ピクシブ百科事典

モンティナ・マックス

もんてぃなまっくす

漫画『HELLSING』の登場人物の一人である。
目次[非表示]

モンティナ・マックスは、
HELLSING』の登場人物である少佐の本名とされている。
単行本五巻の裏表紙の身分証に書かれているが確認は困難。
『HELLSING』には他の平野耕太作品からの流用が多数見られ、モンティナ・マックスもその一人。

以下、『HELLSING』の「少佐」に関して記述。声優は飛田展男

概要

「最後の大隊(ラストバタリオン)」ことミレニアムのリーダー。眼鏡を掛けた肥満体の男性。
戦争狂であり、「諸君、私は戦争が好きだ」から始まる「第二次ゼーレヴェ作戦」開始時の彼の演説は、連載一話丸々全部を使って描かれ、作中でも特に印象に残るシーンである。
そのシーンをパロディ化した文章、イラストや動画も多数制作されている。
第2次大戦中はアドルフ・ヒットラーの親衛隊に所属しており、総統の命令の下人造吸血鬼の研究を任されていた。そのときヘルシング機関と一戦交えており、組織を潰されたうえにソ連軍の侵攻に遭って瀕死の重傷を負ってしまった。その後は南米に組織を移し、吸血鬼研究を完成させ構成戦闘員全てが吸血鬼の怪物軍団ミレニアムを組織した。
物語の終盤で、60年前から老化していないのは彼が「化物」だからではなく、全身を機械に置き換えたからであることが判明。
他者の意思と融合する吸血鬼の本質を拒み、意思を持つ人間としてあろうとしている。
この事実が発覚した時の彼の台詞(下記、一部抜粋)からは、サイボーグどころか思考を移植したコンピュータである可能性すら読み取れる。

―たとえガラス瓶に浮かぶ脳髄が私の全てだったとしても きっと巨大な電算機の記憶回路が私の全てだったとしても―

「一心不乱の大戦争」の目標は、アーカードを人間として倒すことでもあった。
どこまでも人間であることにこだわり続けた、“「人間」という怪物”を体現した人物といえよう。
その圧倒的存在感、先の演説から、作中でも屈指の人気を誇る。

なお、彼の名前は背景に描かれている程度で、さりげなくしか登場していない。

銃の腕は下手で、まともに当たらない。親衛隊に入れたのは奇跡としか言えないほどに。
食べることが好きで、時間があればハンバーガーやステーキなどを美味しそうに頬張っている。

原型

『COYOTE』に登場するモンティナ・マックスが原型となっている。この時は細身の青年。
その続編である『ANGEL DUST』では、
サイボーグ化された長身の美形キャラクターとして再登場している。
ただしHELLSING本編でサイボーグ化される以前から、
チビでデブの見慣れた例の少佐であるようなので、ストーリー上の関連はない。

関連イラスト

モンティナ・マックス
モンティナ・マックス


少佐

堰を切れ!!諸君!!第一目標はロンドン全域!!


少佐
少佐


少佐
無敵の最精鋭諸君!万願成就の朝が来た!戦争の朝へようこそ!!



関連タグ

HELLSING ヘルシング 少佐 ミレニアム
諸君、私は戦争が好きだ よろしい、ならば戦争だ
帰ってきたヒトラー - DVDにおいてヒトラーの吹き替えを担当しているのは、少佐を演じた飛田展男

pixivに投稿された作品 pixivで「モンティナ・マックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251841

コメント