ピクシブ百科事典

10月計画

おくとーばーぷろじぇくと

10月計画とは、石ノ森章太郎の漫画『仮面ライダー』に登場するショッカーの日本征服計画。

概要

石ノ森章太郎の萬画版『仮面ライダー』の最終章「仮面の世界」においてビッグマシンが語ったショッカーの日本征服計画。

日本政府とのコネクションを持つ大企業『日ノ下電子』に特殊な装置を仕込んだテレビ腕時計を製造させ、10月に一斉発売させる。その後、富士の地下にある巨大電子頭脳から命令電波を発信、テレビから発する誘導電波を通して腕時計をつけた人々を洗脳し、操ろうという計画。
計画に使用する電化製品は通常の10分の1の価格にも拘わらず10倍の性能を持つという代物。当然ながら他企業からは不当廉売として抗議されることが予想されるが、日本政府が裏から手を回してもみ消してしまうつもりだったらしい。

計画を察知した仮面ライダー2号はショッカーの要塞と化した富士の地下へ侵入。巨大電子頭脳の破壊を試みるが、そこに現れたビッグマシンの口から思いがけない真実が明かされる。

実は電子頭脳は日本政府が開発したもので、ショッカーはそれを流用したに過ぎなかった。政府は国民の全てを番号で区別する「コード制」なる制度を計画しており、更に国民をロボットのように操る「コンピューター国家計画」へ発展させる予定だった。ショッカーはこの計画を日本征服の為に都合がいいと考え、9割ほど完成していた電子頭脳を強奪。改造を加えて利用していたのだ。

仮面ライダー2号は思わぬ真実に動揺、更にビッグマシンが放射した特殊超音波によって改造人間としての機能を狂わされて苦戦するが、そこに復活した仮面ライダー1号が合流。特殊超音波を利用して電子頭脳を破壊し、狂わせる事に成功した。
電子頭脳には万が一狂った際に備えて自爆装置が内蔵されており、ほどなくして電子頭脳はビッグマシンもろとも自爆、計画は完全に破綻した。本郷は自爆装置が仕込まれていたことを「日本政府のせめてもの良心」と評している。

余談

HEROSAGAにおいてショッカー首領が変身したヘキサオーズは、機械を狂わせる能力を持っていた事から、10月計画あるいはビッグマシンの能力を継承していたと推測される。

一部書籍などで「萬画版では日本政府がショッカーの黒幕だった」と紹介されている事があるが、上述の通りそれは間違いである。むしろ「ショッカーのような悪の秘密結社などではなく、日本国民が自らの意志で選んだ政府が国民のロボット化による平和と秩序を望んでしまうかもしれない」という警鐘こそが本エピソードのテーマであると思われる。

コメント