ピクシブ百科事典

社会に埋もれている実力者達

しゃかいにうもれているじつりょくしゃたち

「ワンパンマン」に登場する、一般人でありながら高い戦闘力を持つ者達。
目次[非表示]

※以下、村田氏(リメイク)版最新話およびONE氏原作版におけるネタバレが含まれます。ご注意下さい。

概容

村田版ワンパンマン第95話にて、A級ヒーローのイナズマックスを一撃で倒したスイリューに対してジェノスが抱いた感想。物語の時系列ではこれよりも後になるが、ONE版108撃目でも「これまで世に出ず目立つことのなかった実力者」たちがネオヒーローズに所属する旨をジェノスがサイタマに語っている。

音速のソニックなど、裏社会にもヒーロー並の戦力を持つ人間は多く、ヒーロー協会は彼らとの共闘を模索していた。ネオヒーローズでは、実際に犯罪者や賞金首をメンバーに迎え入れている。村田版では、怪人協会も犯罪者や武闘家を仲間に引き入れるべく活動している。

なおヒーロー協会におけるS級ヒーローも、強力な戦力を持ちながらも順位に無頓着でランキング下位に埋もれていた実力者を活躍させる目的で設立された経緯がある。

人物

ボンブ

ワンパンマン/バング兄弟


S級3位のバングの兄で、「旋風鉄斬拳」の達人。ガロウの台頭以前は弟よりも大きな道場を持っていた模様。ガロウおよび怪人協会の討伐に参戦し、ムカデ長老育ち過ぎたポチに対して兄弟で強烈な連携攻撃を繰り出した。

スイリュー

スイリュー☆


村田版では、格闘大会「スーパーファイト」四連覇の記録を持つ天才挌闘家。戦闘描写から、S級ヒーロー並みの実力者であると推測できる。ONE版ではネオヒーローズの上位グループ「ネオリーダー」の一員として登場。バトルスーツの補助を使わずに災害レベル「鬼」の怪人を簡単に倒している事から、やはりヒーロー協会でのS級に相当する実力を備えている事になる。

剣聖会

登場はスイリュー同様リメイク版のみで、第106話(69撃目[怪人細胞])で登場した。
ニチリン、アマハレ、ザンバイ、ハラギリの4名。アトミック侍ことカミカゼも含め長きに渡りしのぎを削ってきた仲だったようだが、実は怪人化していたハラギリが正体をあらわしアトミック侍に斬りかかり、逆に斬られて死亡した。

アトミック侍が“ヒーロー狩り”ガロウの捜索に必要な人手の提供を求めたことと、それへのアマハレの「わかった 我々の門弟も走らせよう」という返答などから全員に相当数の弟子がいる事が伺える。また、そのやりとりの直前の会話でA級ヒーローの一人バネヒゲも会の誰かの門下であることが判明している。
4名とも日本刀を得物とするようだが門下のバネヒゲはサーベルを武器としており、内包する剣技は幅広い模様。

落ち着きの度合いから、少なくとも丹力においては最年長らしきニチリンが秀でていると思われる。ニチリン自身も「自分より腕が立つヒーローが何人いる事やら」と発し、アトミック侍もそれを否定していない。
真の強者しか認めないアトミック侍が実力を認めていること、S級に近い実力を持つA級ヒーローイアイアンブシドリルオカマイタチが敬意を払っていることから、S級並みの実力者達であると思わしい。ただし、怪人化で力を増したはずのハラギリがアトミック侍に敵わなかった事から、個々の力量にかなりの開きがある可能性はある。

アクセル

戦闘に長けた民間の有志48名による私設兵団「ハンターズ」のリーダー。現時点では原作のみに登場。災害レベル「鬼」を撃退した功績を持つハンターズに注目したヒーロー協会は、アクセルにS級ヒーローの地位を確約し全団員をヒーローとして雇う事を提示する。しかし彼はヒーロー協会を、人材と資金の浪費どころか民衆のために動いてすらいないと非難し、拒否。
そして新たなヒーロー組織「ネオヒーローズ」の存在と、ハンターズがその組織に所属することになる旨を明らかにした。

ライデン

常人離れした体躯をもつ「超相撲」700連勝中の無敵の横綱。登場はアクセル同様原作のみ。「人知を超えた強さ」を持つと豪語され、以前からヒーロー協会が幾度かオファーするほどの実力と知名度を持つ。アクセル同様にS級ヒーローの地位を提示されるも、既にネオヒーローズと契約済みであることを明らかにした。

その他

上記よりは少数意見ながらも、S級レベルの実力があるのでは?と推測されることがある人物。

バクザン

スーパーファイトを連覇した記録を持つ格闘家で、いささか不穏な言動が目に付く。スイリューを狙い、強い殺気を向ける。サイタマには一撃で敗れはしたが、スイリュー自身もサイタマのワンパンで撃破された可能性を本人が認めていることと、強い怪人たちに囲まれた状況で、怪人化したチョゼとスイリューの(他の優れた格闘家たちが目で追えない速さの)電撃戦を見ても微動だにしない、など、スイリューに匹敵するか否かは不明だが大物感を漂わせている。

そして、怪人細胞を何個もドカ喰いしても生き延び、ゴウケツとは実力に雲泥の差があるものの、 レベル「竜」の怪人となったこともこの説を支持している(怪人細胞の摂取数が強さに影響するのかは不明だが)。

関連タグ

ワンパンマン S級ヒーロー

関連記事

親記事

ワンパンマンの登場キャラクター一覧 わんぱんまんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「社会に埋もれている実力者達」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394

コメント