ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

狗巻棘

いぬまきとげ

狗巻棘とは、少年漫画『呪術廻戦』及び、前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の登場人物である。
目次 [非表示]

しゃけ


プロフィール

年齢17歳
誕生日10月23日
身長測定不能
所属東京都立呪術高等専門学校二年
高専入学方法家系
等級2級呪術師(0巻)→準1級呪術師(本編)
好きなこと悪ノリ
趣味YouTube
好きなおにぎりの具ツナマヨ
嫌いな食べ物魚卵
ストレス朝礼
CV(アニメ版)内山昂輝
演(舞台版)定本楓馬
生得術式呪言

人物

呪術高専東京校の2年生。準1級呪術師。言葉に呪力を込めて放つ「呪言師」の末裔。


他者や自分への影響が大きい術式のため、安全を考慮して普段は語彙を絞っており、結果口に出す言葉はおにぎりの具材名だけにしている。作者によれば「しゃけ」は肯定「おかか」は否定、それ以外は作者もよく分かっていない。

言霊を扱う術式のため、反動軽減のためにのど薬を常備している。


好きなことに『悪ノリ』を挙げており、本編以外でもアニメでの『じゅじゅさんぽ』やEDなどでは年相応にはしゃぐ姿が見られる。


口数が少なく、おにぎりの具でしか喋らないため意図が伝わりにくく怖がられることが多いが、本当は人一倍心優しく、温和で仲間に気配りができる優しい少年。

前日譚の『東京都立呪術高等専門学校』の際には入学してきた当初から乙骨憂太に気を遣っていた。これは生まれた時から呪言が使えたことで幼少期は意図せず人を呪ってしまっていた自分と乙骨を重ねていたためである。その後、商店街での一件を機に乙骨と親しくなる。

また、交流会の際に命を狙われていた虎杖を心配し、助けに行こうともしていた。

小説版2巻の「野薔薇と棘」では外国人に道を教え、道行くおばあさんを助ける様子が描写されている。


渋谷事変では宿儺の「伏魔御廚子」によって片腕を失うがそれ以外は特に問題がなかったらしく、獄門疆から五条を開放する際にも参加した。


容姿

無題呪術log④

アニメ版では銀色がかった白髪紫目

戦闘時以外は襟の長い服やマスクなどで口元を隠しているが、口元に「蛇の目」、舌には「牙」の狗巻家の呪印がある。


なお、ジャンプ連載版では髪をマッシュルームカットに近い丸いショートカットにしているが、0巻時点では制服や髪型が虎杖悠仁によく似ていた(これは伏黒恵と似ていた一年前の乙骨にも同じ事が言える、キャラデザが被り気味だったことは作者も自覚があるらしい。また、一年の際の仙台出張の時に虎杖とすれ違っていたと思われる挿絵が0巻にある)。

呪術廻戦ツ゛ナ゛マ゛ヨ゛

0巻を元にした劇場版『呪術廻戦 0』では原作者の要望を元に更にリデザインされ、はねた髪型はそのままに前髪をアップにしたいわゆる『おでこ出しヘアー』にする事で虎杖との差別化がされている。

リデザイン狗巻棘リデザインver.


術式

呪言(じゅごん)

呪術廻戦棘先輩

言霊を増幅・強制させる狗巻家相伝の高等術式。「動くな」と言えば相手の動きを止めることができ、「爆ぜろ」と言えば相手は爆発する。

さらには拡声器で有効範囲を広げたり、携帯電話越しに言霊を送り込むことも可能。

ただし、無機物には効かない(例:水を沸騰させる、など)。


強力な術式である分反動が大きく、強い言霊を扱えば格下相手でも声が枯れ、格上相手なら吐血する羽目になり、最悪の場合は呪言が自分に返ってくることもある。

また、音に呪力を乗せる性質上、耳から脳に掛けて呪力で守られると防がれてしまうため、実力差や相性によってケースバイケースが多い扱いの難しい術式。


喉への負担が大きく、術を使った後はのど飴を舐めたりのどスプレーを使ったりしている。


余談

  • 前述の通り語彙がおにぎりの具しかない。そのため、交流会にて伏黒と会話した際、深刻な状況であるにもかかわらず「ちょ……っと待て。君は彼が何を言っているのかわかるのか?」と京都校の加茂憲紀を困惑させた。一応、「ツナマヨ」と言いながら携帯電話のジェスチャーをしたり「おかか」と言いながら手を×の形にクロスしたりなどしてくれるため、ある程度付き合いが長く、慣れてくれば大体わかってくる様子。実際、0巻序盤では狗巻が何を話しているのか分からず困惑していた乙骨も共闘して事件を解決した後は彼の意思を察してハイタッチをしている。
  • 何故か定番の具である梅干しウメなど)と発言する場面がない。読者の間では『「梅」が「埋め」「膿め」などに繋がるため無闇に使えない』『単に梅干しが苦手なだけ』などの考察がしばしば挙げられている。また、鮭についても「しゃけ」と言うことはあっても「さけ」ということがないのも同様に「裂け」に繋がるからではと考えられている。
  • 作中ではおにぎりの具とジェスチャーによる意思疎通しか行っていないが、筆談手話でのコミュニケーションが可能なのか否かは不明。小説『夜明けのいばら道』では外国人に道を聞かれた際にもスマホなどを使わず、ジェスチャーのみで会話しようとしていた。
  • 呪術甲子園のテロップでは意外にもパン派であることが判明。アニメの呪術甲子園の回のじゅじゅさんぽにて米派かパン派かという質問に棘は「塩むすび」と答えているが、これは意味合いとしては「パン派」だと言っているので、意味がわかってしまうとかなり違和感がある。
  • アニメ公式サイトで公開されているオーディオドラマ版『じゅじゅさんぽ』の「第2回JUPPONグランプリ」では、お題への答えを他キャラが口頭で読み上げるのに対し、彼のみフリップに絵を描き、それを五条が解読するという流れになっていた。なお、彼の画力に関しては五条が「棘、絵うまいねぇ」と感心した様子を見せている。
  • おにぎりの具が語彙のためファンからの愛称はおにぎり先輩
  • 声優の内山昂輝氏はセリフの少なさを考慮に入れた上で「本気の時に(いつもと)違う音を入れれば『刺さる』だろう」と考えて演技プランを練ったという。
  • 狗巻家は呪術界でも特異な名家で呪言師を家系から絶やそうとしているらしい。
  • ファンブックによれば実は運動神経の評価が10段階中9でかなり高い(東堂と同スコア)。その割に作中でそれを生かした活躍がほとんど無く、特に原作では野球の際に「足速い」と伏黒に評された程度。
  • 宿儺の攻撃によって片腕を失っているが、これはかなり異質なことである。宿儺の領域は絶え間なく斬撃を浴びせるもので普通なら細切れになるため、それを回避するには閉じない領域が発動されたと同時にすぐさま結界の外に逃げる必要がある。どの位置にいたのかにもよるが、何にせよ優れた状況判断力と俊足を持っていると言える。

関連イラスト

呪言【ご依頼品】じゅじゅろぐ2言葉【呪術廻戦】爆ぜろ


関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校

五条悟 乙骨憂太 禪院真希 パンダ

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81712306

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました