ピクシブ百科事典

イケメン仮面アマイマスク

いけめんかめんあまいますく

イケメン仮面アマイマスクとは、web漫画『ワンパンマン』の登場人物である。
目次[非表示]

僕がなぜS級に上がらないかわかるか?
キミみたいな弱くて何の取り柄もない”雑魚”をS級にさせないために
A級1位を守っているのさ!

プロフィール

年齢24歳
ヒーロー名イケメン仮面アマイマスク
ヒーローランクA級1位
CV宮野真守

概要

A級1位のイケメンヒーロー
ヒーロー稼業の傍ら俳優アーティストなどタレントとしての側面も持ち、メディアへの露出は非常に多い。その職業柄か髪型が頻繁に変わるため、原作では別キャラと誤認される事が稀によくある

A級一位という地位とそれに見合った強さ、ヒーロー名にも取られている甘いマスクで世間からの人気は相当に高い。

その一方で、性格クールで極めて正義感が強いが、それが行き過ぎて「悪」に対しては例え人間であろうと徹底的に容赦がなく、さらには敗れたヒーローに対しても辛辣な発言をする。また、ゾンビマンのような特異体質持ちの人間に対して『怪人ではないか?』と単刀直入に質問したり、自分を邪魔する人間を怪人に与したと見做して攻撃するかどうか考えることもある。
言ってしまえば心に余裕のない人間であり、彼と本当の意味で親しくしている人間は劇中に登場していない。それがヒ-ロー業界でも、アイドル業界であっても。

また、アマイマスクが倒した相手は皆、バラバラ死体や顔面粉砕という悲惨極まりない最期を迎えているのも特徴。この残虐性からも怪人に対する彼の憎悪が垣間見える。
中でもリメイク版では、洗脳されているだけの人間であるナリンキ私設部隊を躊躇なく八つ裂きにし、人気のあった女怪人・弩Sを降参も聞かずに首をへし折るという色々衝撃的な惨劇を披露し、物議をかもした。
その後、原作で設定が掘り下げられたことに伴ってか一年以上経った2020年5月8日に内容が大幅に差し替えられた。意図に気づいたイアイアンオカマイタチブシドリルに皆殺しを妨害され、悪に与したとして三弟子をも殺そうと考えたが、助けられて感謝する私設部隊に毒気を抜かれ踏みとどまる。弩Sとの最後の攻防も追加され、彼女に正体を看破されかけている。

さらに失態(失態の別称は「醜」態)を晒す事を極度に忌避しており、リメイク版の怪人協会編でとある敵との闘いで失態を犯し、タツマキに援護要請をした後、別の理由でタツマキが協会を地面から無理矢理掘り返した際ついでに救出されているが、「その際の無線を聞かれていたのか?」という疑心暗鬼(実際聞かれていた)から、なんでもないヒーローからの目線に内心で極度に反発し、その消耗具合から気を使っただけの童帝にすら内心キレており、「失態を知った者(ヒーロー及び、後方援護のセキンガル達)を全員始末して隠蔽する」というどう考えても「ヒーローではなく怪人のする思考」を始めたところで、イアイアンに労りの声をかけられ、ブラストに助けられた時のことを思い出して悶絶、「ファッションが決まってないから」と誤魔化しつつ「オシャレの基本は我慢である」と立ち上がり、その後クロビカリを立ち直せる際にも「(失態を犯さないのではなく、失態を犯すような)弱い自分を許さず、挫折や自分への失望を乗り越えて前に進むことがヒーロー」と説き、失態を受け入れた。(その際ゾンビマンに「醜態仮面」と煽られ凄まじい顔をしてはいる)

また、怪人協会編でサイタマの圧倒的な強さを目の当たりにした後、彼に強い関心を持って接触する。
アニメ版のみ、サイタマの戦闘を最初に目認するのは対深海王戦である。

リメイク版7巻にて、金属バットよりは年上であることが判明した。

戦闘能力

実力はA級の中でも別格であり、S級にも匹敵するといわれている。"1位"に拘りを持つフブキがA級1位を目指さないのも、彼があまりに強すぎるからである。
鬼クラスの強さを持つ怪人を素手でひねり潰し、がもげても自力でくっつけるなど、人間離れした能力を持つが、実力は未知数であり、今のところ披露したのは徒手空拳のみ。
怪人ホームレス帝に力を与えた存在や怪人化したガロウとアマイマスクの皮膚が似ているという意見もあるが、関係性は不明。
S級クラスの実力者なのにあえてA級に留まっているのはレベルの低い者がS級に選ばれないようにするためである。ヒーロー協会にもアドバイザーとして影響力を持っており、ヒーローの昇級審査にも立ち会っている。

弱点

そんな彼の唯一にして最大の弱点はブサモン
あまりにブサイクブサモンに出会うと、震えてしまって戦えなくなる(例:ブサイク大総統など)。逆に、魅了系の精神攻撃に対しては強い耐性を持っている(例:メガミメガネ弩Sなど)。

簡潔に言うとブサイクなやつを見ると拒絶反応を起こすイケメン。現実に居たらなんだか無性に腹が立ってくる弱点である。

しかしこれには理由があり・・・

注意

※これより先は最新話の内容を含むネタバレがございます。



















原作 118話

彼はヒーロープロデュース計画として、サイタマに関心を向けていた。

原作 119話

ある時、特売帰りのサイタマにカフェで相談したいことがあると彼を誘う。(サイタマは隣のジェノスを誘っていると思っていた。)

カフェで彼は第三次変革期、つまり怪人の発生を危険視しており、スーパーヒーローのプロデュースとしてサイタマに声をかけたと説明する。(当のサイタマは飲み物を勝手に変えられたことが気になりすぎて、話しを聞いていなかった。)

原作 120話

場所は旅館に移り、そこで彼はサイタマのヒーローとしての器を大きくすべく、自分のスター性などを説く。

しかし、サイタマが全く乗り気でなかったので、場所を遊園地の観覧車に移し、そこで自分の身の上の話を始めた。



彼の本名は「ビュウト」
彼は昔から見た目の醜さに劣等感を抱いており、せめて内面だけは綺麗でいたいと品行方正を志して生きていた。


約3年前、ヒーロー協会ができた時に、いち早く試験を受ける。(本人曰く、当初は今以上にザル試験で誰でも合格できたらしい。)

最初は自分の顔を晒すのに躊躇いがあり、仮面をつけてヒーロー活動を行っていた。ちなみに当時のヒーローネームはシークレット仮面
そんなある日、怪人との戦闘で仮面が割られてしまう。ファンも出始めた矢先で自分の不細工な顔がさらされるかと思いきや、彼の顔は別人のようになっており、肉体も不自然に何倍も強化されていた。

自らの醜さを呪うあまり、彼は怪人化してしまったのである。つまりは、十中八九ブサモンの類であり、容姿が登場する度変化するのも整形ではなく怪人としての能力のひとつであることが判明する。また、A級以上が住まうシェルターハウスに住まない理由も、怪人検知システムを回避するためである。ゾンビマンに疑いをかけたり、ブサモンを恐れていたのは、これが起因だったのである。

しかし彼はそのことを前向きにとらえ、そのままヒーロー活動を続けることにした。結果、人気は跳ね上がり、各メディアからの出演依頼も殺到した。
その一方で彼は、顔が醜かった時代に行った善行は何ら評価しなかったくせに、上っ面が良くなったとたんに掌を返して自分を賛美する世間の有様を見たことで美しさは人の目を曇らせるということを理解する。

そして、現在も怪人化は精神までも蝕んでおり、もはや怪人を虐殺する怪人と成りつつあった。
彼は自分の人間性が残っているうちに自分の理想を誰かに託したいと考えていたのである。
サイタマに目をつけたのは、決して負けないことを条件にしていたからである。

しかしサイタマは人気のために努力することを、
「それってなんか人形みたいだな。」
「人目を気にするのが理想のヒーローか?」
「自分が人にどう見られるかより、自分で自分をどう見るかの方が大事なんじゃねーの?」

人間なんだから。

と、自分のヒーローの姿勢を伝え、彼の誘いを拒否した。

原作 121話

その直後、観覧車の下で怪人が現れたことを察知し、現場に駆け付ける。しかし、怪人の進化条件が「注目を浴びれば浴びる程強くなる」という事だった為、自分の注目度を逆に利用され、災害レベル虎から竜にまで急成長させてしまい、窮地に陥る。(ここで、アマイマスクは自分一人では竜レベルの怪人を討伐したことがないことが判明する。)
アマイマスクは、ここで真の力を開放すれば怪人を倒せるが、今度は逆に自分の真の姿を見られたことで観衆から失望を買いヒーロー活動を続けられなくなるのではというジレンマに陥る。しかし、先述のサイタマの言葉を思い出し、奮起して怪人に再度立ち向かう。

「変身・・・」


「・・・解除」

余談

  • ヒーロー名の「イケメン仮面」は先述の「シークレット仮面」の名残りであることと(怪人化したあとの)イケメン面は本人が称する「偽りの仮面」のダブルミーニングであることが伺える。怪人であると同時にヒーローでもあるという存在、121話ラストの「変身解除」の台詞はまさしく「仮面ライダー」のオマージュそのものである。


  • 彼の本名であるビュウトは、beautyの短縮形beautが由来であると思われる。意味はすてきなもの(人)であり、人間であった頃はその名に恥じない生き方をしていたと言えよう。ただ、リメイク版のように少々行き過ぎた正義を実行してきたのも事実であり、やはり評価が分かれるキャラクターでもある。

  • 容姿が醜かった頃は美しい生き方を心がけていた立派な人物であったのに、力と美貌を手に入れたことで独善的な人格になってしまったのは皮肉としか言い様がない。ある意味、「正義の名の下に力を振るう」という行為の光と闇を端的に表現した存在とも言えよう。

  • 協会のアドバイザーをやっている兼ね合いとしてか、現役ヒーローの監査及びアドバイスの様な事(本人曰く「一流シェフのレストラン格付けみたいなもの」)もやっており、23巻巻末の番外編では豚神の監査を行っていた、その際豚神に持っていたバインダーの中身を見られたのだが、その評価内容は人間性についてばかりで、豚神には「注文つけてくるのは見た目や技のことなのに?」と疑問を抱かれていた。その事を指摘されたアマイマスクは汗だくで「どんな人間がヒーローに相応しいかは常に研究しなくてはいけないし、その為に個別に知らないと評価する場所が見えてこない、ヒーローは人に範を見せるのも重要な役割だからね!」と大慌てで述べつつ「豚神は及第点」として去っていった、恐らく上記の様に後を託せる者を探していたためであると思われる。(豚神もブサモン一歩手前の見た目ではあるが本人は一切気にしておらず、精神的にはかなり高潔な部類であるため)

  • ネオヒーローズ編から登場するキャラクターであるウェビギャザはあらゆる面でアマイマスクと正反対な人物となっている。

関連項目

ワンパンマン 鬼畜ヒーロー スーパーヒーロー イケメン

関連記事

親記事

A級ヒーロー えーきゅうひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イケメン仮面アマイマスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217384

コメント