ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ローラの未来が幸せいっぱいでありますように」

CV:松本まりか

概要

雪の王国シャンティアの王女。
「みんなが笑顔になれるような国を作る」という名目の下、様々なプロフェッショナルのエンターティナー達を“そういう力を持つ人たち”として自身のアバターを使って招待状を送り、自分の国へと招き寄せていた。
プリキュアのことも知っていたようで、現プリキュアであるまなつたちトロピカる部を“みんなの笑顔を守っている”ことを理由に戴冠式に招待するという旨のメッセージをシャンティアの妖精であるホワンとともに送り、彼女たちもシャンティアに呼び寄せた。

ローラは、泉のそばで歌を歌っているシャロンを見つけ、2人は女王を目指す同士であるためすっかり打ち解け、グランオーシャンとの友好国関係になる約束を交わし、あとまわしの魔女たちからやる気パワーを奪われたことを知ったシャロンはローラの幸せを願って指輪をプレゼントした。

余談

演者について

担当声優の松本氏はプリキュアシリーズ初出演。

キャラクター設定

監督の志水淳児氏は「この作品の鍵を握る重要なキャラクターで、プリキュアとほぼ同年齢でありながら、複雑な状況に置かれている設定、そういったところをしっかり演じられ、さらに、プリキュアのような可憐な女の子の声であってほしい」とキャスティング理由について語っている。

演者の松本氏も「オファーを頂いた時は、少し驚きましたが、沢山の子供たちが夢中になっているプリキュアシリーズに関われると思うと何より心が躍りました。脚本を読ませていただき、美しく幸せなだけのプリンセスではないシャロンというキャラクターを知って、より興味が湧いてきました。と同時に、『この子に私が命を吹き込めるんだ!』と思うと、今から楽しみでなりません!」とコメントしている。

関連動画



関連タグ

トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!
シャロン王女 シャンティア

































































※以下、『映画トロピカル〜ジュ!プリキュア』のネタバレにつき閲覧注意


















































































彼女こそ本映画におけるヒロインであると同時にヴィランである。

その正体は生者ではなく大昔に死んだ人間の亡霊
彼女の故国シャンティア王国は、1万3千年ほど前(時代で言えば縄文時代辺りで、ケナガマンモスが生きていた時代)に存在した未知の古代文明の国で、人々の笑顔が溢れる理想郷のような国であったという。
だが、現代ではその名は記録からも記憶からも失われている。

シャロンはその国の王女であり、彼女が新たな女王として即位する予定だったのだが、戴冠式の前日に国に彗星が落下、それによりシャンティアは一夜にして滅んでしまう。
一人シャロンだけはその彗星落下の直前に地下シェルターに匿われたことで難を逃れたものの、シェルターを出て目の当たりにしたのは命を落とした国民や両親、そして完全に壊滅した国全土という無惨な光景で、さらにその後に起こった猛吹雪に襲われ、ついに彼女も吹雪の中で深い絶望を抱きながら凍死してしまった。

しかし、件の彗星には宇宙の未知の力が込められており、彗星の欠片の放射線的なものを浴び続けたことで、地中に埋まっていたシャロンの亡骸から魂だけが現代に蘇った(他の国民たちは彗星衝突のショックで亡骸さえ完全に消滅していたためシャロンのように蘇ることはできなかった)。
たった一人だけ蘇って何をすればいいのかと途方に暮れるシャロンだったが、それでも女王として国を幸せに治めるという未練を断ち切ることはできず、どんな手を使っても「笑顔が溢れる故国」を再建しようと考えるようになった。
霊体となったシャロンは自分を生み出した彗星の欠片から魔力を引き出すことができるようになっており、その力で亜空間に雪の王国シャンティアを再現する。だが彗星の力を持ってしても、国民たちを蘇らせることはできず、そこで彼女が考えたのが、笑顔が素敵な人々、笑顔をみんなに与えられる人々・・・そういう素晴らしい人々を国に招待したうえで、この国に閉じ込めて無理やり国民にするという強引な計画であった。
戴冠式に招待された人々は、シャロンが見込んだ国民候補であったのだ。

やがてプリキュア一行は他の客人たちと共にシャンティアから脱出するためにシャロンと衝突する事になるが、シャロンと友情を結んだローラだけは彼女を敵と見なすことができず、それが物語に大きく影響していくことになる。
「女王になる夢に執着している」「故国が理不尽に蹂躙された」と言った側面はローラと共通しており、だからこそローラはシャロンを放っておけなかったのである。

最期はまなつたちとローラがシャンティアの歌を歌ったことで笑顔を浮かべながらお礼の言葉を言って成仏することになった。

シャロンのこころの花スノードロップ。花言葉は「希望」である。

関連タグ(ネタバレ有)
哀しき悪役 プリキュアの敵一覧
黒い東堂いづみ
ラスボス 

バトラーヤラネーダ:TV本編でのラスボス

マシュー:同じく俳優が声を務める敵キャラで、こちらも既に死んでいた存在だったのが共通する。

クック:映画で敵の首謀者として立ちはだかる怨霊の少女。但し、シャロンと違い、彼女の成仏後に瓜二つの少女がパティシエの師匠に弟子入りしている。

レッド:こちらは隕石によって星に生きる人々が滅び絶望したことが発端。

ディアンシー:同じ声優、プリンセスということも共通である。

どうせみんないなくなる:松本まりかの中の人繋がりで、シャンティアを失った彼女の心情そのもの。

エゴエゴシャロン → ???

関連記事

親記事

雪のプリンセスと奇跡の指輪! ゆきのぷりせすときせきのゆびわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャロン(プリキュア)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャロン(プリキュア)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53724

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました