ピクシブ百科事典

川尻早人

かわじりはやと

川尻早人とは、『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』の登場キャラクター。
目次[非表示]

ぼくは、生まれて初めてマジに心の底から神様にお祈りした…
「どうか、このぼくに人殺しをさせてください」……と。

概要

ジョジョの奇妙な冒険』第4部 ダイヤモンドは砕けないに登場する少年。
本編時では11歳の小学生である。

悲劇の始まり⏰川尻早人



家族構成は、父「浩作」、母「しのぶ」の三人構成。 ある日吉良吉影にとって変わられた父親の奇妙な点をいち早く見抜き、『偽の父親』である吉良と戦う決心を決める。

登場した頃、【自分は両親が愛し合った末に生まれた子供なのか?】と疑問に思い、監視カメラを家に仕込むなど天邪鬼で人間不信気味な少年であった。ついでに見た目も前髪で目が隠れていたり顔が描かれた際もかなり不気味な顔立ちだった(母のしのぶからも心底嫌われてるわけではなかったものの『何を考えてるかわからない』などの理由から気味悪がられていた)が、ストーリーが進むにつれ凛々しい表情になった。アニメ版では当初から後者の外見に統一されている。

しかし吉良と戦う覚悟を決め、スタンド能力を持たないながらもその知恵と勇気を持って母を守るために活躍し、東方仗助たちと共に吉良を追い詰めることに成功する。

殺人鬼を脅す度胸や、バイツァ・ダスト発動中の誰ひとり味方のいない中、仗助を呼び出す機転、仗助のすぐ近くで爆弾に変えられた虹村億泰に自ら触れることで解除する覚悟はまさに『黄金の精神』そのもの。仗助をして「マジに小学生かよ」と驚かれるほど。

ジョジョに登場する一般人を甘く見てはいけないというキャラの一人でもある。

本当に両親が愛し合っていたのかは分からないままに終わるも、自分の夫が死んだことを知らぬまま生きる母に深い愛情を抱き、愛の存在をその体験から知ることとなる。

父に扮していた吉良が最終的に救急車に轢かれる形で死亡した際に「あいつは法律では決して裁くことができない。この方法が一番いいんだ」と言う岸辺露伴に対し「あいつを、誰かに裁いて欲しかった」という心中を吐露している。この台詞から察するにそれまで仲が良いとは言えなかった父浩作のことも早人は確かに愛情を持っていたと思われる。なお彼が抱いた「誰かに裁いて欲しかった」という願いは、早人の預かり知らぬところで叶えられることになった。

担当声優

佐藤ゆうこ(ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル)
佐藤利奈(アニメ版ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ ダイヤモンドは砕けない
川尻浩作 川尻しのぶ 吉良吉影 東方仗助 虹村億泰
ポコ - 第1部波紋法吸血鬼に関わりがない一般人ながらも、早人同様その勇気をもって敵の撃退に貢献した少年。
盗撮 小学生
野原しんのすけ 中の人が同じ子どもキャラ。

関連記事

親記事

ダイヤモンドは砕けない だいやもんどはくだけない

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「川尻早人」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「川尻早人」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1291846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました