ピクシブ百科事典

特級呪術師

とっきゅうじゅじゅつし

漫画『呪術廻戦』に登場する用語、又は「五条悟」「夏油傑」「九十九由基」「乙骨憂太」の4人をまとめたタグ。
目次[非表示]

概要

呪術師の最高等級。呪術師は基本的には1級〜4級までの等級が設けられているが「特級」は呪術師としては枠外の等級である
この事を呪術高専京都校楽巌寺嘉伸「一般的な呪術師のナナメ上にある」と表現している。

また、渋谷事変編までの段階で、作中で特級呪術師に認定され活躍しているのは、術式そのものが破格の性能を持ち、単身で特級呪霊と渡り合って祓える程の戦闘能力を有した者ばかりである為にやや誤解されがちだが、実際には存在そのものが呪術界の勢力図を左右する呪術師の事を「特級」と認定している様で、作中で特級相当とされた者の中には術式そのものは然程強くない者もいる。

特級を冠する呪術師

特級を冠する呪術師は以下の4名のみ

久しぶりにお絵描き


無下限呪術と六眼を併せ持つ現代最強の呪術師
特級の中でも別格の実力者

log本『錄』


最悪の呪詛師と呼ばれ、一般人を鏖殺し呪術師だけの世界を築こうとする危険思想の持ち主。
呪霊操術の使い手であり、呪術師でも屈指の圧倒的な手数の多さを誇る。

乙骨憂太


五条を上回る圧倒的な呪力を誇る呪術師。
特級過呪怨霊・祈本里香を従えていた頃は、底なしの呪力と無条件の生得術式の模倣を可能としていた。

九十九由基


唯一の女性特級呪術師であり、能力・本心共に非常に謎の多い人物。東堂葵の師匠でもある。
高専の任務を受けず、上層部とも距離を置いて自らの目的へ邁進する

その他特級相当と作中で言及されている人物

準1級呪術師。
真人との決戦時では、天与呪縛によって蓄積された呪力を惜しみなく解放。
偽夏油から一時的にだが特級相当の呪力を誇ると称された。

1級呪術師。
実は、自我を持った準2級呪術師程度の実力を持つ呪骸を、自身で自在に量産する事ができるという事が後に発覚し、呪術総監部から特級の認定を下され死刑宣告を受けた。


関連イラスト

特級!
特級呪術師



関連タグ

呪術廻戦 呪術師(呪術廻戦)
特級呪術師1級呪術師準1級呪術師

関連記事

親記事

呪術師(呪術廻戦) じゅじゅつし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「特級呪術師」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「特級呪術師」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました