2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

呪術廻戦」の劇場版。ただしベースとなるのはその前日譚である「東京都立呪術高等専門学校」である。
2021年12月24日公開。TVアニメと同じく制作はMAPPA、配給は東宝。主題歌・EDはKingGnuの「一途」と「逆夢

後述するように入場者特典が500万部配布と発表されていた。
500万部というのは鬼滅の刃無限列車編の最初の入場者特典・煉獄零巻の450万部を凌ぐ数であり、興行収入では65~70億円相当である。
本作にかけられた期待がそれだけ大きいことの表れである。
また初日の上映はTOHOシネマズ新宿では42回と鬼滅の刃無限列車編の最多上映回数とタイである。
加えて日付変更の0時から最速上映が全国7都市14映画館の56スクリーンで行われる。なお当初スクリーンはもっと少なかったが売り切れ続出のため急遽追加した映画館もあった。

なお、事前特別番組が、公開(予定)日4日前の12月20日、バラエティ番組「霜降りミキXIT」(地域によっては「痛快!明石家電視台」などの別番組)の枠を借りる形でTBS系列局全28局にて放送された。

海外でも順次上映されている。

内容

概ね原作に沿っていて、京都での百鬼夜行といった描写が不足していた箇所や後の連載で掘り下げられた内容を追加する形となっている。また、女性差別・黒人差別への配慮とアニメ化による呪霊の血の色の変化などから、セリフが一部変更されている。

実績

最速上映では15000人が来場。
12月24日の公開後最初の3日間初動興行収入は26.9億円、190万人と鬼滅の刃に次ぐ日本歴代2位の興行収入を記録。
2022年1月23日までに興行収入93.1億円、681万人に達している。
週刊少年ジャンプ連載作品の映画としては鬼滅の刃無限列車編に次ぐ歴代2位の興行収入になった(3位はROOKIES)。
更に、公開43日目となる2月4日に興収100億円を突破!6日までの公開45日間で観客動員数760万3732人、興行収入104億5632万2400円を記録した。
4月24日に興行収入135億円を超え、日本の歴代興行収入15位になった。
深夜アニメの映画興行収入では鬼滅の刃に次ぐ2位である(3位はラブライブ!)。
2022年5月29日終映。13時上映の回で一斉終了となり、終映記念の舞台挨拶が行われた。
同舞台挨拶で発表された段階では興行収入137億円。

上映形式

通常の上映のほか、公開当初からIMAXでも上映。これも鬼滅の刃に続いてジャンプ原作映画では2作目となる。
2022年2月5日からはドルビーシネマ並びに4DX/MX4Dでも上映。

来場者特典

第1弾として呪術廻戦0.5巻と題した冊子が公開と同時に500万部配布された。
内容は番外編の短編や映画の紹介など。
第2弾は乙骨憂太のイラストカード。2022年1月22日から50万枚配布。
第3弾は五条悟と夏油傑のビジュアルボード。2月5日から50万枚配布。
第4弾はメモリアルブック。内容は声優対談に朴監督のインタビューなど。2月19日から50万冊配布。
第5弾は乙骨vs夏油、乙骨&里香のビジュアルボード。3月12日から50万枚配布。

コラボ

ローソンとコラボし、各種グッズが発売。
またJR九州では2021年12月1日から2022年2月28日までラッピング車両を使った特急ソニックかもめを運転。12月4日には特急呪術廻戦も運転した。 プレスリリース(外部サイト)

関連動画







関連タグ

呪術廻戦 乙骨憂太
東京都立呪術高等専門学校

関連記事

親記事

東京都立呪術高等専門学校 とうきょうとりつじゅじゅつこうとうせんもんがっこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呪術廻戦0」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「呪術廻戦0」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4633630

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました