ピクシブ百科事典

サバーク博士

さばーくはかせ

『ハートキャッチプリキュア!』に登場する敵組織、『砂漠の使徒』の前線指揮官にして、皮肉にも月影春菜の夫、月影ゆりの実父。
目次[非表示]

CV:楠大典

概要

砂漠の使徒の実質的なリーダー格。
常に顔を仮面で隠しており、素顔や正体等は不明。
博士と呼ばれているものの、何かを研究しているシーンは見られず、研究対象は明らかにされていない。
ダークプリキュアが、キュアムーンライトと関わることを極端に嫌っている。

歴代プリキュアの敵組織の上司としてはかなり穏健で、部下がいくら失敗してもそこまで咎めず、部下の言い訳に対しても特に突っ込まない。デザトリアンを生み出すという基本的な工作は三構成員の好きなようにさせ、自らはダークプリキュアに指示を出すばかりである。
構成員の提案をあっさり受け入れたり、構成員をその気にさせて出撃させたり、強化アイテムを与えてあげたりといい上司なのかもしれない。
しかし、プリキュアがこころの種をどんどん手に入れている現状を見ると、やる気がないだけなのかもしれない。

17話の花咲薫子のセリフによると、キュアフラワーの時代には存在していなかったようだ。

pixivでは「ダークプリキュアを娘として溺愛するお父さん」というイメージが定着してしまっている。

彼の正体 (以降、憶測とネタバレ)

憶測

彼が一体何者なのかは未だに明らかにされていなかった頃は、憶測としては様々なものが考えられていた。

  1. 『キュアフラワーが活躍してた時代には存在していなかった』
  2. 『ダークプリキュアがキュアムーンライトと関わることを極端に嫌う』

これらのキーワードから、こころの大樹を探しに行ったまま行方不明となった月影ゆりの父との関連が推測された。

事実、本編でもそれを匂わせるシーンが多数見受けられ、例として、

  • ダークプリキュアのキュアムーンライトに対する台詞。
「オマエはわたしだからだ。」「オマエが月の光とすればわたしは影。影が光をのみこんだとき月はひとつになるのだ。」
  • 31話におけるデューンとの会話でプリキュアへの対処が甘いことを指摘された時の台詞。
「手ぬるいのではないのか?もしかして貴様…」(もしかして娘可愛さで…おや、誰か来たようだ。)
  • 34話でダークプリキュアがムーンライトに倒されたときに現れたが、ムーンライトに対して一言も告げずにダークプリキュアを連れて帰った。

などがあり、これらは全て伏線であったと思われる。

正体

最終決戦において、彼はダークプリキュアとムーンライトの戦いに乱入して仮面を壊されてしまう。
そして、その仮面の下の正体は月影ゆりの父である月影博士であった。

仮面が壊れることでデューンの支配から逃れた月影博士だったが、サバーク博士としての記憶は残っているのかゆりにバツが悪そうな顔をするばかりで一切釈明せず、彼女を絶望させ戦意を失わせてしまった。

そして、ダークプリキュアの父として溺愛するお父さんと言うのも、ダークプリキュア自身が自分をつくった存在であるサバーク博士を父と思って慕っている事実からも、あながち外れてはいなかったようである。

詳細

かつて植物学者であった月影博士は、全ての命と心を司るこころの大樹を研究してみんなを幸せにしようとしていた。
しかし、ジャパンを離れフランスで研究していたものの研究の行き詰まりを感じていた博士はデューンの誘いに自らのってサバーク博士の仮面を装着してしまう。
力を得てデューンの支配に下った博士は、デューンが不在の間の砂漠の使徒の実質的な指導者としてデューンに尽くすこととなった。

彼がこころの大樹を研究して得られた技術とゆりの体の一部を元に、ムーンライトを模した彼女を倒すためだけの心がない人形であるダークプリキュアを生み出した。
さらに、彼の研究成果はこころの大樹の守りを破るためにデューンの役に大いに立った。

しかし、月影博士としての記憶が無意識ながら残っているようで、1話冒頭で敗れたムーンライトをダークプリキュアに追撃させなかったり、ダークプリキュアにムーンライトと関わることを禁じたりしている。
案外、世界砂漠化にやる気がなさそうなのも月影博士の記憶の影響なのかもしれない。

最終決戦において、仮面が割れて自分を取り戻した月影博士は娘のゆりと3年ぶりに再会した。
そして、自分がサバークになった理由やダークプリキュアの正体を明かし、姉妹同然の存在であるゆりとダークプリキュアを戦わせたことを詫びて、ダークプリキュアを自分の娘だと認めてやりその消滅を看取った。

そして、直後に登場したデューンのゆり達へのとどめの一撃から守るため、中心部に立ちその身と自らのバリアーをもって庇う。ゆり達は無傷であったものの、月影博士自身は妻のことをゆりに託し爆発を直に受け跡形もなく消滅してしまった。

これが彼の死を表すのかについては現在でも議論がある。
実は本作では、浄化により消滅した三構成員が最終回のエピローグで元の人間の姿として復活していることが明示されている。このことがサバーク博士が復活している可能性を生んでいる。
ただ、彼が世界のどこかで生きているとしても、最終回においての月影家の食卓シーンを見る限りは、娘と共に家に帰ることはかなわなかったことだけは確かである。

小説版では地の文で明確に亡くなったことが語られ、最終決戦後全ての真相を知った妻・春菜と娘によって遺骨が無いながらも弔われている(ちなみに月影博士のファーストネイムは英明(ひであき)とある)。

なお一部のファンの間ではダークプリキュア関連の話が家族をほっぽりだした挙句隠し子を作ったように解釈できるため昼ドラじみたネタにされることも。

pixivでの二次創作

pixiv内での二次創作でも、原作と同じ流れになっているのは多いが、他作品(主に仮面ライダー)とのクロスオーバーにおいては、仮面ライダーの活躍で月影博士が救われた事によって死を回避され、家族の元へ帰ってこられた描写も存在している。

関連イラスト



関連タグ

ハートキャッチプリキュア 砂漠の使徒

pixivに投稿された作品 pixivで「サバーク博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654381

コメント