ピクシブ百科事典

ハーレムエンド

はーれむえんど

ハーレムエンドとは複数の恋愛対象から好意を寄せられた、あるいは関係を持った状態のまま迎える結末のこと。タグとしては原作でのハーレムの有無に関わらず、それを連想させるイラストにつけられる。

概要

特徴としては『一人の人間に対して複数の人間が好意を寄せている』、『好意を寄せているだけでなく行動で示している』、『好意を寄せている側は一途』、『好意を寄せている側は恋敵を認識しているが、それで極端な修羅場になったりしない』等の状態のまま結末を迎えること。好意を寄せられる側の特徴は、誰にでも優しくしてしまう優柔不断なヘタレか、もしくは完全に開き直っているかのどちらかが多い。いわゆるハーレム状態である。

このエンディングでは恋愛関係が重要であるため、自然使われるのはヒロインやイケメンの多いラブコメや、恋愛ゲーム(いわゆるギャルゲー乙ゲー)、アダルトゲームエロゲー)などに限られてくる。言葉本来の意味通りなら男性一人に対して女性複数なのだが(実際それが一番多いのだが)、男女逆の場合や中には全員同性という場合もある。漫画やアニメにおいても、複数の相手から好意を寄せられるという展開は特別珍しくも無い。しかし、大抵の場合は結末までに一人に決めるか、始めから本命がいるため『ハーレムエンド』というのは意外に少ない。

これは好意を寄せられる側にはある種夢のような話である。が、あえて現実的な話をするなら、当然現代日本では、倫理的(不貞)にも法律的(重婚など)にも許されない(ただし、法律的には結婚さえしなければ複数の異性と関係を持つことに一応制限はない)。

たとえご都合主義の展開であっても、このようなエンディングは基本的に話の本筋とは別のおまけ扱いであることが大半で、もちろん最初から存在しない場合も多い。

ただし、アニメ化した際に、原作漫画がまだ連載中で結末をつけられなかったり、マルチエンディングゲーム原作で主人公をどのヒロインとくっつけるか判断が難しかったりすると、原作には無いハーレムエンドを作ってお茶を濁すというケースもある。

基本的にエロ媒体以外では明確にハーレムエンドと言えるような物は描かれない、どちらも選ばない(≠どちらも選ぶ)灰色の決着を持ってハーレムエンドと呼ばれる例もあるが、一般作品ゆえの限界でありハーレムエンドと言っていいかは疑問である。
非R-18の作品では例外的に梶島正樹作品は、ほぼ一夫多妻・重婚等を想起させるハーレムエンド以外のエンディングは描かれない。
R-18作品ではエロ漫画や官能小説などでハーレムエンド的な物は多数描かれたが、エロゲーの世界でトラビュランスブランドが全員攻略後のおまけではあるが、全員とアレコレするハーレム作品を発表したのがブレイクスルーとされる。

関連タグ

ToLOVEる SQUEEZ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーレムエンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224074

コメント