ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「舎弟が世話になったな」


「マジックだよ それはタンクトップマジック」


概要

ヒーローランキングS級14位→15位
CV小西克幸

S級ヒーローの一人で、タンクトップの力を駆使して戦うヒーロー。

タンクトップが似合う男を目指しており、鍛えた体とタンクトップの動きやすさを生かしたパワーファイトを得意としている。


舎弟として、自身と同じくタンクトップを着用しているヒーロー達「タンクトッパー」達を束ねている。


人物像

冷静沈着で先見性や洞察力に優れ、傲ったり慢心することは一切ない。自らの過ち、若しくは至らなかった部分を冷静に見つめて反省したりと、気性の荒らさが目立つタンクトッパー達を束ねているだけあって、作中でも屈指のできた人


タンクトップを盲信する一方でガロウの危険性と異常さをいち早く認識するなどの優れた観察眼を持っている。


なお、S級ヒーローにはパワーファイターとして他に11位に超合金クロビカリ、17位にぷりぷりプリズナーがいる。クロビカリはエビル天然水の攻撃を受けてもノーダメージとフィジカルに関してはタンクトップマスターを上回っているのだがメンタル面で不安定さが見て取れ、ガロウGブサイク大総統黄金精子となった黒い精子との戦いで心身にダメージを受けた結果心折れてしまった。一方タンクトップマスターは同じ怪人協会との戦いにおいてハグキに捕食されそうになったり、ブサイク大総統に全身をグシャグシャに潰される大怪我を負わされても、復活後はヒーロー活動やより向上しようとトレーニングを再開しており、メンタル面ではクロビカリを上回っていると言える。


また、ガロウとの戦いで仲裁に入った無免ライダーに暴言を吐く舎弟を叱ったり、ダメージが残る中で救助活動に赴く無免ライダーを称賛し同行したりと、ヒーローとしての心掛けをちゃんと持っている人格者である


このため、刑務所内の男囚らで(男囚側が望んでいない)ハーレムを作っているぷりぷりプリズナーとも異なり、荒くれ者を纏めて社会に貢献させるという意味でもタンクトップマスターの社会的な意義は小さくない。


能力

筋骨隆々とした見た目通り、パワーファイトを得意としており、本人なりの対空攻撃手段も持ち合わせている。本人曰く、タンクトップの動きやすさにより全ての技の威力は強化されているらしい。


本人はタツマキなどとの実力差に焦りを覚えているが、それでも十分に人外の域に足を踏み入れている。


そのパワーは凄まじく、拳一振りで辺り一面のコンクリートを割り砕いたり地震を起こし数十mはあろうかというビルの残骸を投げ飛ばす。通常のA級ヒーローが歯が立たない強靭なロボットの軍勢をまとめて相手して、瞬時に多数を撃破している。更には、鉄塔を投擲したうえで、その威力を活かし電線に掴まって短距離の飛行すらやってのける。


また、防御力や生命力も桁外れで、ビルを穿ったりA級ヒーローの身体を欠損させるほどの敵のレーザーを多数喰らっても少し負傷するだけであり、強力な毒を喰らっても結局は回復し、心肺停止も伸びたタンクトップが胸部に当たるだけで心肺蘇生するなど、まさに常識外れの強さである。


さらに、怪人協会やガロウとの戦闘によって舎弟が減ったが、タンクトップマスターに感化されて新たにタンクトッパーズに加盟することを望んだヒーロー達が現れる直前に、彼等の登場を予知していた。


これらの異様な特性から、タンクトップマスターを「タンクトップの怪人」と呼ぶ読者も散見される。実際、タンクトップマスターのタンクトップへのこだわりは、フェニックス男の着ぐるみへのそれとの類似性が見られる。


必殺技

  • タンクトップタックル

数多の怪人を屠ってきた、彼の代表的な必殺技で、地面を殴り砕く事で相手の動きを封じ、その隙に渾身の体当たり攻撃を食らわせる。ガロウがいなしきれない程の威力とスピードを持つ。


ガロウには結局は克服されたが、それでも上記の通り、通常のA級ヒーローが歯が立たないほどの非常に強力なロボットを瞬時に多数破壊するほどの威力とスピードを持つ。


  • タンクトップパンチ

タンクトップの動きやすさにより、威力が倍増した強力なパンチ。


  • タンクトップ深呼吸

毒ガスや毒煙を吸い込む事で、周囲への被害を抑える技。尚この技には、毒ガス等によるダメージを自身全てに受ける為、かなりリスクの伴う技である。

さらに着用しているタンクトップによっては、少し破かなくてはならないという。


  • タンクトップマジック

心にタンクトップを着用する事で堅実で誠実な正義感を発揮できる技。状況によっては止まっていた心臓を蘇生させる事も可能。


タンクトッパー

メンバーのそれぞれが、マスターの『タンクトップは強さの象徴』、即ち『タンクトップが似合う=強い』という理念のもと、各々様々なタンクトップを着こなせるよう努めている。

上記の通り、癖の強いメンバーが多いが、病院では弱者を庇って避難したり怪人に応戦するなど、マスターがその場にいた事もあるだろうがやはり彼らも何だかんだヒーローなのである


ちなみに、舎弟らのマスターへの応援や賛辞はこれに似ている。


メンバー

タンクトッパーの紅一点。マスターを尊敬しているものの、他のメンバーが曲者揃いなためか出席率は低い。だが、他と比べればマスターに続く常識人。病院での戦いにも参戦。

  • タンクトップロカビリー

普段は副業でバンドをやっており、タンクトップ型のギターを愛用している。

  • タンクトップジャングル

毛深い。少々ナルシストな気がある。

  • タンクトップアルデンテ

よく朝食などにパスタを食べているが、粉チーズをかけすぎている。着ているタンクトップは降り注ぐ粉チーズをイメージしている。

  • タンクトップレーサー

フルフェイスヘルメットを被っている。免許は50cc。

  • タンクトップ仮面

小児用タンクトップを顔面でも着こなしているが、暑いらしい。

  • タンクトップスイマー

厳つい風貌が多いタンクトッパーの中では比較的爽やかな風貌で、ゴーグルが特徴。クロールは得意だが未だに平泳ぎの足の動きが理解できないらしい。

  • タンクトップハッター

占いのラッキーアイテムが帽子だったことで被っているものの、ツイたためしがないらしい。


  • タンクトップベジタリアン

A級9位。

  • タンクトップブラックホール

B級81位。

  • タンクトップタイガー

C級6位→13位。

A級、B級、C級ヒーロータグ参照。


活躍

S級ヒーローの緊急招集にて初登場。

サイタマの噂をタンクトッパー達から耳にしていた様で、その場に居た彼に反応を示していた。


そして、暗黒盗賊団ダークマターの襲撃を受けたA市にて、瓦礫の残骸を投擲し攻撃する。が、タツマキの圧倒的な超能力を前に自身の至らなさを痛感。以降彼女を超えるタンクトップ力を身につけるために彼女をライバル視しつつ鍛練に励むことに。


A市での事件の後、舎弟であるA級ヒーロータンクトップベジタリアンがヒーロー狩りを行う人間怪人ガロウの襲撃を受ける。

ガロウを退治すべく赴いた彼は、その超パワーでガロウを圧倒するが、トドメの直前で無免ライダーの妨害が入る。

彼に諭され、猛るタンクトッパー達を沈めると、ガロウに厳重注意し見逃す。

しかし、最初は反省した素振りを見せたガロウであったが、俄然やる気であった。

が、タンクトップマスターはそれを見透かしており、トドメを刺そうとする。

次の瞬間、ガロウからの反撃を受ける。

ガロウは今まで封印していたバングの流水岩砕拳を使用。瞬く間に逆転されてしまう。

なんとか食い下がるもタンクトッパー達や無免ライダー共々やられてしまった。


そしてガロウや怪人協会の件が終息を迎えた頃には舎弟であったタンクトッパー達が殆ど引退してしまっており、それをガロウに負けてしまった自分のせいであると気負うが、それでは前進にならないと、さらに鍛練に励む。


ネオヒーローズ設立後、災害レベル「竜」の怪人“ヘビースモーカー”と対峙。

攻撃力特化型タンクトップでダメージを与えるも、怪人の毒ガスが原因で倒しきる事が敵わず、ガスを除去するため、決死のタンクトップ深呼吸を決意する。

が、そこへ現れた閃光のフラッシュによって難を逃れる。


戦後、通院によりかなりの早さで復帰。


活躍(リメイク版)

おまけ漫画では、圧倒的な機械力を誇るメタルナイトもライバル視していた。

さらに原作ではガロウに敗れた後は、怪人協会に関わることがなかったが、リメイク版では入院中サイタマと会話を交えたり、無免ライダーとともに病院を襲撃してきた怪人達を撃退したりと活躍をしていた。


そして、ヒーロー協会と怪人協会の戦いが勃発した際には、無免ライダーとともに病院を抜け出し、救助活動に参加する。


そのパワーを活かし瓦礫の撤去などを行っていたが、戦況を見てタツマキの援護に向かう。

他のS級ヒーローに合流し、上空でタツマキと交戦する敵に瓦礫を投擲して注意を惹き、更に複数のヒーローをビルに隠して投げつけることで鎮圧に貢献した。


ボスを倒したかと思いきや、今度は地下から災害レベル「竜」の凶悪な幹部怪人たちが一同に参戦。豚神とともにハグキと交戦。更にブサイク大総統人質をとられるも、タツマキによる一瞬の隙を突いて豚神とともに怪我人や人質の救出に成功する。


しかし、ブサイク大総統のパンチで両腕が全壊。更に全身を滅多打ちにされボロボロになった挙句、ハグキに咀嚼されながら飲み込まれてしまった。


消化される寸前にシルバーファングに救出されるが、全身の骨が折れているうえに心肺停止の絶体絶命。しかし引っ張られたタンクトップが縮んで戻る衝撃により心臓が再び動き出す

これをタンクトップマジックと言い放つが、ジェノスからはうわ言と思われていた。本人は至って正気である。

予断を許さない状況ながらもなんとか生き永らえ、フブキのもとで僅かに回復し難を逃れた。


そして、豚神により全快した彼は、その膨大な養分を一身に受けており、以前とは打って変わりでっぷりとした体型になっていた。


S級他要救護者を大津波から守るべく、キングとともに避難させようとするが、キングの指示と豚神のお陰で難を逃れる。


関連項目

ワンパンマン S級ヒーロー

タンクトップ

関連記事

親記事

S級ヒーロー えすきゅうひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339318

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました