ピクシブ百科事典

業火のフレイム

ごうかのふれいむ

「ワンパンマン」に登場する怪人。
目次[非表示]

概要

疾風のウィンドと行動を共にする男。
ウィンドとフレイム、閃光のフラッシュなどは忍びの里出身の忍者であり、彼の後輩にあたる音速のソニック閃光のフラッシュには黄金の37期と名乗っている。
初登場回は119話(78撃目)。

普段の姿は人型だが怪人細胞を食べた怪人協会所属の怪人である。

容姿

人間時

髪を逆立てており、常に無表情。

怪人時

顔には多くの欠陥が浮かぶとともに、皮膚が爬虫類のようになる。
更に全身に炎を纏い、炎を自在に操る事ができるなど、「ドラゴン」を彷彿とさせる姿となる。

忍者ゆえ身体制御に優れているため、容姿を自在に切り替えられる。

人物

疾風のウィンドに比べると無口だが、話始めると饒舌な面が見える。


戦闘力

怪人化により大幅にパワーアップ。
ウィンドと同等の強さを持つ描写があり、彼と同じく災害レベル竜クラスの実力者。

火遁の術を得意としており、忍術としても怪人の能力としても火を纏った技を繰り出す。

武器は一本の長刀。戦闘時には火を纏う。

怪人として本気を出す際は、忍術と武器を捨て、怪人の身体能力による圧倒的なスピードで攻め続ける。

  • 炎刃脚(えんじんきゃく)

炎を纏った蹴りを繰り出す。

  • 火遁 散閃斬(かとん さんせんざん)
火を纏った連続斬り。


来歴

疾風のウィンドの項目を参照。

関連タグ

ワンパンマン 怪人(ワンパンマン)
怪人協会
疾風のウィンド
音速のソニック 閃光のフラッシュ

pixivに投稿された作品 pixivで「業火のフレイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5689

コメント