2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「お前を排除する。」

※以下、ネタバレが含まれます。ご注意下さい。

プロフィール

年齢19歳
身長178㎝
体重不明
ヒーロー名鬼サイボーグ
ヒーローランクS級17→14位
CV石川界人


概要

15歳の時、家族と故郷を暴走サイボーグ(ONE氏原作版では狂サイボーグ)に襲われ失ってしまう。
また自身も瀕死の重傷を負うが、暴走サイボーグを追っていた科学者クセーノ博士に偶然助けられる。そして家族の仇を討つために博士にサイボーグ化手術を施してもらい、悪と戦うことを決意する。

4年後、怪人モスキート娘との戦闘に敗れそうになったところをサイタマに救われ、その圧倒的な強さに憧れて彼に弟子入りを懇願する。弟子入り後は彼のアパートに住み込み、家事をしながら修練を積んでその内容のレポートを作っている。

弟子入りの一環でヒーロー協会に加入し、それまでの功績から特例でS級ヒーローに認定された。
ヒーローネーム「鬼サイボーグ」は数々の凶悪な怪人にも怯まずアグレッシブに攻めていく様から命名された。

人物

クールで生真面目な性格。心の奥では家族を奪った狂サイボーグへの憎悪に燃えている。サイタマと出会う前は精神的に余裕が無かったと、後に自らを振り返っている。
正義感が強く、人々を守るために積極的にヒーロー活動に取り組んでいる。また復讐のため常に強くなることを求めており、時折弱い自分に焦りを感じている。

目上の存在にも言動を憚らないが、命の恩人であるクセーノ博士とサイタマにだけは敬意を持って接する。サイタマを侮辱する者、害をなそうとする者には怒りを露にする。
最初はサイタマの『強さ』を目指して弟子入りしたがっていたが、正式に弟子になって以降、サイタマのヒーローとしてのあり方、信念を目の当たりにするに従って、サイタマそのものに強い信頼を抱く。

また、上記のようなクールな一方でかなりのマイペースでもあり、割とサイタマとノリが似ている。ネオヒーローズの移籍の話を持ちかけられ「世に埋もれていた実力者を見れば強くなるヒントが得られるかも知れない」と移籍を考えた際、ジェノスに誘われたサイタマが「俺はいいわ。面倒くせぇから」と言った途端あっさりと「じゃあ俺もやめておきます」と移籍を取りやめた。

容姿

金髪黒い強膜と黄色の瞳孔が特徴。顔立ちは作中で「顔がカッコイイ」「サイボーグ王子」「鉄の無表情の中に儚さを感じる」「イケメンヒーロー5本指に入る」「小綺麗なフェイス」と評されるなど、美形である。その下の身体はサイボーグ特有の無機質な装甲で覆われている。(なお、上記の評価は雑誌に載っていたもので、ジェノスが読み上げた。聞いていたサイタマは「自分で言ってて恥ずかしくないか」とツッコんだが、「こんなものは俺の写真を見たやつの勝手な評価であって俺の本質ではないから恥ずかしくないです」とバッサリと切り捨てていた)

ジェノス


リメイク版では初登場時は短髪だったが、途中で耐熱・耐衝撃の性能を備えた新開発強化繊維を用いた長髪になった。その後の改造に伴い、髪型は短髪に戻っている。

戦闘能力

ジェノス


クセーノ博士の身体改造により高い戦闘力を持つ(ニコニコ生放送での原作者ONE氏の発言によれば、「S級の中でも結構強いほう」とのこと)。

しかし自分の実力を過信したり、敵に対して油断してしまうことがあった。

ドラマCD『マジCD』(2)によるシミュレーション上だと、阿修羅カブトには、G4/機神ヅシモフのパーツを使った強化後においてもノーマル状態の阿修羅カブトに二撃にて敗北&55回連続敗北するとされている。ただし敵に対する相性もあるようで、例えばゾンビマンは阿修羅カブトに疲弊させて勝利するが、深海王には攻撃力が足りなくて倒すのは難しい(敗北するかどうかは不明)とされている。

しかし、現在では戦闘能力が飛躍的に成長しており、災害レベル竜を大苦戦しながらも単独で撃破できるほどになっている。さらに141話時点では、またもや苦戦しながらも災害レベル竜3体を単独でまとめて撃破
災害レベル鬼で苦戦していた頃と比べると、圧倒的な成長ぶりが見て取れる。

焼却砲:ジェノスの代名詞と言える技。掌から熱線を出し周囲を焼き尽くす。アタッシュケース状の追加装備を用いたり、自らのエネルギーコアと腕を直結させることで威力を高められる。

螺旋焼却砲:両腕を絡めて変型させた砲口から放つ焼却砲。太い熱線とそれに螺旋状に絡み付くように複数の細い熱線が射出される。

超螺旋焼却砲:胸のエネルギーコアから放つ、極太の螺旋焼却砲。

マシンガンブロー:高速の拳を相手に連続で叩き込む。大抵の怪人は一瞬で挽き肉にされる。

ロケットパンチ:ワイヤーリードで繋がった腕をジェットエンジンで飛ばす。飛ばした腕はワイヤーリードで元に戻る。ワイヤーを用いて敵の捕縛も可能。

ハイボルテージフィスト:電撃をまとった拳により、敵を丸焦げにする。

ロケットスタンプ:高く飛び上がり、ロケット噴射を用いて相手を踏み潰す。

デュアルブレードラッシュ:両腕から展開した刃による連撃。

ジェットドライブアロー:脚から展開した推進装置による蹴り。欠点は反動で服が全部燃えてしまう事。ついてなくて本当によかった。

雷光眼:アニメにおいて深海王との戦いで使用。眼から強烈な光を放ち、相手の目を眩ませる。

雷光核:胸部のエネルギーコアから強烈な光を放ち、相手の目を眩ませる。なお、本来は電気を身体に纏う技である模様。

焦熱核:機体温度を急速上昇させる。

ヒートマシンガンブロー:上記のマシンガンブローに焦熱核の効果によって得られた熱の副次ダメージを加えたもの。

浮遊核:詳細不明。攻撃の回避に用いており、高速で低空飛行している。

超磁核:描写から、磁力を操る技であると推測される。戦闘によって散った建造物の鉄鋼などを寄せ集めて槍状にし、遠隔での打撃攻撃を行った。

凍結核:描写から、冷気を放出する技であると推測される。敵を一瞬で氷漬けにした。

ハイボルテージタックル:上記の雷光核と併せて、電撃を纏ったタックルを繰り出す。

龍鳴核:他キャラクターの台詞から、大量のエネルギーを消費して機体性能を著しく向上させる技の模様。使用時の継続限界時間はわずか30秒ほどだった。

超焼却砲:恐らく威力を向上させた焼却砲。

ヘビーマシンガンブロー:恐らく威力を向上させたマシンガンブロー。通常状態では傷一つ付けられなかった相手の身体にいくつものクレーターを形作る。

メテオストライク:高速で突進して殴打する。

ファイナルスマッシュ:空中で大回転して殴打する。堅牢な装甲を持つ災害レベル竜の頭部を潰して破壊。繰り出した際には反動で左腕を損失した。

自爆装置:体内の自爆装置。文字通り命を引き換えにした最後の手段。敗北が避けられない状況で何度か使用しようとしたことがあるが、その都度サイタマに救われているため未使用である。

補助機能

生体反応、高速接近反応、高エネルギー反応を感知する機能を持つ。
唯一生身の脳が破壊されない限りは生命活動を維持できる。
また食べ物をバイオ燃料にして身体を動かすエネルギー源として活用することが可能。味覚も存在するが、これはクセーノ博士がサイボーグの身体でも食べる楽しみを持ってほしいという考えのもとに搭載した。
手から調理器具を出したり、肩に栓抜きを搭載したり、洗った食器を熱風で乾かしたりと、日常生活の中でも多機能。

余談

第1回原作版人気投票では3位を獲得したが、第2回(ネタバレ注意)では9位に下がってしまい、ジェノスは
「馬鹿な…レギュラーは5位以内と相場は決まっているはずだ…おかしい……消すか…」
と発言している。
その後の第3回では再び3位を獲得した。

・ONE氏曰く、「ジェノスは汗をかかない、戦闘中に笑わない」等の特徴がある。
またリメイク版作画担当の村田雄介氏は生配信にて、ジェノスを描く時は上記の特徴の他に、ONE氏が描くジェノスの眼に宿る虚無感を再現できるよう意識したいと語っている。

・ファンブック・ヒーロー大全によれば、サイタマからは特にやらなくていいと言われつつも日課として家事を行っている。

関連イラスト

サイボーグアクセラレータ
ジェノス


じぇのすくんは
One Punch Man - Genos



関連タグ

ワンパンマン サイタマ クセーノ博士 S級ヒーロー サイボーグ
努力マン:似たような立ち位置のヒーロー

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジェノス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジェノス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30795155

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました