ピクシブ百科事典

ムカデ長老

むかでちょうろう

「ワンパンマン」に登場する怪人で、怪人協会の幹部の一人である。
目次[非表示]

「擦り潰れろ!」

概要

ワンパンマン村田版に登場。怪人協会に所属する超大型怪人。
ONE氏原作にも出ていた怪人:ムカデ先輩を超絶強化した様なスタイル。
ムカデ先輩が災害レベル「」だったのに対し、こちらは災害レベル「」である。

ヒーロー協会の記録によると、過去にも出現し甚大な被害をもたらしたことがあり、以前より巨大になっているという。


戦闘力

千メートル以上はある巨体に鋭い牙や爪を持ち、金属バットの攻撃やメタルナイトのミサイル攻撃を受けても無傷なほど強固な外殻を持つ。その姿から「天災」「大怪蟲」とも呼ばれている。
遠くからでも対象を把握することが出来、怪人:フェニックス男との連携を行う等、知性も高い。
地底を素早く掘り進み、体内に怪人達を飲み込んでは各地に輸送する役割も担っている。
「百足大うねり」という技も持ち、瞬く間にS市を機能停止に追い込んだ。

弱点は頭部に付いている老人の顔の部分であり、そこに攻撃が当たるのを避けている。体内もそれほど頑丈ではない。


来歴(ネタバレ注意!)











かつて、トップヒーローのブラストに撃退されたことがあり、そのことに対する復讐が目的で怪人協会に参加した。

本編で初めて現れた際には、ヒーロー協会の重役の息子を狙って現れたムカデ先輩や、植物怪人達を倒した金属バットと交戦した。
一時は顔に「必殺・気合い怒羅厳シバき」を叩き込まれてダメージを受けたが、金属バットを振りほどいたのち、重役を守るべく逃走していたB級ヒーローパイナップルC級ヒーローモヒカンを追い詰めた。
そこに兵器実験を行いに来たメタルナイトと交戦したが、地上の怪人達の協力もあり、見事に重役の息子を誘拐した。

二度目に現れた時には、ガロウの生け捕りに現れたフェニックス男の用心棒として登場。
森林公園でシルバーファングボンブジェノスとの3対1で戦うが、その巨体で圧倒し続けた。
ムカデ長老が市街地に出れば大惨事は免れないため、必殺技を何度も決めることでダメージを与えようとしたが、その度に脱皮・再生・巨大化を繰り返し、彼らにを覚悟させたほどであった。

しかし、ようやく現場に到着したキングの挑発を受け、怒りに任せて叩き潰そうとしたところで、サイタマ「必殺・マジ殴り」を喰らって粉々に砕け散った。


多くのS級ヒーローと渡り合い、(周りに被害を与えないためや、ゲームで負けてイラついていたのもあったが)サイタマにマジ殴りを使わせるまでの強さから、村田版ワンパンマン屈指の強敵と言えるだろう。


関連タグ

ワンパンマン 怪人協会

pixivに投稿された作品 pixivで「ムカデ長老」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1828

コメント