ピクシブ百科事典

死滅回游

しめつかいゆう

ある呪詛師が仕組んだ、呪術を与えられた者同士の殺し合い。
目次[非表示]

※この記事は単行本未収録のネタバレ情報になります。


















































概要




“死滅回游”


「答えはいつだって 混沌の中で黒く輝いているものだ」



夏油傑の肉体を乗っ取った加茂憲倫(またはその術師の肉体すら操っていたかもしれない誰か)が仕組んだ、呪術を与えられた者達による殺し合い

経緯

人間という呪力の可能性を求めた憲倫は、自ら生み出したモノでは自分の可能性の域から出ない事を悟り、自分の手から離れた混沌を創る事によって答えを求めた。
結果彼は千人の人間にマーキングを行う。その際彼の呪力にあてられて寝たきりになった者も出たが、憲倫が封印を解いた事で目を覚ます。

呪いを与えられた者は二つのパターンに分けられ、一つは虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者。もう一つは吉野順平のように術式を所持していながら脳の構造が非術師の者。
それらの脳を、抽出した真人の「無為転変」によって術師の脳に整える事で前者は器としての強度を、後者は術式を発揮する仕様を手に入れた。

加茂憲倫曰く「千人の虎杖悠仁が悪意を持って放たれた」事らしく、彼らはこれから呪力への理解を深めるために殺し合いを始めると語る。

結果、彼が語った通りその殺し合い……死滅回游が始まろうとしていた。

総則

殺し合いと言っても単なる生存を賭けたバトルロイヤルではなく、八つほどの総則(ルール)が設けられている。

泳者(プレイヤー)は術式覚醒後、十九日以内に任意の結界(コロニー)にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。
前項に違反した泳者からは術式を剥奪する。
非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。
泳者は他泳者の生命を絶つことで点(ポイント)を得る。
点とは管理者(ゲームマスター)によって泳者の生命に懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とする。
泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点(ポイント)を消費することで管理者と交渉し、死滅回游に総則を1つ追加できる。
管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。
参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する。

つまり加茂憲倫が言う『人間の可能性』が見られるまでは永遠に殺し合いを続けなければならなく、拒否すれば術式を強制的に奪われる事になる。
この術式の剥奪が泳者の命に関わるのかは現在不明。

考察

この死滅回游攻略で鍵となるのは、術式を持っていない虎杖と真希三輪なのではないかという考察がある。
実際この三人の戦い方は肉体や呪具などを使った格闘または近接戦で、黒閃やシン・陰流という技に頼る事はあっても術式に頼った事はない。というか、そもそも所持していないから頼るもクソもない。
そのため死滅回游の「ルールを破れば術式を剥奪される総則」がこの三人には全く意味がないのである
さらにこの話で「真希の強化イベントが来るのではないか?」と期待もされている。

しかし姉の津美紀も巻き込まれている以上、弟の伏黒が助けに行かない訳にはいかないので、「死滅回游に参加して殺し合いを上手く回避するルールを追加する虎杖組」、「その裏で管理者を見つけ出し死滅回游を終わらせる伏黒組」の二組で別行動して事態の解決を図るのかもしれない。

余談

実はアニメ2クール目のOP映像で黒百合タテジマキンチャクダイと呼ばれる魚が映っている。
ファンも当初は「津美紀や順平の暗示」「呪術廻戦全体を表してるのでは?」というような認識だったのだが、実はこのタテジマキンチャクダイは死滅回遊魚とも呼ばれ、そして黒百合は津美紀を表すような描写が作中で存在している。

この事から津美紀が死滅回游に巻き込まれる事を暗示していたのでは? とも考えられる。

関連タグ

呪術廻戦
虎杖悠仁 伏黒恵 禪院真希 乙骨憂太
伏黒津美紀
夏油傑 加茂憲倫

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「死滅回游」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18

コメント