ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

7歳以下の孤児を集め、10年以上をかけて暗殺者を育て上げ、闇社会に出荷する工場。ソニックフラッシュをはじめとする、作品に登場する忍者たちの大半がこの組織の出身。

忍者の里は1日72時間と6時間睡眠。食事には味がなく、外部の情報を完全に遮断され、殺人術を学習するためだけの機械と化して毎日を過ごす。
喜怒哀楽を表に出すことを許されず、感情が死んだ者は優秀とされた。フラッシュ曰く、地獄と呼ぶに相応しい環境。

正義の心を持ったフラッシュによって、上層部や関係者、同期生は皆殺しにされ、組織は解体された。そのため里の卒業生やかつての関係者、そして自らの思惑をつぶされたソニックは、フラッシュを敵視している状態らしい。

因みに卒業生は全員特徴的な名を名乗っているが、これは作中では「忍符号」と呼ばれ、いわゆるコードネームのような扱いであると判明した。これまで散々名前でいじられてきた彼らだが、彼らのセンスの問題ではなかったようだ。

里の卒業生、関係者

原作版115撃目にて多くの関係者が登場。かつての卒業生達が集い、戦闘に特化したエリート暗殺チーム「忍天堂」として動き出す。

総勢21名の紹介を1ページでしている。「思ったより多かった…」BYソニック

あの御方

里の創設者であり、最強の忍者と呼ばれる人物。15年前にブラストとの戦いで意識を失い、15年間カプセルで休眠していた。忍天堂が動き出したのは、彼が目覚めたことが大きいらしい。

可能性の5期


余裕の9期


開花の13期


鉄板の15期


安定の16期


勢いの19期


恐怖の21期


決意の22期


総合力の27期


特選の35期


血染めの36期


黄金の37期


鋼の40期


非情の42期


終わりの44期


余談

ウィンドとフレイムは既にリメイク版にて先行登場しており、ソニックとは面識があった。しかし原作にて他の忍者とともに姿を現した際、ソニックは特に反応していなかった。

関連タグ

ワンパンマン

関連記事

親記事

社会に埋もれている実力者達 しゃかいにうもれているじつりょくしゃたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者の里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 988

コメント