ピクシブ百科事典

バクザン

ばくざん

「ワンパンマン」に登場する格闘家であるが・・・?
目次[非表示]

概要

ワンパンマン村田版に登場。

肩が破れた白道着に顎鬚が特徴の男。過去に格闘大会「スーパーファイト」に出場し、2連覇を果たしている。
「闇地獄殺人術」の使い手。これまで戦ったファイターを全て再起不能にしておきながら全力を出してすらいないという強者。

現役最強のスイリューを狙って参加したが、本人には「もっと強い相手と戦いたかった」と相手にすらされていない。

大会ではサイタマのパンチで一発KOされ、初戦敗退となったが・・・。

※以下ネタバレ注意!
















怪人化バクザン

サイタマが去った後の会場にゴウケツが現れた際、最強の生物となる為に、怪人細胞を大量に食べて怪人化した姿。

推定災害レベルは
ゴウケツに匹敵する巨体になり、四本腕と三本の尻尾を得、頭と肘と肩から計9本の角が生えた。
人間だった時よりずっと毛深くなり、まるでのような格好に。
格闘大会で怪人化した選手達の中では最大級の戦闘能力である。

戦闘力

災害レベル竜の中でも下位格である。事実、ゴウケツにはまるで歯が立たなかった。
それでも、人間の頃に磨いた武術と怪人化した際に得た絶大なパワーによって、S級ヒーローを上回る戦闘力を持つ。

怪人化後の来歴

前述のように怪人細胞を大量に食して怪人化。
既に満身創痍だったスイリューを更に叩きのめし、ゴウケツにも歯向かった。
が、全ての技をいなされ、改めて圧倒的な実力の差を実感したのだった。

ゴウケツに勧誘され、彼が去った後も格闘会場に留まり、「自分は最強になるために強くなった」のではなく「自分より弱い奴をいたぶる為だけに強くなった」という邪悪な本心に気が付き、その気持ちを満たすため、虫の息であるスイリューを更に甚振り続けた。
終いにはヒーローに救いを求めるスイリューが絶望を味わうように、再起不能になったスネック残酷に踏みつぶしたのだった。


が、駆けつけたサイタマが間一髪スネックを救出。
最初は服装が変わっていたためにサイタマと気付かなかったが、ハゲ頭を見て思い出した。

試合での屈辱を晴らす為、「闇地獄殺人術」を思う存分サイタマに叩き込んだが全て通用せず、返しのワンパンで粉々になって敗れた。
その後、サイタマはスイリューと話したことで、戦った怪人がバクザンであった事をようやく知ったのであった。

余談

残虐性が目立つが、怪人化以前は群衆のパニックを防ぐために試合会場に怪人が侵入したら彼一人が対処する事を提案する面もあった。バクザンやゴウケツに限らず、怪人協会との接触がなかったら「悪」に堕ちたり犯罪を犯すことことのなかったかもしれない人間は多いと思われる。

関連タグ

ワンパンマン 怪人協会 スイリュー ゴウケツ チョゼ
社会に埋もれている実力者達

pixivに投稿された作品 pixivで「バクザン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント