ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

呪術師、準1級以上の呪霊が扱う生得術式を用いた技、即ち「呪術」のうち、領域展開を除いた奥義に類するもの。

呪術戦の極致たる領域展開には及ばずともそれぞれが強大な威力を有する他、生得領域を使用するため唯一無二である領域展開とは異なり、同じ術式が刻まれてさえすれば術者がでも同一の技を放つことが可能


また、領域展開は強力な切り札ではあるものの、一度使用すると術式が焼き切れてしまい、再度使用するまでにインターバルが生じてしまう欠点がある。

実力が拮抗した領域の使い手同士や、第三者の介入等による予期せぬトラブルに見舞われるケースが作中では確認されており、領域展開に頼らない切り札として考えるとかなり強力な武器と言える。


一覧編集

  • (いん)

極ノ番「隕」

作中では漏瑚が使用。

巨大な火球を生成し高所から相手に向けて放つ技。

質量爆弾の如く高層ビル群を破壊するその威力は、両面宿儺からも一目置かれる。


ごくのばん

呪霊操術の極ノ番。作中では夏油傑羂索が使用。

術者が取り込み使役する複数の呪霊を一つに圧縮することで得られる超高密度の呪力を相手に向けて放つ技。

呪霊操術の強みである手数の多さを捨てる一方、準1級以上の呪霊を取り込むことでそれらの術式を抽出し、術者が自在に操ることが可能になる。


  • 翅王(しおう)

壊相

蝕爛腐術の極ノ番。作中では壊相が使用。

術者の背に有毒な血で象られた蝶の翅を複数構築し、それらを自在に操る技。

矢のように射出して相手に血を浴びせ腐蝕させるほか、翅として使用することで飛行も可能。


関連タグ編集

呪術廻戦 生得術式 奥義

関連記事

親記事

生得術式 しょうとくじゅつしき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54648

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました