている。

首領と言ってもすべての怪人協会構成員がオロチに服従しているのではなく、ヒーロー協会を潰すために一時的に手を組んでいるだけである為、仲間意識等は希薄。さらに黒い精子のような一部の強豪怪人は事が終わり次第、オロチを倒して新ボスになろうと考えられている。

伸縮自在な角を武器としている。
ジェノスとの戦いで両足を失っているとはいえ、「殺気を読む事で、光の速さで撃ってこようと私には当たらない」と豪語する程の反射神経をもつ覚醒ゴキブリをあっさり貫いて、見せしめと言わんばかりに喰い殺す、メタルナイトの機体を自爆装置を起動させる前に貫いて破壊する等をしている。

災害レベルは災害レベル「竜」認定のゴウケツを従えていることから、同じ「竜」の中でも飛び抜けていると考えられている。


この先凄いネタバレなので注意!!!






















「望み通り恐怖を与えてやる」

オロチ様


怪人の王を名乗る見た目と常軌を逸した力を持つ彼であるが、もとは人間であったという。

彼は人間の頃から強い破壊衝動を秘めており、それに目をつけたギョロギョロの実験に付き合うことに。
ギョロギョロが見い出した“怪人化の秘方”である、「何度も何度も「死」を乗り越え、凄まじい執念で知能の低下なども起こさずに次のステージに進みつづける」方法により、彼は数々の人体実験を耐え抜き、現在のような「オロチ」という名に相応しい大怪獣への変貌したという。

戦闘時は、全身を構成する怪獣らしき顔は一つ一つが人間以上のサイズの蛇状の怪物に変形可能し、全身から超火炎を吐き散らすことも可能など様々な戦い方が可能。

おまけにガロウと同じ天才的な素質を持ち、一目見ただけで全身の怪獣すべてが相手の技をコピーし制限なく成長していく

この戦闘力ですらギョロギョロの要望通りに、ガロウを「殺さない程度にぶちのめす」ための手加減に過ぎず、本気からはほど遠いと思われる。
ゴウケツが「地球上にあれより強い生物はいない」と評するのに恥じない怪物。

圧倒的な成長力は敵でありながら、まるで主人公に通じるものがあると言える。


オロチは、ギョロギョロを配下として従えていおり、ギョロギョロ自身もオロチの臣下として振る舞っているが、ギョロギョロの指示には忠実で、彼曰く「自分には絶対逆らえないように教育している」と豪語しているが…?

[乱闘!] ガロウ VS ボロス VS 怪人王オロチ


ヒーロー協会vs怪人協会が激化するなか、育ち過ぎたポチを撃退したサイタマとついに対面。

サイタマの謎の威圧感を感じ取ったオロチは、Z市で噂しれているゴーストタウンの化物の正体が彼であることを悟る。
この対面に歓喜した彼は怪人王としての素顔剥ぎ取り、真の姿を現す。そしてサイタマを地下深くへと案内する。辺り一帯を埋め尽くす溶岩と、その中に存在する謎の壁画と神殿。
その壁画には、まるで神が如く天に構えるオロチのような何かと、それに生贄を捧げる人々。

ギョロギョロの傀儡かと思われていたオロチは既に彼の手から逸脱しており、彼が用意する生贄では飽きたらず、地球のエネルギーを直に得ようと地中深くを掘り進んだ結果、この神殿を発見。自分にそっくりな壁画と、読めるはずのない古代文すら解読した事で、自身の正体はであることを悟ったのである。
以降は怪人王としてギョロギョロに従うふりをしながら、「ふさわしい生贄」を探し続ける。今日この日まで。

サイタマというふさわしい生贄を前にした彼は、この神殿にて邪神として復活を果たす。








かと思えば、サイタマは全く話を聞いておらず、全裸で溶岩に浸かっていた。
石鹸を要求する彼に激怒するも、それでこそ生贄にふさわしいとし、地球のエネルギーを直に汲み上げてぶつける渾身の一撃「ガイア砲」を使用。

しかし、サイタマは「必殺マジシリーズ・マジ水鉄砲」(マグマ)でガイア砲を相殺。そして、騒音ばかり起こすオロチに教育として普通のパンチをお見舞いする。

状況を理解できないオロチは、なんとか神殿まで身体を引きずり、祭壇へ乗り上げ壁画にすがりつき、最期はそこで息を引き取る。
崩壊する地下、それに伴い壁画を覆っていた地盤がくずれると、その全容があきらかとなった。



「我々の神は遥かな時を超え地上に復活するだろう」
      
      「この祭壇に捧げられた」
      
      「ふさわしい生贄によって」



オロチのようなもののさらに上空、そこに立つ何か。
全てを見下ろすそれはまるで……。



その後、サイタマに撃破されたと思っていた彼は、なんと心臓部が生き延びており、血肉を求めギョロギョロもといサイコスのエネルギーを察知する。

センシティブな作品


そしてサイコスと一体化し、上半身がサイコス、下半身が蛇と蝶が合わさったような姿に変貌。意識を奪いあった結果、2人の意識が半々になる。
その力は凄まじく、エネルギー波で地表を削り取る等、タツマキすら驚きを隠せない程であったが、同時にただの融合ではないと看破される。

実は2人が融合する際、謎の存在が語りかけており、それにより現在の力を得たという。

人類を抹殺するため、タツマキと激闘を繰り広げるも、駆けつけたジェノスの援護によりタツマキは他のヒーロー達を救助。それにより本気を出した彼女に感撫無きまでに打ちのめされる。

しかし、タツマキは突然吐血し拘束を解いてしまう。その隙に無事な部分を切り離し、街の人間を食らい力を蓄えようとするも、タツマキ渾身のバリアと、駆けつけた駆動騎士による追撃、さらにジェノスの援護より追いたてられ、さらにタンクトップマスターの投擲からのアトミック侍ぷりぷりプリズナー超合金クロビカリによる連撃を喰らう。途中サイコスが離脱し、そこへ追い討ちでバングボンブの連携奥義に加え、タツマキのダメ押しにより遂に撃破。
地下神殿にて再び散る。

作者の評価

村田氏は、2018年5月15日の配信にて「サイタマの攻撃でも一撃で死ぬことはない」「サイタマの普通のパンチを数発は耐えられる」、6月2日の配信にて「黄金精子と純粋な戦闘力でどちらが上かわからないが、技術はオロチのが上としている。
リメイクの作者とはいえ、当てになるかは別として。

余談

実はサイタマvsオロチは一度修正がなされており、修正前の150話では、その底知れない力を感じてサイタマをZ市の化物と察し、対峙した際には霞んでいる自我を取り戻せるかもしれないと述べ、無数の怪物や超火炎で攻撃。
その余波は凄まじく、遠くにいたS級ヒーロー達にも影響を与える程であった。
が、サイタマには通じず、吹き飛ばされたサイタマは猛スピードで戦場へ舞い戻る。怪物達を仕向けるが、それを薙ぎ払われる。彼からのパンチを回避し、頭上から超火炎を放出。しかしサイタマには難なく耐えられ、しまいには「普通のパンチ」を喰らい爆散。
恐怖という感情を垣間見ながら墜ちていった。

関連タグ

ワンパンマン 
怪人協会 ギョロギョロ

テュポーン…解放形態のモデルと思われる。最強クラスの力、不気味に発光する目、火焔を吐く、無数の怪物を生み出す、等の特徴も共通している。
ヤマタノオロチ…名前のモデルと思われる。酒呑童子の父親であるという伝承も、怪人を生み出す元となる怪人王オロチと似ている。
百頭ラードーンヒュドラ…似たような特徴を持つ。ラードーンとヒュドラはテュポーンの子供でもある。
奈落(犬夜叉)…似たような部分もある (元人間のラスボスで、数多の妖怪が体を構成しており、解放すると不気味な姿を表し、正体は無機質で不気味な目玉を持ち、幾多の分身を生み出したりできる、etc.)。
アンスラサクス火の兄…似たような見た目や立場の存在たち。
Godzilla(2014年版)…復活後の龍の首が似ている。

関連記事

親記事

怪人協会 かいじんきょうかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました