2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

怪人協会の一員。怪人協会アジト内で飼われている、巨大な犬(?)の化物。災害レベル至上主義のリメイク版では幹部扱いで、推定災害レベルは「竜」。
名称は「育ち過ぎたポチ」だが、劇中では単純に「ポチ」と呼ばれることがほとんどである。

喋ることはできないが、下手に刺激したり敵意を向けたりしなければ襲われることはない模様。しかし僅かでも逆鱗に触れれば、敵味方問わず蹂躙しにかかる。
その攻撃力と凶暴性は怪人王オロチも一目置いている模様。

自分より強い相手に懐く習性があるらしい。

外見

遠くから全体像を見れば、辛うじて犬系統の生物であることは判断できる。
しかし禍々しくも逞しい黒色の肢体・妖しく光る6つの目玉・口内から漏れ出る高エネルギーによる湯気・そして見上げるほどの巨体は、既にこの動物がペットなんて生易しい枠組みには到底収まりきらない存在であることを告げている。

能力

口からは強力なエネルギー弾を放つ。その威力は災害レベル鬼の怪人2体がまとめて消滅し、ガロウにも明確なダメージを与えるほど。しかも連射可能であり、特に制限があるような描写はない。この光弾の名称は原作版では不明だったが、リメイク版ではギョロギョロから焦熱弾と呼ばれている。

また尋常ならざるタフネスの持ち主で、その耐久力は作中の怪人の中でも指折り。ガロウ渾身の一撃・サイタマによる躾の一撃・バングボンブの連携奥義を喰らっても、肉体的なダメージはほとんど通っていなかった。
ただしサイタマの攻撃と「おすわり」の言葉にはトラウマを負ったようで、バングが偶然口にした「おすわり」に反応して動きを止めたほか、リメイク版では遠目に見つけたサイタマに怯えて退散している。

他の怪人同様、原作と比べてリメイク版では戦闘シーンが多くなっている。
動きも非常に俊敏で、壁を縦横無尽に駆け回りながら光弾を撃ちまくるなど、アジトの破壊も危ぶまれるほどの攻撃を仕掛けていた。

動向

当初は出会いがしらに襲ってくる狂暴な敵だったが、ガロウとサイタマによってお座りを躾けられ、現時点での脅威ではなくなっている。
リメイク版では敵意を向けなければ素通りする程度の気性であったが、戦闘中の不慮の事故により刺激されてしまい、大暴れを始めた。
怪人協会壊滅後も生き延びていたが、大幅に弱体化しサイズも子犬並みになってしまった。かつて戦った敵ながらサイタマのことは憎からず思っているようで、再会した後も懐いていた。その後はある怪人とともにサイタマの近くに居座っている。

リメイク版では

2018年4月9日更新の第131話で登場。こちらでは”育ちぎたポチ”とされており、公式で表記ゆれが発生している(?)
なお、作品への登場より2年以上前、作画の村田雄介氏がTwitterに上げたイラストにこの育ち過ぎたポチらしきキャラがすでに描かれていた。
https://twitter.com/NEBU_KURO/status/691329353443995648

関連イラスト

育ちすぎたポチと
Overgrown Rover (Pochi)



関連タグ

ワンパンマン 
怪人(ワンパンマン) 怪人協会 
どんな名前だ
黒い精子 ホームレス帝 ブサイク大総統

ペット・ショップ…動物の姿をしている、知能はあるが喋ることが出来ない、敵と見なした者を執拗に攻撃しようとする執念の持ち主、遠距離攻撃を得意とする、味方サイドを追い詰めた強敵 などと共通点が多い。

関連記事

親記事

怪人協会 かいじんきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「育ち過ぎたポチ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「育ち過ぎたポチ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1531463

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました