2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含みます。閲覧注意!




概要

特級呪物。生きた結界・源信の成れの果ての姿であり、封印できないモノはない。外見はルービックキューブサイズの立方体で、サイコロと同じく対面の和が7になるように目が振られており、目はギョロギョロ動く方の目。単行本19巻同梱版に付属するレプリカでは、瞳は赤い事がわかる。
内側では物理的な時間が流れておらず、封印期間に制限はない模様(使用者曰く、封印を解くのは100年か1000年後)。また、定員は一名で、封印された人間が自死しない限りは再使用不可能。そのことから被封印者は内部である程度自由があることがわかる。更に、封印が完了していても被封印者の技量によってはその情報を獄門疆が処理しきれず、質量が変化して地面にめり込む事がある。
作中では五条悟を戦闘不能に追い込むために使用される。初期からその存在は明言されており、第89話で登場・開門される。

使用法

開門後、対象を一分間、獄門疆から半径4メートル以内に留めることで、相手の動きを封じ込める事ができる。効果は絶大であり、一度嵌ってしまうと体に力を入れられず、呪力も断たれる。五条ですら「詰んだ」と即座に判断して脱出を諦めるほど。
また封印条件の「一分」とは対象者の脳内時間での一分であり、現実での数秒の足止めも、対象を混乱させたり苦悩させることで有効なものとする事ができる。漏瑚達は呪霊と一緒に大量の一般人を五条自身が殺さなければ更に人が死ぬという状況を作り出し、五条を悩ませる方法で封印を試みるが偽夏油は開門しなかった上に、五条は即座に領域を展開し失敗。
領域を0.2秒で閉じた後に改造人間を鏖殺して疲労した五条の傍らで獄門疆が開き、その不気味な瞳に動揺した五条がその場を離れようとしたその瞬間、昨年に自分が討った親友、夏油傑と同じ姿の男が現れる。前置きのない死者の登場に五条は偽物であることを疑うが、彼の持つ六眼に映る肉体と呪力は夏油のものであり、本物という結論に至って五条は混乱。脳内で一分が一瞬で経過し、獄門疆に拘束され、封印された。

獄門疆「裏」

天元が所有する、封印を解放するために必要な獄門疆の裏門。こちらの内側にも対象者は封印されているが、開門の権限は表の所有者である羂索のもの。これを抉じ開けるには特級呪具「天逆鉾」か、特級相当呪具「黒縄」のどちらかが必要でいずれも術式を無効化する力を持つが、前者は11年前に五条が海外に封印したか破壊し、後者も去年五条によって全て消されている。何してんだあの人は‼
ただし、死滅回游泳者である「天使」こと来栖華の術式を使っても、獄門疆は解除できる。

販売

通販サイト「じゅじゅten通販」において2021年4月1日より、五条悟も愛用のお家時間に最適な特級呪物と銘打って予約受付開始されることが2021年4月1日に発表されたが、当日17時20分には呪いによる事故が多発したために予約受付中止となった。
外部リンク

関連タグ

呪術廻戦 羂索 五条悟

マスターボール:性質上、最も近しい物。一定条件を満たすことが必須なため、さながらニア:マスターボールとでも呼べる代物。

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「獄門疆」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「獄門疆」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32451

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました