2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

やはり たまには全力で運動せんといかんな

※以下、ONE氏原作版におけるネタバレが含まれます。ご注意下さい。

プロフィール

年齢81歳
身長165㎝
体重55kg
ヒーロー名シルバーファング
ヒーローランクB級77位 → S級3位(初登場時) → 引退
CV山路和弘


概要

S級3位。
本名はバング

流水岩砕拳という拳法の達人で、
普段は山間部と思しき土地に住んでおり、そこで道場を開いている。
モットーは「相手を殺めないこと」。

逆立った髪型と立派な口髭、太く釣り上がった眉、鋭い目つきが特徴的な強面の老人。
細身で膝腰の曲がった年相応の外見。しかしその傷だらけの肉体は長年にわたる研鑽で鍛え抜かれており、いざ戦いが始まれば年齢を感じさせない身のこなしで敵を圧倒する。

人物

厳格そうな見た目に反して温厚な性格でノリがよい。非常事態でも冗談を言ったり、招かれてもいないのにサイタマの部屋に来て鍋の豆腐を独り占めしたりと、茶目っ気に溢れる。
S級ヒーローのなかでも稀少な常識人であり、タツマキなど、他のS級を諌めることもある。

サイタマが規格外の実力の持ち主であることを知っている数少ない人物。無理解な他のヒーローや一般人の罵詈雑言に晒されるサイタマに対して

キミがこんな業界で腐っていく姿は見たくない。やめるのも一つの道じゃ。

と、サイタマを見守り彼の意思を尊重する立場を見せた。

人間関係

旋風鉄斬拳の達人であり、バングの兄。
兄弟仲は良好で、ガロウ討伐の際は数百人もの門弟を破門にし駆けつけてくれる。
兄弟による連携奥義も可能で、抜群の威力を誇る。

元・一番弟子。
バング不在時に道場で暴れ、他の門下生を再起不能にした事で破門にしたが、その半年後にヒーロー狩りを開始。
彼の討伐の為、死を覚悟で彼と向き合う。

  • ニガムシ
元・二番弟子。
道場での一件以来は独自で「ニガムシ流」を皆伝し努めている。

現・一番弟子。
道場の一件時はたまたまサボっておりその場に居合わせなかった事でそのまま在籍。ガロウがヒーロー狩りを行った際には危険を考え破門にしたが、騒動の後は再び一番弟子として破門は取り消したもよう。

同じくプロヒーローでS級4位ヒーロー。
彼からはライバル視されていると同時に尊敬もされている。
囲碁や釣りなどの娯楽仲間でもある。

  • サイタマ
同じくプロヒーロー。
自身を上回る実力者であるが故に武術を教えたいが、本人からは断られている。

同じS級ヒーロー。
彼にも武術を教えたいと思っており、それと同時に若さ故に逸る彼を影から見守る。

来歴

かつては若さ故に自身の強さと才能に溺れ、荒くれ者として振る舞っていたが、兄ボンブとの死闘の末に敗北。自身の未熟さを痛感し、弱者を護る拳「流水岩砕拳」を編み出し若い芽を育む事に。
その甲斐あって、兄弟揃って“武術界の大御所”と呼ばる孔明な武術家として名を轟く事となる。
そして、兄に対し改心の表れとしてヒーロー協会へ入会。
後にS級ランク設立のきっかけを作る1人となり、自身もその地位に就く。

 
道場、ヒーロー稼業共に順風満帆であったが、当時一番弟子であったガロウがトラブルを起こし彼を破門。さらに抱えていた100人もの弟子達がガロウに怯え去ってしまい、道場に残った門弟はたまたま残ったチャランコただ1人となった。


半年後、巨大隕石落下事件以降はサイタマとジェノスのことを気に入り度々交流を交わす。彼ら、特にサイタマを自身を上回る実力者と見抜き、二人を自らの流派に勧誘している。が、彼らは乗り気でない模様。


そしてある日、かつて破門にした元一番弟子ガロウがヒーロー狩りを開始。
彼を討伐すべく現一番弟子のチャランコを破門し、戦いから遠ざけ身辺を整え、駆けつけた兄と共にガロウ討伐へ赴く。


ガロウとの一連の騒動の末、プロヒーローを引退。自身のヒーロー業が原因とみた結果、後世の育成に専念することに。


戦闘能力

武術家である彼が用いる技術は弱者を護る「流水岩砕拳」と、護身術の様なものであるがその威力は凄まじく、正に攻守一体の構えはあらゆる攻撃を受け流し、対人戦では敵無し・無類の強さである。
しかし、上記は「相手を殺めない」と言うものに基づいた戦闘法であり、本気を出した際の強さは文字通り殺人級の実力を誇り、S級3位に相応しいものとなる。

以降は、彼の戦闘方法を記載する。


  • 流水岩砕拳
シルバーファングが使う必殺拳。独自に編み出した拳法だが、ボンブの旋風鉄斬拳と同じ流れを汲んでいる。
堅牢な防御を誇る柔拳であり、流水の如き動きで相手を翻弄し、激流の如き一撃をもって巨岩をも粉砕する拳法である。
その真髄は流水の動きや力の流れを理解し体内で再現する技術。
シルバーファングはこれを用いて隕石の破片を素手で弾いて防ぎきっている。
「攻撃を受け流す」という側面が強調されており、シルバーファングのそれは、A級レベルの実力者であるイアイアンが喰らえば即死するであろう攻撃が直撃しても、「肩こりが治った」程度で済ませたり、タンクトップマスターが瀕死の重傷を負う程の威力を誇るブサイク大総統の本気の一撃を軽々と受け流してしまう程。また、相手の攻撃を受け流しそのまま本人に被弾させたり、捌き切れないほどの無数の打撃を浴びせ、そのまま大ダメージを与える等、まるで隙のない技。

  • 交牙竜殺拳
兄・ボンブとの連携奥義。
その名の通り災害レベル「竜」クラスの怪人にも難なくダメージを負わせるとっておきの技。
作中ではガロウや育ち過ぎたポチ怪人王オロチと幾度となく使用しており、ボンブとの連携度が窺える。

  • 轟気空裂拳
こちらもボンブとの連携奥義。
老体である為、短期間では1度きりが限度の大技である。それだけあって威力は絶大で、金属バットによるフルスイングやジェノスの焼却砲、メタルナイトのミサイル群では傷1つつかなかったムカデ長老の外殻を粉々に砕く程の破壊力を誇る。

  • 爆心開放拳
かつてバングの使用していた流派。
その名の通り、拳のインパクトに合わせ心臓が爆発的な脈動を起こし瞬間的に肉体の限界値を超える超破壊型邪拳。
才能に溺れていたバングが自身の生き方を変えるために封印した代物だが、破門にしたガロウに盗み見されており、怪人となった彼に習得されてしまっていた。

余談

第1回原作版人気投票にて7位を獲得した。

関連イラスト

流水詠春拳
バングさん



関連タグ

ワンパンマン  S級ヒーロー
ガロウ(ワンパンマン) ボンブ サイタマ ジェノス
老人 格闘家 達人

関連記事

親記事

S級ヒーロー えすきゅうひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました