ピクシブ百科事典

怪人王オロチ

かいじんおうおろち

ワンパンマンの村田氏によるリメイク版にのみ登場する、怪人協会の首領。
目次[非表示]

概要

村田氏によるリメイク版にのみ登場。“怪人協会”の首領と推測される怪人

見上げる程の巨体と禍々しいその風貌は、“怪人協会”の首領に相応しいといえる姿をしている。
その実力や能力は未だベールに包まれているが、協会の一員であるゴウケツからは、地球上に彼(?)より強い化け物は存在しないと断言されている。
また、「怪人などいくらでも作れる」と言っている事から、人間を怪人化させる“怪人細胞”とは彼の肉体の一部ではないかと推測されるが、詳細は不明。

性格は冷酷そのもの。敗者に対して一切の情けがなく、弩Sフェニックス男といった一部の怪人達にも恐れられている。

参謀役の単眼怪人ギョロギョロを従えている。

首領と言ってもすべての怪人協会構成員がオロチに服従しているのではなく、ヒーロー協会を潰すために一時的に手を組んでいるだけなので仲間意識等は希薄。黒い精子のような一部の強豪怪人は事が終わり次第、オロチを倒して新ボスになろうと考えている。

伸縮自在なを武器としている。
ジェノスに敗れて深手を負っていたとはいえ「光の速さで撃ってこようと私には当たらない」と豪語する程の反射神経をもつ覚醒ゴキブリをあっさり貫いて、見せしめと言わんばかりに喰い殺したり、メタルナイトの機体を自爆装置を起動させる前に彼が反応する暇もなく貫いて破壊している。

災害レベルは「竜」のゴウケツを従えていることから、同じく「竜」、もしくは「竜以上」または更にそれの上と考えられている。


この先凄いネタバレなので注意!!!






















「望み通り恐怖を与えてやる」

2.怪人王オロチ


その真の姿は「オロチ」の名に相応しい大怪獣だった。
全身を構成する怪獣らしき顔は一つ一つが人間以上のサイズの蛇状の怪物に変形可能であり、全身から超火炎を吐き散らすことも可能など様々な戦い方が可能。

おまけにガロウと同じ天才の素質を持ち、一目見ただけで全身の怪獣すべてが相手の技をコピーし制限なく成長していく

この戦闘力ですらギョロギョロの要望通りに、ガロウを「殺さない程度にぶちのめす」ための手加減に過ぎず、本気からはほど遠いと思われる。
ゴウケツが「地球上にあれより強い生物はいない」と評するのに恥じない怪物。

ギョロギョロ曰く、元々はただの人間だったとのこと。
ただ、彼はガロウのように強い破壊衝動を秘めていたらしく、ギョロギョロが多くの実験を重ねて到達した「何度も何度も「」を乗り越え、凄まじい執念で知能の低下なども起こさずに次のステージに進みつづける」ことで、現在の究極生物に生まれ変わったとのこと。
圧倒的な成長力では最強主人公に通じるものがあると言える。
ギョロギョロはオロチの配下として振舞っているが、ギョロギョロの"教育"や長い付き合いということもあってか、ギョロギョロの指示にはオロチは基本的に従っている。

関連イラスト

Orochi vs Boros



関連タグ

ワンパンマン 
ゴウケツ ムカデ長老 

テュポーン…解放形態のモデルと思われる。最強クラスの力、不気味に発光する目、火焔を吐く、無数の怪物を生み出す、等の特徴も共通している。
ヤマタノオロチ…名前のモデルと思われる。酒呑童子の父親であるという伝承も、怪人を生み出す元となる怪人王オロチと似ている。
百頭ヒュドラ…似たような特徴を持つ。
奈落(犬夜叉)…似たような部分もある (元人間のラスボスで、数多の妖怪が体を構成しており、解放すると不気味な姿を表し、正体は無機質で不気味な目玉を持ち、幾多の分身を生み出したりできる、etc.)。
アンスラサクス火の兄…似たような見た目や立場の存在たち。

pixivに投稿された作品 pixivで「怪人王オロチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7110

コメント