ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

呪術を用いて呪いを祓う人間。広義には、呪詛師といった呪術を私利私欲のために使う者も指す。

その歴史は古く、少なくとも千年以上前の平安時代には現在まで続く御三家と称される呪術界の名門が台頭していたとされる一方で、現代においてその数は「年中人手不足」と言われるほど希少であり、呪術師を育成する呪術高専の生徒数は1学年平均3人ほど。


社会秩序の遵守、ひいては一般人(非術師とも)の心の安寧のため、彼らの多くは姿を見せず暗躍している。そのため、多くの非術師は呪術師に守られていながら彼らの存在を知らない。時にその矛盾が最悪の呪詛師を生み出すことも…


呪霊と同じく1級から4級、そして特級に分類される。各等級ごとに与えられた試験を通過することで昇級可能。この際、3級から2級、と順番に昇級する以外にも、3級から1級という様に飛び級での昇級も可能。この等級は呪術高専に在籍している生徒にもこの階級は適用され、任務に対する適切な報酬も与えられる。

また、この等級は呪術高専関係者にしか与えられないが、1級術師相当の実力を持つと認められた高専未所属の呪術師には、名誉として特別1級呪術師の等級が与えられる。


一覧

特級呪術師


1級呪術師


特別1級呪術師


準1級呪術師


2級呪術師


準2級呪術師


3級呪術師


4級呪術師


等級不明


関連タグ

呪術廻戦

呪霊 呪詛師

特級呪術師 1級呪術師 準1級呪術師 2級呪術師

関連記事

親記事

呪術廻戦の登場キャラクター一覧 じゅじゅつかいせんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました