ピクシブ百科事典

チャランコ

ちゃらんこ

WEB漫画『ワンパンマン』及びそのリメイク版に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「バング先生の一番弟子 チャランコ参る!」

CV:増田俊樹

概要

S級ヒーロー第3位シルバーファング/バング道場の門下生で、一番弟子を名乗る若者。
一番弟子とは言っても、実際は後述の理由で弟子が彼一人になってしまっただけであり、実力は一般人レベル。地元のヤンキーくらいなら不意打ちすれば勝てる程度らしい。

経緯

かつてバングの道場には百人以上もの弟子がいたらしいのだが、ある日、一番弟子であったガロウが暴れて実力派の門下生たちを再起不能にしてしまい、これに恐れをなした他の弟子たちも道場を去る。ガロウ自身もバングの制裁を受けて破門となったため、最終的にチャランコがただ一人の弟子となるに至った。
バングに敬称と敬語を使い、彼の強さを誇らしげに語るところは弟子らしいが、それを理由にサイタマを小馬鹿にするような発言をするあたり、虎の威を借る狐に見えなくもない。

その後、ヒーロー協会の依頼を受けてガロウの討伐に乗り出したバングから、突如厳しい手合わせを強いられ、負傷させられたうえに強引に破門されてしまう。それが自分を戦いに巻き込まないための配慮であったと知った彼は単身でガロウに戦いを挑むも、完膚なきまでに叩きのめされ、あえなく返り討ちとなった。翌日、ガロウに倒された多くのヒーローたちと共に発見された重傷のチャランコに、バングは悲壮な表情を浮かべるのだった。

その後の消息は長らく不明だったが、リメイク版の追加エピソードにて発覚。全身に重傷を負ったものの、意識もあり命に別状はないことが確認された。

後にガロウとバングが衝突した際、バングは「ワシの"一番弟子"チャランコの痛みを知れ」と叫んでいる。またチャランコ自身、弱いながらもバングの弟子として奮闘する場面があるため、強さとは別に、師弟仲は悪くなかったと思われる。
因みにガロウに1人で立ち向かったことは、リメイク版ではサイタマにも評価されていた。

リメイク版の初登場は13話で、モブとして登場。
浅草のウ○コビルこと筋斗雲ビルのような見た目の金持ちゼニールのビルが音速のソニックの戦いの影響で破壊された時に一コマ、別の一コマでもキングのそっくりさん?と一緒に出演。その後、20話でもモブとしtry.

余談

原作では彼がバングの道場に入門したのは、ガロウ破門後のおよそ半年前とされているが、リメイク版ではそれが一年前となっており、ガロウと同門だった時期も存在していた模様。(先の騒動の一部始終は彼が稽古をサボっていた間に起こったため、ただ一人難を逃れた)
ただしリメイク版でも「半年」とする記述は残っており、その辺りには若干の矛盾が生じている。
ちなみにリメイク版では「モテたいから」と言う不純な動機で弟子入りしたらしい。

























ネタバレ?注意





























最近更新を再開したweb版の原作にて久々に登場。破門されたはずの彼だが、普通に胴着を着てバングの道場に居た。変わらずバングを「先生」と呼び、バングの方も彼に対し普通に接しているため、弟子に復帰したのかもしれない。因みに怪我も大方治っている様子。

関連タグ

ワンパンマン シルバーファング ガロウ

関連記事

親記事

シルバーファング しるばーふぁんぐ

pixivに投稿された作品 pixivで「チャランコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80666

コメント