ピクシブ百科事典

『シン』

しん

ファイナルファンタジー10に登場する魔物。1000年に渡る罪の象徴である。
目次[非表示]

概要

ファイナルファンタジー10に登場する怪物で、物語の根幹に関わる存在。
名前の由来は宗教的な罪を意味する「sin」から。
名前の表記が単にシンではなく、二重鉤括弧で『シン』と囲まれているのが特徴。
クジラに酷似した姿をしており、頭部には建造物と思しき物が埋もれているかのように建っている。
移動する時は重力を利用して空を飛ぶが、水中でも活動できる。
身体の一部分が剥がれると「『シン』のコケラ」と呼ばれる魔物になり、『シン』はこのコケラと化した身体の一部を回収しに来る性質がある。

至近距離で遭遇すると記憶がひどく混乱する事があり、作中ではこの現象を「『シン』の毒気にやられた」と称している(実際は毒ガスなどの有害な成分が『シン』から発生している訳ではなく、『シン』の身体を構築する高濃度の幻光虫が他者の体内に含まれる低濃度の幻光虫に影響を与える為である)。
ちなみに、異世界からの来訪者である故にスピラの常識を知らないティーダは「『シン』の毒気にやられて頭がグルグルなんだよ」とこの現象を言い訳にしてごまかしている。

スピラに1000年前より災厄をもたらす存在であり、発生の原因は「機械文明に頼り過ぎ傲慢になった人間への罰」とされている。
倒す為には召喚士が命と引き換えに発動する事ができる究極召喚を習得し、それをぶつける以外に倒す方法はないと言われている。
そして『シン』が倒され出現しない期間の事を「ナギ節」と呼んでおり、そこに『シン』を倒した召喚士の名前が加えられて「○○のナギ節」と呼ばれている。
しかし、究極召喚を用いて撃退しても僅か半年〜数年近くで復活するので、また新たな召喚士が『シン』を倒す為に究極召喚を習得する旅に出なければならない。

その正体は、1000年前に実在した伝説の召喚士エボンが怪物へと成り果てた存在であるエボン=ジュが己の鎧として召喚した、いわば作中における召喚獣とほぼ同意の存在。
過去に起きた機械戦争が原因で滅亡寸前にまで陥ったザナルカンドをエボンは「夢」という形で存続させる為、生き残った住民や召喚士達を召喚獣を呼び出す為に必要な「祈り子」へと変え、「夢のザナルカンド」を召喚する。
そして、この夢のザナルカンドを守りつつ現代の機械文明を破壊し続ける怪物『シン』を召喚するに至った。
ちなみに頭部に見える謎の建造物は、夢のザナルカンドの一部である。

倒した『シン』が復活し続けるのは、撃破した直後に究極召喚で呼び出された存在がエボン=ジュに乗っ取られてしまい、それがエボン=ジュにとっての新たな鎧……つまり新たな『シン』として生まれ変わってしまうからである。
とどのつまり、その核となるエボン=ジュを倒さない限り究極召喚を習得しても意味がないイタチごっこ状態だった。

しかし、後にその事実を知ったティーダ達が究極召喚を用いずに『シン』を倒す方法(つまりエボン=ジュを消し去る)を探し当てた為、スピラの名の由来でもある1000年に渡る死の螺旋を断ち切るきっかけとなる。

ちなみに、作中に登場する『シン』はティーダよりも前に夢のザナルカンドからスピラへ迷い込んだジェクトが、ブラスカの究極召喚の祈り子となった後に新たな『シン』へと転じた存在である。
しかし、まだ僅かにジェクトとしての心が残っており、『シン』の体内の最奥部に一行が辿り着くまでは必死に自我を保っていた。
ようやく出会えた彼からの「間に合ってよかった」というセリフを聞いてミニゲームや訓練所のやり込み作業に徹していた事を恥じたプレイヤー達は数知れず。

ストーリー終盤、本体であるエボン=ジュがティーダ達に倒された事によって『シン』も完全に消滅、スピラは死の螺旋からようやく解放される事となり、「永遠のナギ節」が訪れる事となる。
それから二年後の世界を描いたFFX-2では、ユウナは「永遠のナギ節を作り上げた大召喚士」として英雄視されている。

関連イラスト

FF10,10-2HD版リマスター発売おめでとう!
追憶



関連タグ

ファイナルファンタジー10
ティーダ ユウナ
アーロン ジェクト

pixivに投稿された作品 pixivで「『シン』」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3680

コメント