ピクシブ百科事典

コロン(ハートキャッチプリキュア!)

ころん

「ハートキャッチプリキュア」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

※この記事では『ハートキャッチプリキュア』の登場人物を扱う。他のコロンはこちらを参照。

CV:石田彰

概要

コロンはハートキャッチプリキュアに登場する妖精で、月影ゆりのパートナーであった。
物語開始以前にサバーク博士の攻撃からキュアムーンライトをかばって消滅。
そのことが原因でゆりは悲しみに包まれ自分を責めるようになり、そのこころの花は枯れてしまった。

しかしその魂はこころの大樹に守られており、33話でそれまでに集めたこころの種の力で呼び戻され、魂の状態でゆりと一時的に再会した。
そこでゆりを諭し、ゆりが再びプリキュアとして戦うことを決意する契機となった。
34話でゆりのこころの花が蘇るのを見届けた後、再び消滅しその魂は元いた場所へ還っていった。

パートナー同様仲間のことを第一に考える性格(本人曰く『紳士』)
妖精らしからぬ言動のイケメンっぷりに、その復活を望む声も多い。
ちなみに小説版ではゆりの心の強さをプリキュアにふさわしいと考え、薫子の反対を無視してまで姿を消せるのをいいことにストーカーする強情な一面を見せた。

フレッシュプリキュアのタルト同様、口癖(語尾にいつも付いてくるアレ)が無い妖精でもある。

本編第1回の時点で故人であり、作中ではゲストキャラクター扱いの為、漫画版、劇場版には登場しない。
プリキュアオールスターズ』にも登場しないものと思われていた…
……が。

2014年にリニューアルしたデータカードダス版『プリキュアオールスターズ』にて奇跡の再登場を遂げた(カード番号CD-060が確認済み)。全国の大友が歓喜の涙を流したのは言うまでもない。

また2015年3月公開の『プリキュアオールスターズ春のカーニバル♪』での「39フェアリーズ」のMVシーンでも登場している。

みんなのトラウマ

コロンが消滅するシーンでは、サバーク博士の光弾が直撃して一瞬で全身が真っ黒に炭化し、灰燼と化すというかなりえげつない描写がされている。
プリキュアシリーズ全体でトラウマシーンを語る場合は、今でもよく語り草になる。

流血シーンなどを描きにくいプリキュアの制約の中で「」をいかに暗示させるかを工夫した結果といえるが、本作は怪物を浄化させるときは「これは殺しているわけではない」ことを強調するために優しく癒されるような描写を徹底していたために、その対比としてコロンは「殺された」という悲劇が幼児でも容易にわかるようになっている。

雑記

中の人について

演じた石田彰は5GoGo映画版の敵キャラクター・ドライを演じて以来のプリキュアシリーズ出演でテレビ本編では本作が初出演。

ちなみにパートナーと声が同じ某水の戦士とは、敵キャラクターとして共演していた。

pixivでの二次創作

pixiv内の二次創作においても、原作通りの流れになっているのは多いが、他作品(主に仮面ライダー)とのクロスオーバーでは、仮面ライダーの活躍でコロンが復活し、ゆりのパートナーに復帰している描写も存在している。そして、その後日談に当たる『プリキュアオールスターズ』をベースにしたストーリーでは、歴代妖精達の纏め役として、頼りがいのある活躍をする描写もある。その役割は、ゆりに匹敵しており、その冷静沈着な判断力から、他の妖精達からも一目置かれる存在になっている。

関連イラスト

コロンとシプコフ
アリガトウ
コロン大好き
ぼくらの先輩



プリキュア妖精カテゴリ

←17ポプリ18→ハミィ
←exコッペ様exコロン


関連キャラ

ウィザーモン中の人、相棒だった異性の友人第一で冷静沈着な性格や、友人を庇って消滅し、その後魂となって再会する繋がり。
宇崎星夜:最終的な立場は逆だが中の人と可愛らしい外見や、パートナーの魔法少女第一で躊躇なく命を懸ける繋がり。

関連タグ

ハートキャッチプリキュア 
月影ゆり キュアムーンライト
シプレ コフレ ポプリ コッペ様 
コロゆり コロンさんまじイケメン
プリキュア妖精一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「コロン(ハートキャッチプリキュア!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41277

コメント