ピクシブ百科事典

ヒスタリオ

ひすたりお

ヒスタリオとは漫画「冒険王ビィト」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

凶刃の二つ名を持つ七つ星魔人。やせ細ったゾンビかスケルトンの様な姿をしている。スタイリッシュなデザイン故に高い読者人気を誇っている。
陰気なリュートの音色は魔賓館のスタッフからは評判がいいが、彼自身は魔人たちの間で嫌われていると自嘲している。

当初は口数は少なく、感情に乏しいながらも短気で好戦的という典型的な魔人…と思われていたが、実際は「友達が欲しい」という魔人の中でも特に異色の価値観、思想を持っており、通常このような考えを持つ魔人はおらず(一応、友人同士だというベルトーゼとノアのように個体間で一定の信頼関係を結んでいる魔人もいるにはいる)、以前に他の魔人とも無為に友好的に接しようとした結果、散々な目にあったという。

魔人らしく短気かつ残忍な気質なのは事実だが、それでもどちらかというと達観的で落ち着いている方であり、人間を見下す魔人が殆どの中、ヒスタリオは魔人と違って友情を重んじる人間を評価しているのか、「人間の方が魔人より精神面が強いのかもしれない」と考えている。

しかし、その友達作りのやり方というのが、自身の死者蘇生能力で他者をゾンビ同然の存在へと作り変えて連れ回すというもので、現在では元ゼノン戦士団のライオをゾンビにして手元に置いており、これまで多くの魔人もゾンビに変えて使役してきたらしいが、それも基本的に別に憎いとか道具扱いとかそういう理由ではなく本気で友人にしたいから善意でゾンビ化させるという歪んだ意識に基づいている(その一方で、一度受けた恨みは忘れておらず、かつて自身に不当な危害を加えた魔人はゾンビに変えて使い潰してきたらしい)。

ゾンビ化させられた者は痛みも負傷もお構いなしに戦い続けることができ、ある程度の負傷なら瞬時に再生することすら可能になる。しかし、ゾンビとなった者は生前のような自我や精神は維持出来ず、ヒスタリオの意に沿うだけの屍人形になってしまう。上述のように、人間はその精神力故か生前の記憶や人格をそれなりに保ったままでゾンビとなるが、それでもヒスタリオの言うなりになることは変わらない。

能力

武器はリュートに仕込んだ自身の骨から作った仕込み刀で、この刃は抜く度に形状と間合いが変わるためまともに見切るのは困難とされ、これを利用した居合剣術“牙流転生”を駆使する。

それに加え、上述したように自身が殺した、あるいは以前に死んだ他の人間および魔人、魔物を己の体液を流し込みゾンビに変える能力を有し、蘇らせた人間、魔人を己の“戦友”として戦わせられる他、同じくゾンビ化させた魔物を用いての戦略的な戦い方も得意としている。

何よりこのヒスタリオ最大の特徴が文字通りの不死身の肉体で、体の防御力こそ低いものの、生首一つにさせられても平然と生きている、戦闘中も再生に力を入れれば攻撃しても難なく再生するという反則じみた性質を秘めている。

体を粉々にされようが、一片でも肉体が残っていれば大地の冥力を使って肉体を再生出来る”完全不死”の存在であり、本来魔人共通の弱点である角ですら例外ではない。ヒスタリオを殺そうと思ったら、それこそ塵一つ残さぬよう完全消滅させるしかないのである。

もっとも「肉体が破壊される」事が再生のトリガーであるらしく、体を破壊せずに凍結させるなどの拘束には対応できない弱点はあるものの、配下のゾンビに肉体を破壊させて脱出するなど決して無策ではない。

戦闘には油断も遊びをいれないという用心深さ、戦闘へのシビアさを持ち合わせており、戦闘力はバロンに劣ると言われてるが、慎重さに裏付けされた臨機応変な対応力、自身の長所も短所も知り尽くしていると評される戦い方は多くの魔人との戦いを乗り越えてきたビィトたちにとってもかなりの強敵。
シャギーからは「対人間においてヒスタリオ様以上に恐ろしく厄介な魔人はいないのでは?」と評価されている。

ちなみに能力が便利なためか、ヒスタリオは魔賓館で戦力を補充することが滅多にないらしい。

関連項目

冒険王ビィト

関連記事

親記事

ヴァンデル まじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒスタリオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4855

コメント