ピクシブ百科事典

目次[非表示]

やはり たまには全力で運動せんといかんな

※以下、ONE氏原作版におけるネタバレが含まれます。ご注意下さい。

プロフィール

年齢81歳
身長165㎝
体重55kg
ヒーロー名シルバーファング
ヒーローランクS級3位 → 引退
CV山路和弘


概要

S級3位(元B級77位)ヒーロー。
本名はバング

流水岩砕拳という拳法の達人で、
普段は山間部と思しき土地に住んでおり、そこで道場を開いている。
モットーは「相手を殺めないこと」。

逆立った髪型と立派な口髭、太く釣り上がった眉、鋭い目つきが特徴的な強面の老人。
細身で膝腰の曲がった年相応の外見。しかしその傷だらけの肉体は長年にわたる研鑽で鍛え抜かれており、いざ戦いが始まれば年齢を感じさせない身のこなしで敵を圧倒する。

人物

厳格そうな見た目に反して温厚な性格でノリがよい。非常事態でも冗談を言ったり、招かれてもいないのにサイタマの部屋に来て鍋の豆腐を独り占めしたりと、茶目っ気に溢れる。
S級ヒーローのなかでも稀少な常識人であり、他のS級を諌めることもある。

サイタマが規格外の実力の持ち主であることを知っている数少ない人物。無理解な他のヒーローや一般人の罵詈雑言に晒されるサイタマに対して
「キミがこんな業界で腐っていく姿は見たくない。やめるのも一つの道じゃ」
と、サイタマを見守り彼の意思を尊重する立場を見せた。

かつては100人もの弟子を抱えていたが、一番弟子のガロウがトラブルを起こしたせいで門弟のほぼ全員が辞めてしまった。そのため現在、弟子はチャランコのみ。

巨大隕石落下事件以降、サイタマとジェノスのことを気に入っている。度々二人を自らの流派に勧誘しているが、彼らは乗り気でない。

旋風鉄斬拳の達人ボンブを兄に持ち、兄弟そろって“武術界の大御所”と呼ばれている。
また、かつては同門だったこともあって、兄弟の連携奥義交牙竜殺拳という連携技をもつ。

若い頃はその強さと才能に溺れ調子に乗っていたが兄のボンブとの戦いに敗北し改心した過去を持つ。

戦闘能力

流水岩砕拳
シルバーファングが使う必殺拳。独自に編み出した拳法だが、ボンブの旋風鉄斬拳と同じ流れを汲んでいる。
詳しい解説はなされていないが、簡単にいえば堅牢な防御を誇る柔拳
流水の如き動きで相手を翻弄し、激流の如き一撃をもって巨岩をも粉砕する拳法である。
シルバーファングはこれを用いて隕石の破片を素手で弾いて防ぎきっている。
「攻撃を受け流す」という側面が強調されており、シルバーファングのそれは、タンクトップマスターが瀕死の重傷を負う程の威力を誇る、ブサイク大総統の本気の一撃を軽々と受け流してしまうほど(村田版)。その後、ブサイク大総統に、彼でも捌き切れないほどの無数の打撃を浴びせ、そのまま大ダメージを与えている。

前述の通り「相手を殺めない」モットーを持つ一方、(兄のボンブいわく)手加減は下手で、本気を出せば相手の命に危険を及ぼしかねないとのこと。
現に、本気を出した彼の実力は非常に高く、災害レベル竜クラスの怪人を一撃で仕留めるなどS級3位の座にふさわしい強さを見せつけている。

爆心開放拳
かつてバングの使用していた流派。
その名の通り、拳のインパクトに合わせ心臓が爆発的な脈動を起こし瞬間的に肉体の限界値を超える超破壊型邪拳。
才能に溺れていたバングが自身の生き方を変えるために封印した代物だが、破門にしたガロウに盗み見されており、怪人となった彼に習得されてしまっていた。

また、A級レベルの実力者であるイアイアンが喰らえば即死するであろう攻撃が直撃しても、「肩こりが治った」程度で済ませる肉体と技術を持つ。
原作では、本気を出した状態だと、“災害レベル:龍”のブサイク大総統ハグキを瞬殺し、ホームレス帝の攻撃をかわしながらその時増殖していた黒い精子の首を全て切断するなど、凄まじい実力を見せる。
リメイク版では、普段の状態でもハグキの身体を貫通し、ブサイク大総統を手玉に取る。本気の状態では、まだ理性は無いが、怪人と化したガロウと互角に渡り合い、攻撃を霞めたものの、渾身の一撃を食らわせるなど、S級3位に相応しい実力を見せつけた。

余談

第1回原作版人気投票にて7位を獲得した。

関連イラスト

流水詠春拳
バングさん



関連タグ

ワンパンマン 老人
格闘家 達人 S級ヒーロー
サイタマ ジェノス ボンブ ガロウ(ワンパンマン)

関連記事

親記事

S級ヒーロー えすきゅうひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シルバーファング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シルバーファング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182667

コメント