ピクシブ百科事典

地獄のフブキ

じごくのふぶき

「ワンパンマン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV.早見沙織

※以下、ONE氏原作版におけるネタバレが含まれます。ご注意下さい。

概要

B級1位ヒーロー。23歳。身長167cm、体重非公開。
S級2位ヒーロー戦慄のタツマキ

類い稀な超能力の持ち主。しかし最強の超能力者である姉には及ばず、そのことがコンプレックスになっている。
ヒーローネームは本名の「フブキ」と、超能力による狂風が地獄絵図を生み出す様から命名された。

単独行動主義の姉を超えるためにB級ヒーローを束ねた『フブキ組』という派閥を作っており、見込んだ者を傘下に引き入れて組織を拡大していた。

サイタマを訪ねて組織へと勧誘し彼が断ったために攻撃を加えるが、全く通用せずに彼の実力を目の当たりにする。さらにS級ヒーローとも対等に接するサイタマに感化され、自分も仲間に加わりたいと思い始める。そしてそれ以後、彼らと関わりを持つようになる。

人物

設定

原作者ONE氏のイメージでは「クラスに居る暗くてモテなさそうな娘」。
それを受けてリメイク版作画担当の村田雄介氏は、どれだけ美人に描いても暗さは残るようにして「元々暗い娘がフブキ組を率いる立場になり頑張ってお化粧している」という風にも取れる様に気をつけている。加えて村田氏は「おそらく学生の頃の彼女を知る人からすると驚くほどの大変身をしているのではないでしょうか」という旨を述べている。
ヒーロー大全によれば彼女の趣味は「ショッピング、自分磨き、ハイヒール集め」。(なお外食の際にはカロリー計算に余念がない。)

性格

普段はクールだが、しばしば天然気味の言動を見せる。幼い頃は内気だった。
姉にならって他人に高圧的な態度をとり強ぶることが多い。しかし同時に、組織的な関係を抜きにした仲間や友人のような存在を欲している。

常に勝者であることを望んでエゴイストを自称しており、時に邪魔者を排除しようとするなど利己的に振る舞う。またプライドが高く自意識が強い。
しかしそれ故に敗北すると深く傷つき、実力者に対して劣等感を抱いてしまう。そのような自分を変えるために地道な努力を重ねており、
「弱い弱いと言われるままの人生はもう終わりにしたい、強者を見ると怯える癖を治したい、姉というトラウマを払拭したい」
と考えている。

組織

・フブキ組
姉を越えるための組織ではあるが、フブキはメンバーのことを大切に思っている。また在籍しているメンバーからの信頼は厚い。
一方で周囲の目を気にしたり、地位や派閥に固執してしまう部分を持つ。これらをサイタマから指摘され、また「自分より強い怪人が出てきても手下は助けちゃくれねーぞ」と叱責される。
(サイタマはフブキが徒党を組むことについては別に悪くないと発言している。しかし派閥争いで強さを得た気になっていては、彼女が例え独りの時でもヒーローとして強大な敵に立ち向かえるのか懐疑的に考えていた。)

・異能研究会
高校時代、フブキは「異能研究会」と呼ばれる超能力学生集団の会長を務めていた。しかし副会長のサイコスが人類の撲滅を決意。フブキはそれを「私から敗者を奪う行為」だとしてサイコスを敵とみなす。そしてフブキは敵を潰すべくサイコスの力を封印し、二人の間には因縁が生まれた。

タツマキとの関係

設定

フブキの人生の中心には常に姉、タツマキの存在があり、彼女を越えることに縛られている。
姉に超能力で勝てず頂点に立てなかったと語るフブキは「一番」という肩書きにこだわり、また独りでは彼女に敵わないため組織を作った。

フブキはタツマキの前では、姉に怯える妹としての面が強くなることが多い。

ヒーロー大全によれば、タツマキの好きなものは「妹、自分の能力を行使できる居場所」。
それに対してフブキの好きなものは「頂点、フブキ組、私に相応しいブランド品」。

なお姉妹は近くにいる場合、互いの居場所を感知することが可能。

すれ違い

タツマキは
「妹が弱くて心配なので私の手で守り、例えあの子が強くなろうとも他人は信用できないため、どのみちあの子に群がる者は排除する。フブキに仲間や友達は必要ない。」
と考えている。フブキ組のことも妹の才能を食い潰す足手まといとしてしか見ていない。

一方でフブキは姉に対して劣等感と恐怖を抱いている。また同時に彼女の過保護で独り善がりな面を忌避し、自分を認めて欲しいと思っている。人間関係についてあまりに苛烈で支配的に干渉してくる姉を、フブキは疎まざるをえない。

そのためタツマキがフブキを苦しめる結果となっており、フブキ曰く「姉が怖くて世界が窮屈」。
現在フブキは姉の家を出て、おそらくは一人で暮らしている。

クレイジーサイコ姉妹


それでも、フブキにとって姉だけが唯一の肉親である。フブキがタツマキのことを「お姉ちゃん」と呼ぶのは、家族としての心の繋がりゆえに、本当は姉を嫌いになりきれない気持ちの表れかもしれない。

過去

・小学校時代、フブキは超能力者であることからいじめに遭い、さらにはそれに憤怒したタツマキがフブキの周囲の人間を過剰に牽制した。そのためフブキは孤独な幼少期を過ごし、遊び相手は姉しかいなかった。

ONELOG



・リメイク版単行本10巻のカバー下には姉妹で一緒に服を買いに行く場面が描かれている。彼女らの外見は本編と同じだが、おそらくはフブキが中学生ほどの時の出来事である。
(リメイク版作画担当の村田氏が生配信にて、上記の場面がフブキの学生時代であることをわかりやすくするために、彼女には制服を着せるべきだったかもしれないと語っている。)
ONE氏原作版にてフブキは17歳(高校生)の時点で、既に姉に対抗心を抱いて異能研究会の運営を始めているため、上記の買い物に行く場面はそれよりも過去の事と思われる。

・アニメワンパンマンBD&DVD第5巻の特典である、フブキが主人公のOVA「色々ありすぎる姉妹」(ONE氏原案)では、原作版でもリメイク版でも描かれていないフブキの行動や姉妹のやりとりを垣間見ることができる。

戦闘能力

地獄嵐


サイコキネシステレキネシスを主な攻撃手段とする。
17歳の段階で大型トラックを持ち上げる程度の出力(威力)。飛行も可能だが使用頻度は少ない。

単純な身体能力はC級ヒーローにも劣り、S級ヒーロー童帝の発明品「オカメちゃん」によれば肉体の強さは一般人男性と同程度。

地獄嵐
周囲の瓦礫を操作して相手にぶつける。

念打
離れた相手に念動力で衝撃を与えて気絶させる。

念動金縛り
念動力で相手の動きを封じる。

地獄団子
瓦礫で相手を押し潰す。

念流廻転嵐
フブキが地道な研究と気が遠くなるような反復訓練の果てに編み出した、念動力の歪曲操作。(タツマキはこの技術を幼少期から無意識に使いこなし、攻撃手段として発展させている。)
これを用いて相手の超能力を妨害することが可能。

A級

フブキは本来ならばヒーローランキングでA級上位に食い込むことも可能な実力を持つ。
しかし彼女は「一番」へのこだわりが強い。また実質S級レベルのヒーローイケメン仮面アマイマスクがA級1位を保守し続けており、A級上位の3剣士達(S級ヒーロー・アトミック侍三人弟子)ですら彼を超えられない。
ゆえにフブキはA級では1位を獲得できないと判断して、B級からの昇格を断念していた。

余談

地獄のフブキ


・年齢について当初は25歳の設定だったが、その後23歳へと変更された。原作者ONE氏はTwitterにて
「よくよく考えると25であの性格はさすがにキツいなぁと思ったので23にしました。」
発言している

・リメイク版人気投票で2位を獲得しており、結果発表に寄せた4コマ漫画にてフブキは
「(私が)1位じゃないっていうのは複雑よね・・・主人公の立場としては・・・」
と発言して部下達を静まり返らせている。
また8位を獲得した第2回原作版人気投票の結果発表(ネタバレ注意)では
「素直に喜んであげるわ!感謝しなさい!」
とテンションが上がって小石を撒き散らしている。
さらに4位を獲得した第3回では
「これで4位なの!?足りない足りない!」
と発言している。

関連イラスト

地獄の吹雪 ファンアート
地獄のフブキ描いてみた


Fubuki
地獄のフブキ



関連タグ
ワンパンマン B級ヒーロー 戦慄のタツマキ
山猿 マツゲ 三節棍のリリー サイコス

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄のフブキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10644788

コメント