ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:高山みなみ


概要

S級5位ヒーロー。10歳。

機械コンピュータの扱いに長けており、拠点とするY市で様々な発明品を創り出している。

元はS級6位メタルナイト助手だった。

イラつくとペロペロキャンディを噛み砕く癖がある。


人物

問題児だらけのS級ヒーロー達の中で、ゾンビマンタンクトップマスターと同じくまともなヒーロー。発明品を他のヒーローに提供したり、ヒーロー協会と情報を共有するなど協調性がある。しかし、年相応の生意気さやツメの甘さも拭いきれない。

原作135撃目で、本名が「イサム」である事が判明した。


怪人協会との戦いの後、「大人を信用すること」をやめて自分の力で立ち向かうことを決意した。

その一環として、ヒーロー協会に体制の改革等を提案したのだが受け入れられなかったことで協会に見切りをつけ、新たに設立された組織「ネオヒーローズ」に所属する事となった。

しかし支給されたバトルスーツの高すぎる性能と技術の共通点からボフォイ博士の影を見出して組織への疑念を抱き、独自に調査を進める。


リメイク版ではフェニックス男に見せられた「ヒーロー協会の闇」が不信感へのきっかけとなった。しかし戦いの中でゾンビマンと信頼関係を築き、彼を「理想のヒーロー」として尊敬するようになる。そのため原作版と比べて前向きな表情を見せていたが、後述する件でヤケクソ気味にヒーロー協会を飛び出し、ゾンビマンにも背を向けてしまう。


実は自分のヒーローネームの意味については全く知らなかった(母親がそういう情報にアクセス制限をしていた)らしく、同級生にからかわれて初めて知ったという。

ゾンビマンもまた理由が理由であるだけにまったくフォローのしようが無かった

ネオヒーローズに移籍してからは新たに非道帝を名乗る。この一連のヒーローネームの流れはリメイク版オリジナルの描写で、原作版では名乗っていない。


戦闘能力

主に特殊な発明品や背中のランドセルに仕込んだ無数の武器を用いて戦う。

武器やアイテムの多くは玩具や文房具を模した形状をしている。

分析能力や頭脳プレーにも長けている。


子供そのものな見た目の通り、S級ヒーローとしてのタフネスは最下位クラス。


しかし、それでも並みの人間を遥かに凌ぐ身体能力と肉体強度を誇るらしく、「オカメちゃん」のエピソードはヒーローの超越性を示す指標にもなった。実際、常に大量のマシンと弾薬や油などを持ち歩き、それでいながらエビル天然水の不意打ちを至近距離から避け、エビル天然水との戦闘に一時的に勝利し、ブレイブ・ジャイアントの自爆した飛び散るパーツに隠れてフェニックス男の着ぐるみに小型マシンを一瞬で潜り込ませたり、敵の猛攻を搔い潜りながら冷静に敵の弱点を察知し様々な対応策を繰り出すなど、筋力とスピードと対応力と観察眼も人外の域に達しかけている。


また、怪人協会との戦いは3日間ほとんど寝ていない状態で参戦していた。


発明品(これ以外にも多数)

  • オカメちゃん

リメイク版番外編「数字」にて登場。

肉体強度(身体的な強さ)を数値化する機能を持ったお面。童帝自身の肉体強度はヒグマの成獣の2倍近く(本人いわく鍛えているから)。


  • カマセイヌマン

リメイク版にて登場。

囮や敵戦力の分析に用いられる犬頭のロボット。複数台存在している。

22号は怪人ガンリキの毒を分析し坑毒血清を作るためわざと咬まれ、毒のデータを得たのち自爆

23号24号25号の3体は合体することによってカマセケルベロスへと強化できる。


  • ここ掘れワンワン3号

原作にも登場。

怪人協会のアジトを割り出すために作ったロボット。


  • ミニタコタンク8号

リメイク版にて登場。

警戒領域に入った対象物をハチの巣にし、二酸化炭素排出量が0になる(皮膚呼吸でさえ一切呼吸しなくなる=死ぬ)まで狙撃する。他にもこのようなラジコン兵が沢山用意されている。


  • イライラシールド

リメイク版にて登場。

一見すると単なる棒付きキャンディの包装紙だが、広げて張ることで瞬間的な衝撃に対する防御力を発揮する。フェニックス男のクチバシ攻撃を簡単に防いだが、転生フェニックス男のクチバシ攻撃は防げなかった。


  • ケロケロマスク

リメイク版にて登場。

カエルの姿をした小型ロボットで、対象の顔に張り付いて防毒マスクとなる。毒ガスで下級怪人を一掃する際に人質が巻き込まれないようにした。


  • 敵機無力化装置 虫かご君

リメイク版にて登場。

リコーダー型の兵器で高圧電線の檻を展開し、機械型の怪人を機能停止させる。が、機神G5には通用しなかった。


  • トリモチ弾頭

リメイク版にて登場。

粘着によって相手を動けなくするミサイル。

筆箱型の銃から発射される連射式の「ペンシルミサイル」、ピアニカケース型のランチャーから散弾状に発射される「トリモチショットガン」の二種類が登場した。


  • ビームソード(名称不明)

リメイク版にて登場。

リコーダー型の柄から放射される剣状のビーム兵器。


  • 傘(名称不明)

リメイク版にて登場。

球状のバリアを展開することができる傘。


リメイク版にて登場。

童帝の最終兵器であり、無数のパーツが合体して完成する巨大なパワードスーツ。様々な武器や小型のサポート機を備え、両腕から弩級の電撃やエネルギー波を発射するなど戦闘力は凄まじいが、極めて短時間しか使えない。


  • コチョコチョ虫3号

リメイク版にて登場。

6本の手が生えた小さなロボット。相手の服の中に入り込んでくすぐる。


余談

  • 「見た目は子供だが、性格は冷静で正義感が強く、大人にも負けない知恵を持つ」というキャラクター像であり、これまで似た様な特徴のキャラクター達を演じてきた高山みなみ氏の起用はおあつらえ向きと言えるだろう。
  • ブレイブジャイアントはデザインが何度か修正されている。
  • 修正前と修正後では、ブレイブジャイアントによる戦闘が大きく異なっている。
  • リメイク版52話にて、キングが遊んでいたテレビゲームの主役機は、ブレイブジャイアントに外見がかなり似ている。

関連イラスト

童帝くん【リク絵】童帝くん


関連項目

ワンパンマン S級ヒーロー 童帝 ゾンビマン

フェニックス男・・・奇妙な関係が生まれた。


ヒーローネーム被害者の会・・・ある意味では彼も立派な被害者である。


龍王丸・龍星丸・・・ブレイブジャイアントの初期と後期のデザインとの類似性が強い(参照)。

関連記事

親記事

S級ヒーロー えすきゅうひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253567

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました