ピクシブ百科事典

進化の家

しんかのいえ

漫画「ワンパンマン」の序盤に登場する敵組織。初めてサイタマが戦った長編の悪役である。
目次[非表示]

概要

ある老齢のマッドサイエンティストが「人類という種の進化」を推進するために作り上げた組織。表向きは宗教団体という扱い。
S級ヒーローゾンビマンの生まれた場所でもある。
サイタマジェノスによりメンバーが倒され、最強の構成員だった阿修羅カブトがサイタマにあっさり殺されてしまったことからジーナス博士は研究を諦め、たこ焼き屋に転身している。

構成員

ウェルカム進化の家


『進化の家』の創始者。齢70を超す老人だが、アンチエイジングにより若い姿を保っている。クローン技術により自分の分身を幾人も作り上げたが、阿修羅カブトに皆殺しにされてしまう。

『進化の家』最強のカブトムシ型怪人。知能・肉体共に人間を遥かに凌駕し、ビルを瞬時に吹き飛ばすような火炎放射を吐息で押し返すなど、圧倒的なパワーを持つ。傲慢で凶暴な性格であり、ジーナス博士からは危険視され拘束されていた。
阿修羅モード」という強化形態をもち、一度この形態に変身すると一週間は破壊衝動を抑えられなくなるらしい。

『進化の家』No.2の実力を持つライオン型怪人。のような巨体を持ち、から放つ衝撃波で遠方の建造物も豆腐のように切断してしまう。必殺技は縦横無尽に衝撃波を飛ばす「獅子斬流星群」だが、あっさりサイタマに回避されパンチの連打でバラバラにされた。
アーマードゴリラ曰く「ジェノス程度では勝てない」らしい。

『進化の家』唯一の戦闘型サイボーグ。実力はNo.3。焼却砲の一撃にも耐えるタフな体が武器。獣王が死んだことを知ってあっさり情報をゲロった。
『進化の家』壊滅後はジーナス博士のたこ焼き屋を手伝っている。

試作品として作られた型怪人。数億匹の蚊を自在に操り、血液を吸収して自己強化する能力を持つ。詳しくは該当項目参照。

カエル男からは「結構強い」と言われていたが、サイタマに瞬殺されてしまったカマキリ型怪人。

ナメクジャラスとコンビを組むカエル型怪人。村田版では獣王の獅子斬に巻き込まれ死亡。

カエル男とコンビを組むナメクジ型怪人。テレパシー能力を持つ。村田版ではカエル男同様、獣王の獅子斬で死亡。

獣王を補佐するモグラの怪人。地中から相手を足を掴んで引きずり込み、埋没させる特技を持つ。獣王を倒したサイタマから逃れるべく地中を猛スピードで掘り進むが、あっさり追いつかれ、殴り飛ばされた。

元所属者。アンデッド系怪人を生み出すための実験体の一人だったが、脱走した。実験の途中で逃げ出したために完全には怪人化しておらず、得た能力でヒーローとなることに成功した。

関連項目

悪の組織 怪人

pixivに投稿された作品 pixivで「進化の家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90047

コメント