ピクシブ百科事典

究極メカ丸

あるてぃめっとめかまる

究極メカ丸とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場人物である。
目次[非表示]

いつか… 皆と一緒に…

概要

『呪術廻戦』の登場人物。呪術高専京都校二年の人型ロボット。

プロフィール

誕生日10月4日
性別男性
所属京都府立呪術高等専門学校2年
高専入学方法幼い頃高専に保護され成長しそのまま入学
階級準1級呪術師
特技集団行動
好きな食べ物味がしっかりしている物
苦手な食べ物生もの
ストレスずーっと
CV松岡禎丞


人物

語尾をカタカナに変えた口調で話すロボット。性格は冷静沈着だが、パンダに「呪骸(おなかま)」と呼ばれた際は怒りを露わにした。

京都姉妹校交流会一日目の団体戦ではパンダと交戦。その際破壊されてしまったため、二日目の野球には不参加だった。(ピッチングマシンを代理にしていた。)

実は遠隔操作された傀儡であり、その正体は生身の人間で、先天的な身体の欠損や不自由と引き換えに高い呪力を得た「天与呪縛」の持ち主。

生まれながらにして右腕と膝からの下の肉体と腰から下の感覚がなく、肌は月明かりでも焼かれるほどもろく、常に全身の毛穴から針を刺されたような痛みがある。その代償として後述の強大な呪術を手に入れたため、それを応用して人型ロボットの傀儡「究極メカ丸」を遠隔操作して戦闘やコミュニケーションを行う。

本人は全身に包帯を巻かれ、生命維持装置に身を浸している状態で、とある建物の地下室にいる。本人も望んで手に入れた能力ではないため、肉体が戻るなら喜んで呪力を差し出したいと発言するほど忌々しく思っている。

もちろん「究極メカ丸」は本名ではなく、本体が昔見せてもらって大好きになったロボットアニメの機体の名前に由来している。

京都校のメンバーとは傀儡を介してやり取りしているが、良好な関係を築いている様子。もし健康な肉体を手にしたら、仲間の術師達に直接会うのが夢である。

術式

傀儡操術 (かいらいそうじゅつ)
傀儡を操作する。操作範囲は天与呪縛の力で日本全土に及ぶ。

  • 刀源解放(ソードオプション)
右腕に仕込まれた刃を出現させる。

  • 推力加算(ブーストオン)「絶技抉剔(ウルトラスピン)」
右肘部分からのジェット噴射で推進力を加算し、刃で正面の相手を抉り切る。

  • 「剣山盾(ウルトラシールド)」
右腕を剣山の様にして防御する。

  • 「大祓砲(ウルトラキャノン)」
左掌から広範囲に高熱を放つ。

  • 砲呪強化形態(モード・アルバトロス)「三重大祓砲(アルティメットキャノン)」
口から出した砲塔と両方の掌から高熱を放つ。とてつもない威力を誇り、あたり一面は焦土と化す。

余談

作者によると、「全身包帯」ということだけ決めて本体のデザインをこねくり回していたが、何度描いても『るろうに剣心』の志々雄真実そっくりになってしまい途中で諦めたとのこと。

関連タグ

呪術廻戦 呪術高専京都校
三輪霞 加茂憲紀 東堂葵 西宮桃 禪院真依 
パンダ












以下ネタバレ注意











動く肢体を得るため、夏油傑真人ら呪霊側に内通していたことが発覚する。またその際、本名が「与 幸吉(むた こうきち)」であることも判明した。
詳細→与幸吉

関連記事

親記事

呪術高専京都校 じゅじゅつこうせんきょうとこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「究極メカ丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152810

コメント