ピクシブ百科事典

夏油傑

げとうすぐる

夏油傑とは、少年漫画『呪術廻戦』及び、前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の登場人物である。
目次[非表示]

誰がなんと言おうと 非術師(さるども)は嫌いだ でも別に高専の連中まで憎かったわけじゃない

  ただ この世界では 私は心の底から笑えなかった

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

日本に四人しか存在しない特級呪術師の一人であり、百人を超える一般人を呪殺して呪術高専を追放された最悪の呪詛師
五条悟の高専時代の同級生で、五条にとっては今でも「たった一人の親友」と言える相手である。

黒髪の長髪で耳に大きめのピアスを付けている。普段は黒の僧衣と袈裟を着ていることが多く、額に謎の大きな傷の縫い跡がある。なお一年前の前日譚『東京都立呪術高等専門学校』ではこの傷跡は存在しなかった。

プロフィール

年齢享年27歳
誕生日2月3日
身長185cm〜(184cmの七海より高いとされる真人より少し高い設定の為)
等級特級呪術師
高専入学方式スカウト
術式呪霊操術
使用した主な呪霊特級仮想怨霊「化身玉藻前」、虹龍、切り裂き女 他
極ノ番「うずまき」
趣味・特技格闘技
好きな食べ物蕎麦(ざる)
苦手な食べ物無し
ストレス呪霊を取り込む事
一人称「私」
イメージソング
  • →Pia-no-jaC←『Paradiso』
  • Two Door Cinema Club『Come Back Home』
CV櫻井孝宏


人物

0巻にて(後述参照)死亡したと思われていたが2巻から再登場する。また0巻で右腕を失ったが、回収されていたのか真人の呪術によるものなのか、五体満足で登場している。

本編では漏瑚花御真人ら特級呪霊の「人間を抹殺し、呪霊が人間に取って代わる世界を造る」という目的に協力する姿勢を取っている。
その目的の最たる障害・五条悟の排除と、両面宿儺の器(虎杖悠仁)の引き入れのために暗躍しているが、花御に対し「呪霊の分際で」と吐き捨て、別の思惑を持って動いている様子を見せており、その真意は不明。

戦闘スタイル

後述の呪霊操術で呪霊式神のように使う。
しかし本人の戦闘力も高く、呪霊で近接を誘ってから体術や呪具で仕留めるといった戦法を取ることもある。

術式

  • 呪霊操術 (じゅれいそうじゅつ)

降伏した呪霊を球状にしてから取り込み、自在に操る術式。取り込む方式は経口摂取で夏油曰く吐瀉物を処理した雑巾の味がするという。
階級換算で2級以上の差があれば降伏を省きほぼ無条件で取り込むことができる。下級呪霊だけでなく一級・特級の強力な呪霊も使役可能。取り込める呪霊の上限容量などは不明で、百鬼夜行(0巻)の時点で新宿と京都に放った2000体や後述の『うずまき』を考えると、実に6500体近くの呪霊を所持していた。また、呪霊を使役するのに呪符などの媒介や掌印も必要としない。
最大の特徴として、複数の呪霊を操作することで術式を複数使用することができる。
これは本来、術者一名につき一つしか所持できないとされる生得術式の数少ない例外であり、何よりも、呪術廻戦における最大戦力である領域展開を複数使用することが可能と言う、五条悟とは別の意味で最強と言える術式である。

高専関係者には、主従関係のない自然発生した呪いを使役すると言っていた。しかし他の術師の所持する呪霊であっても、持ち主との契約が切れればいくらでも取り込むことができる。実際に五条悟に破れ、死亡した伏黒甚爾の所持していた呪霊を夏油は扱っている他、乙骨と主従関係にある祈本里香を手に入れんとしていた。

  • 呪霊操術 極ノ番 『うずまき』(じゅれいそうじゅつ ごくのばん うずまき)
取り込んだ呪霊を1つにまとめ、超高密度の呪力を相手にぶつける。
0巻では所持していた4461体の呪霊を全てまとめて攻撃を繰り出した。
絶大な破壊力を持つが、呪霊操術の強みである手数を捨てる事になるデメリットもある。
しかし、その真価は準一級以上の呪霊をうずまきに使用した時に起きる「術式の抽出」であった。
名称と見た目から、元ネタは伊藤潤二のホラー漫画『うずまき』と思われる。

所有している主な呪霊

  • 特級仮想怨霊「化身玉藻前」(とっきゅうかそうおんりょう けしんたまものまえ)

登録済みの特級呪霊16体の内の一体。

  • 虹龍」(こうりゅう)
高専2年時点の手持ち呪霊の中で最高硬度を誇る。

複数の巨大な糸切鋏を操る仮装怨霊。「わたしきれい?」という質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域を展開する。
作中ではネガティブな返答をした対象に向けて上述の巨大な糸切鋏による攻撃を繰り出した。

  • 武器庫呪霊
伏黒甚爾が所有していた低級呪霊。
体内が四次元ポケットのようになっており、後述の游雲などを収納している。

  • 特級特定疾病呪霊「疱瘡神」
渋谷事変で使用した天然痘に対する恐怖から生まれた呪霊。
名称不明だが領域展開を習得しており、①対象を棺桶に拘束し②棺桶ごと墓石で埋葬し③3カウント開始し④3カウント後に対象が病に罹って死亡する。領域の必中効果は①から③までで、1人ずつしか対象にできない。

  • 大鯰(仮)
渋谷事変で使用した地震、あるいは地震を引き起こすと考えられていたの怪異に対する恐怖から生まれた呪霊。
地面に大穴を空け、対象が落下する…ように錯覚させる。あくまで錯覚させているだけなので、実際にはただ転ばせているだけ。

所持呪具・呪物

  • 游雲(ゆううん)

0巻で夏油が使用していた三節棍で、特級呪具
元々は武器庫呪霊の前主(おそらく禪院家が)所有していたが降伏し、所有。夏油死亡後は五条が無理やり五条家の所有物にして何の因果かある女生徒が使用することになる。因みに価格は五億円相当するらしい。

  • 獄門疆(ごくもんきょう)
手の平位の大きさの立方体の箱で、特級呪物
生きた結界『源信』の成れの果ての姿で、封印できないものはない。
しかし「獄門疆の開門後、封印有効範囲である半径4m以内に対象を脳内時間で1分間留める」という条件を満たさないと発動できない。
五条悟を封印するために使用する。


過去

0巻

本編から一年前の前日譚である『東京都立呪術高等専門学校(呪術廻戦0巻)』では最悪の呪詛師として主人公乙骨憂太の前に立ち塞がり、大規模呪霊テロ・新宿・京都百鬼夜行を起こす。

呪術師ではない人間(非術師)を「猿」と呼び忌み嫌っており、非術師を抹殺することで呪術師だけの世界を作ることを目論む。宗教団体を呼び水に信者から資金や呪霊を回収し、志を同じくする呪術師たちを召集していた。
仲間の呪術師たちへの家族意識が強く、また敵でも若い呪術師は気にかけており、甘い態度を取る。若い呪術師同士が身を守りあうという姿を見ると「理想の光景」として戦闘中にあるも関わらず涙を流し感動するなどの一面も。
呪霊を操る術式を使う遠距離戦闘スタイルが主だが、夏油自身も非力というわけでなく、近接戦闘においては扱いの難しい三節棍、『游雲』(上述参照)を巧みに操る。

しかし夏油は乙骨と特級過呪怨霊・祈本里香に敗れ、右腕を失う。
再起を誓い、先に家族を逃がすも五条は先回りして夏油を待ち構えていた。(最期に)何か言い残すことはあるかと問う五条に、夏油は「この世界では心の底から笑えなかった」と自らの真意を打ち明けた。それに対して五条は何らかの言葉(ジャンプGIGA2019 winter vol.3に同封されていたキャラクターブックにて「この場面でどんな言葉をいったのか」という質問に対し、作者は「0巻の中で既に言っている」と答えている)を告げ、その言葉を聞いた夏油は「最期くらい呪いの言葉を吐けよ」と笑って、五条に処刑されたのだった。

高専時代

本編より十年前は呪術高専の生徒だった。
髪型はお団子状に一つに纏め、制服はボンタンを着用。見た目は五条と並ぶとお世辞にも柄が良いとは言いがたい状態であった。

呪術LOG01(ほぼ五+夏)※本誌の内容を含みます



五条悟家入硝子は同級生、七海建人灰原雄は後輩にあたり、灰原は五条よりも夏油を慕っていた。現東京校学長の夜蛾正道は元担任。

高専在籍時(二年生時)は五条とは同じ一級術師として、任務を二人でこなすことが多く、「私達は最強なんだ」というほどの名コンビであった。
お互いを下の名前で呼び合い、時には喧嘩もしていたが、五条が十年を経ても「僕の親友だよ たった一人のね」といっていることから彼にとって夏油が他に得難い無二の友人であったことが察せられる。

また高専時代は現在と真逆の思想を持ち、呪術は弱者(非術師)を守るためにあると考えており、非術師への配慮を厭う五条にそのことを諭す場面もあった。

ある日、順調に呪術師として成長する夏油と五条二人に天元の星漿体、天内理子の護衛と抹消という任務が下される。だが呪力をもたない伏黒甚爾が現れ、理子を殺害。五条と夏油も重症を負い、任務は失敗してしまう。
殺害依頼をしたのは、天元と理子の同化を快く思っていない『盤星教(ばんせいきょう)』という宗教団体であり、信者の非術師達は、殺害された理子の遺体を拍手で迎え喜んだ。この光景を見た夏油は、非術師は守るべき者、という信念に疑念を抱きはじめる。
また、この時の臨死体験を経て五条悟は覚醒し、現在に通じる能力が開花、名実ともに『最強』となりこれ以降、任務をすべて一人でこなすようになる。高専3年時には五条と共に特級呪術師となっていた夏油も必然的に単独での任務が増え、彼の苦悩は深まっていく。
夏油は呪霊を祓った後、取り込むためにそれを飲み込む必要があり、今までは非術師を守るという名目で決して楽ではないその行為を行ってきたが、前述の通りに夏油の中で非術師に対する疑念が膨らみ、呪霊を祓うという行為自体の意義を見失ってしまう。彼の精神は確実に疲弊していくのだった。




「ブレるな 強者(呪術師)としての責任を果たせ」
















「猿め・・・」




そのような折りに、特級呪術師、九十九由基に出会い、呪霊の生まれない世界を作るという彼女の考え方に「じゃあ非術師を皆殺しにすれば良い」と吐露してしまう。呪霊は非術師たちの微量な呪力が集まって出来ており、呪術師からは呪霊は生まれない。その仕組みを鑑みて思わず出た非現実的な発言であったが九十九は否定せず夏油がどちらを選ぶか選択肢を与え、更に天内理子が亡くなっても天元には何の問題も無かったことを告げて去っていった。

悲劇は止まることなく、灰原が任務で命を落とす。灰原の能力を超えた呪霊だった事が原因であったとされ、任務自体は五条悟が引き継いだが、七海には「もうあの人一人で良くないですか?」と告げられる。五条悟にはもう自分は必要ではない、二人で最強ではいられなくなったのではと感じ、前述の九十九の話が頭の片隅にあったと思われ、ますます夏油は追い詰められて限界に近い状態であったのではと考えられる。

そして高専三年時の9月某日、単独任務でとある集落を訪れた際、虐待され、監禁されている呪力を持った双子の少女たちを発見する。この集落で起こっていた怪異は夏油が祓っており、少女たちとは全く関係ないことであったが、惨状の理由を尋ねる夏油に村の住人たちは双子たちが原因及び犯人と決めつけ、彼女たちに罵倒する言葉をかけ続けた。
もう夏油には既に村人の言葉が人間の言葉に聞こえてすらいなかった。
こうして、夏油は村人112人を呪霊操術で殺害、逃走。また非術師であった両親も手にかけており、処刑対象として追われる身となった。


離反後

君は最強だから五条悟なのか?五条悟だから最強なのか?

五条は夏油の造反を夜蛾から聞くも、正に寝耳に水の状態で信じられなかった。逃走していた夏油は新宿にいた家入の前に現れ、家入は五条を呼び出す。
五条は夏油を問い詰め、説得しようと試みるも全てが既に時を逸しており、夏油の決心が揺らぐことはなかった。逆に夏油は五条悟を傲慢だと一刀両断し、五条悟に出来ることを他人には出来やしないと言い聞かせるのか、と問いかけた。
呪術師の世界を創り非術師を排除するという大義はつまり、呪術師が非術師の為に消耗品のように扱われることがないように、そしてその生命が無駄に消費されるような今の呪術界を変えたいということが根底にあり、夏油はそれをもって、「生き方は決めた 後は自分にできることを精一杯やるさ」というかつての後輩灰原の言葉を用い、そして「殺したければ殺せ、それには意味がある」と無防備な夏油を処刑しようとしてできなかった五条を残し、雑踏に消えたのだった。

「私に 従え 猿共」

その後、天内理子を殺害するよう依頼した前述の宗教団体を乗っ取る。そこには夏油と共に村から保護した双子の少女二人がいた。黒衣の僧衣と五条袈裟を身につけた夏油は信者の非術師を『猿』と呼称し、彼らから資金や呪霊を得続け、10年に渡る潜伏期間の後、彼の物語は冒頭の0巻に続いていく。
ちなみに、ファンブックによって呪術高専離反後は、自分自身に非術師は猿であると常に言い聞かせることで非術師への憎悪と敵意を維持し続け、できるだけ非術師の使う文明や文化に頼らない生活をしていたが、仲間にはそう言う自分の拘りを押し付けることはしなかったという。
また、作中屈指の良識人である七海建人をして、「あの人を責める気にはなれない」と評価していることから、彼の本質である高潔とも言えるほどの真面目さそれ自体は、呪詛師に堕ちて以降も変わらなかったとも言える。




以下ネタバレ注意











「キッショ。何で分かるんだよ」

呪術まとめ



一年前の前日譚『東京都立呪術高等専門学校』のラストで五条が直接手を下し、死亡したはずだった夏油だが、何故か『呪術廻戦』でも暗躍する姿が描かれており、長らく読者の疑念を呼んでいた。しかし第90話にて、夏油の呪霊操術、および、五条との関係性から五条の心理的隙を突く切り札としての有用性に目を付けた別の呪詛師が、夏油の遺体を乗っ取っていたことが明らかになる。


実はかなり初期から伏線が張られており(非呪術師を猿と呼ばない、五条のことを"悟"ではなくフルネームで呼ぶ、若い呪術師が死んでも気にも留めないなど)、偽物ではないかと指摘していた読者も一部存在した。なお第91話では五条の呼びかけに夏油の肉体が反応し自らの首を絞めるなど、乗っ取った何者かの意思に反した動きを見せている。

美々子・奈々子らの生前に夏油に惹かれて集った一派の残党は、現在の夏油の計画に協力しながら、彼の肉体の奪還を図っている。この事は現在の夏油も把握している。

夏油を乗っ取った人物の正体については、ファンからは既に登場している天元九十九由基加茂憲倫ではないかと推測されていた。また渋谷で冥冥と対峙した際の「"最近の"術師にしてはよくやる」という台詞や、己の意思に反して夏油の肉体が五条の呼びかけに反応したことに対して「こんなのは初めてだよ」と発言したことから、肉体を乗り換えながら永い時を生きてきた人物だと考えられていた。
推測は当たっており脹相が自らを産み出した忌まわしい父親に存在した縫い目を思い出す。
しかしそれは彼の人の真の名ではなかったのである。




加茂憲倫と呼ばれた男の正体⇒ネタバレ注意


余談

2019年バレンタインの際には夏油宛に「猿からの贈り物です🖤」というチョコレートが作者の元に届けられた。

2020年エイプリルフールにて結成された祓ったれ本舗という五条悟とのお笑いコンビのライブが高専東京校体育館(※一定の呪力がないと辿り着けない)で開催され、どんな呪いからも貴方を守る、夏油厄除御守付きライブチケットが5,000円(ライブのみは3,000円)で販売されていた。因みに御守の中には木彫りの夏油が入っている有難い仕様である。https://twitter.com/jujutsu_PR/status/1245312971552649216?s=19

アニメOP『廻廻奇譚』では額に傷がない、0巻以前の姿で登場している。

アニメ版エンディングテーマ『LOST IN PARADISE feat.AKLO』シングルのカップリング曲のひとつに、夏油傑をイメージして作られた楽曲『FAITH』(feat.なみちえ,GOMESS)が収録されている。

関連イラスト

【8/10 妖言5振替】新刊サンプル【夏+五(+家)】
人生若只如初见


夏油
虽千万人


觀世自在
keep fresh



関連タグ

呪術廻戦
五条悟 乙骨憂太
夜蛾正道 家入硝子 冥冥
天内理子 伏黒甚爾 孔時雨
ミミナナ ミゲル
真人 漏瑚 花御 脹相

関連記事

親記事

夏油一派 げとういっぱ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夏油傑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44553005

コメント