ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

7歳以下の孤児を集め、10年以上をかけて暗殺者を育て上げ、闇社会に出荷する工場。
忍者の里では1日72時間と6時間睡眠。食事には味がなく、外部の情報を完全に遮断され、殺人術を学習するためだけの機械と化して毎日を過ごす。
喜怒哀楽を表に出すことを許されず、感情が死んだ者は優秀とされた。

音速のソニック閃光のフラッシュの出身母体であり、14撃目でソニックから言及され、115撃目でフラッシュから詳細が語られた。
フラッシュ曰く、地獄と呼ぶに相応しい環境。
なお村田版第135話に登場するA級ヒーローシャドーリングは別の場所で忍術を学んでおり、忍者の里には女がいなかったとフラッシュが語っている。

5歳で親に売られてきたフラッシュと施設内で産まれたソニックは共に研鑽した同期生であり、ソニックは施設のトップになって体制を変え、孤児を自由に育てるという夢をフラッシュに語っていた。
しかしフラッシュは悪の芽を断つべく卒業検定の日に教官ら施設関係者とソニック以外の同期生を皆殺しにして里は壊滅。フラッシュらの代は「終わりの44期」となった。

因みに卒業生は全員「二字熟語+英単語で構成された重言」という特徴的な名を名乗っているが、これは作中では「忍符号」と呼ばれ、いわゆるコードネームのような扱いであると判明した。これまで「頭痛が痛い」(ジェノス談)、「骨折が折れた」(マナコ談)などと散々名前でいじられてきた彼らだが、彼らのセンスの問題ではなかったようだ。

里の卒業生、関係者

原作版115撃目にて多くの関係者が登場。かつての卒業生達が集い、戦闘に特化したエリート暗殺チーム「忍天堂」として動き出す。

総勢21名の紹介を1ページでしている。「思ったより多かった…」BYソニック

あの御方

里の創設者であり、最強の忍者と呼ばれる人物。15年前にブラストとの戦いで意識を失い、15年間カプセルで休眠していた。忍天堂が動き出したのは、彼が目覚めたことが大きいらしい。
ソニックのアジトにて忍天党がソニック、フラッシュを仕留めてくるのを待っていた所、襲ってくるであろうソニックの刀を剥いで折られた刀の事を根に持つフラッシュに渡す目的でやって来たサイタマと戦い戦闘描写も無く負けて秘伝書や妖刀二本を始め全装備を剥ぎ取られた

里出身の忍者達

作中に登場した者のみ。太字はとなりのヤングジャンプ版にも登場したキャラクター。


余談

ウィンドとフレイムは村田版が初出で、怪人協会編がソニックとの初対面となっている。この後に原作でも登場し、ソニックとの初対面は怪人協会編後となっている。

関連タグ

ワンパンマン

関連記事

親記事

社会に埋もれている実力者達 しゃかいにうもれているじつりょくしゃたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者の里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3457

コメント