ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

天空王バロン

てんくうおうばろん

天空王バロンとは、冒険王ビィトに登場する魔人。七つ星と呼ばれる魔人の最高峰の中の一人。
目次 [非表示]

概要編集

冒険王ビィトに登場する敵対勢力『魔人』の一人。

「天空王」という異名を持ち、魔人の中でも七ツ星と呼ばれる最強の魔人の一角で、ビィトと戦うことになった際には初戦でビィトを完膚なきまでに叩き潰した。


その一方、本人は星の獲得や弱者の蹂躙、魔人同士の争い等にはさして興味を持たず、「強い人間との戦いを楽しむ事」のみを目的としている。

ゆえに弱い人間を無暗に襲うことはせず、卑怯な手段を嫌って正々堂々とした真正面からの戦いを好み、敵であっても見どころがあると見込んだ戦士は見逃してさらなる成長を待つという、色んな意味で「魔神らしくない」ある種の深い度量や高潔な精神の持ち主。


その様は、かつてバロンと戦い敗北した一人の戦士(バスター)が、その気高く誇り高い勇姿を讃えて「バロン卿(サー・バロン)」と呼びながら死んでいった程。それを面白がった魔人の間にもその称号は広まるようになり、天空王と並ぶ彼の異名となった。


とはいえ断じて”善人”ではなく、本人もこれらは自分のこだわり・趣味嗜好であり、「人間と争い殺すという魔人の本能」には忠実と公言している。


しかしながら、やはりその高潔さは人間側からも一目置かれており、ある意味では信頼すらされている程。冷静を旨とするグリニデからも他の粗暴な魔人とは一線を画す存在と目されており、『究極に知的な存在』『別格』と褒め称えている。


キッスとも浅からぬ関係で、かつてバロンと相対した際、パーティーメンバーから捨て駒にされたキッスに見所を感じたバロンは見逃し、見捨てたメンバーの方は成長性ゼロと皆殺しにしてのけた。

後にビィト争奪戦の二番手として遭遇した際、過去のトラウマから我を忘れて逃亡してしまったキッスに対しては追撃を加えず僅かな失望をみせたものの、ビィトの啖呵もあって見損なってはいなかった。


ザンガ編集

バロンの中に存在するもう一人の魔神で、バロンの脳に共生した補助頭脳のような存在。バロンの額に顔があるが、普段は彼が被る鉄仮面に隠れている。

バロンにはない残虐性と残忍性を持つ魔人らしい性格だが、宿主のバロンを坊や(ボーイ)と呼び、彼の格を高める事が自分の存在意義と考えている。


月に一度の「赤い月の夜」のみ、休眠状態に陥るバロンに代わってその肉体を使用する事が出来、戦闘欲以外の欲が無さすぎるバロンに代わって人間の虐殺を行い、星を獲得していた。

バロン本人は自身のポリシーに反するザンガの存在に忸怩たる思いを抱えているが、"バロンの為"という行動原理に嘘はない為、信頼関係自体は深い。


戦闘能力こそはバロンの肉体に依存しているために高く、戦闘に一切拘りを持ち込まず確実かつ堅実に殺しに行くスタイルはバロンとは違った意味で脅威的。

その一方で、戦いは基本的に自身の持つ暴力性と肉体のスペックに無理を言わせた力推しである為、天才的な戦闘センスをもって戦うバロンには一枚劣る。


関連タグ編集

ヴァンデル ビィト

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2005

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました