ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

諸君 私は戦争が好きだ


よろしいならば私も問おう 君らの神の正気は 一体どこの誰が保障してくれるのだね?


かくして役者は全員演壇へと登り 暁の惨劇(ワルプルギス)は幕を上げる



概要

声優:飛田展男

HELLSING』の登場人物である少佐の本名とされている。

単行本五巻の裏表紙の身分証に書かれているが確認は困難。

『HELLSING』には他の平野耕太作品からの流用が多数見られ、モンティナ・マックスもその一人。

以下、『HELLSING』の「少佐」に関して記述。


「最後の大隊(ラストバタリオン)」ことミレニアムのリーダー。眼鏡を掛けた肥満体の男性。

独特の美学を持つ、戦争を遍く愛する本物の異常者であり、非常に印象に残る名言が多い。中でも、諸君、私は戦争が好きだから始まる「第二次ゼーレヴェ作戦」開始時の彼の演説は、連載一話丸々全部を使って描かれ、作中でも特に印象に残るシーンである。内容はこちらを読んで欲しい。

そのシーンをパロディ化した文章、イラストや動画も多数制作されている。

第2次大戦中は親衛隊(SS)に所属しており、総統の命令の下人造吸血鬼の研究を任されていた。そのときヘルシング機関と一戦交えており、組織を潰されたうえにソ連軍の侵攻に遭って瀕死の重傷を負ってしまった。その後は南米に組織を移し、戦争には間に合わなかった吸血鬼研究をついに完成させ、構成戦闘員全てが吸血鬼の怪物軍団ミレニアムを組織した。

物語の終盤で、60年前から老化していないのは彼が「化物」だからではなく、脳以外を機械に置き換えたからであることが判明する。

かつて死に瀕した際にアーカードと同様に人間を吸血鬼に変える何者かに接触されたものの、

人間は意志の生き物であるという考えを持つ彼は己の意志へのこだわりから、他者の意志を吸収し同一化できる吸血鬼の性質に高度な魅力を感じつつもこれを拒否し、憧れを抱きつつも相容れない存在である化物を己の思想のもと否定するために機械化して生き延びた。

彼にとっては意志こそが人間の本質であるため、たとえそれが機械にコピーされたデータだけの存在だったとしてもそれは人間だと定義できると考えていることが、

彼の身体の秘密が明かされたシーンのセリフから窺える。



―たとえガラス瓶に浮かぶ脳髄が私の全てだったとしても きっと巨大な電算機の記憶回路が私の全てだったとしても―




「一心不乱の大戦争」の目標は、アーカードを人間として倒すことでもあった。

どこまでも人間であることにこだわり続けた、“「人間」という怪物”を体現した人物といえよう。

その圧倒的存在感、先の演説から、作中でも屈指の人気を誇る。


なお、彼の名前は背景に描かれている程度で、さりげなくしか登場していない。


銃の腕は下手で、まともに当たらない。親衛隊に入れたのは奇跡としか言えないほどに。

食べることが好きで、時間があればハンバーガーやステーキなどを美味しそうに頬張っている。(本人曰く、『デブは一食抜いただけで餓死する』との事)

親衛隊の入隊基準からすると、若いころはすらっとした体形だったのかもしれないが。



原型

『COYOTE』に登場するモンティナ・マックスが原型となっている。この時は細身の青年。

その続編である『ANGEL DUST』では、長身の美形キャラクターとして再登場している。

同姓同名だがキャラの造形的にはインテグラの元ネタだろう。

『ANGEL DUST』ではイスカリオテ(第13課)の課長である

作者曰く、マクスウェルは『ANGEL DUST』登場の見た目はインテグラに似すぎてるんで

オールバックにして、眼鏡を外すと・・・あら不思議、やればできる子の完成です。

ただしHELLSING本編でサイボーグ化される以前から、

チビでデブの見慣れた例の少佐であるようなので、ストーリー上の関連はない。



関連イラスト

少佐HELLSING

堰を切れ!!諸君!!第一目標はロンドン全域!!Welcome to this crazy time♪C83告知



関連タグ

HELLSING ヘルシング

少佐 ミレニアム

悪のカリスマ

戦争狂


台詞

諸君、私は戦争が好きだ

よろしい、ならば戦争だ

君らの神の正気は一体どこの誰が保障してくれるのだね?


関連作品

帰ってきたヒトラー - DVDにおいてヒトラーの吹き替えを担当しているのは、少佐を演じた飛田展男


他作品

隊長 - 『ザ・ペンギンズfromマダガスカル』及び『マダガスカル』に登場する秘密部隊ペンギンズのリーダー。飛田展男が吹き替えを担当したテレビ版と劇場版3では少佐をゆるキャラ化したようなキャラクターになっている。

韓信 - 『Fate/GrandOrder』第二部第三章『人智統合真国シン』に登場した軍師で、風貌が似通っている戦争屋。

ムスカガーゴイル - 同様の知能派悪のカリスマ。この2人とモンティナ・マックスの共演絵がある。

悪は滅びぬ!何度でもよみがえるさ!

草薙素子 - 同じくサイボーグの少佐

ルドル・フォン・シュトロハイム - 此方もサイボーグ少佐(シュトロハイムは本編にサイボーグ化し、大佐に二階級特進)で、ナチス繋がりでもある。また、少佐の中の人はストレイツォも演じている。

ターニャ・デグレチャフ - 顔芸が得意、大隊を率いる少佐であることなど、共通点が多い。また、少佐の中の人は、この作品ではマッドサイエンティストを演じている。

関連記事

親記事

HELLSING へるしんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 959923

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました