ピクシブ百科事典

10月計画

おくとーばーぷろじぇくと

10月計画とは、石ノ森章太郎の漫画『仮面ライダー』に登場するショッカーの日本征服計画。

概要

石ノ森章太郎の萬画版『仮面ライダー』にてビッグマシンが語ったショッカーの日本征服計画。

ショッカーが系列会社である日ノ下電子に通常の10分の1の価格で10倍のスペックを持つという特殊な装置が埋め込まれたテレビ腕時計を世間に流通させ、ショッカー大要塞地下にある巨大電子頭脳から発する誘導電波を受信させて人々の思考を操ろうという計画。
当然ながら不当廉売であるという抗議の声が上がったものの、ショッカーが裏から手を回してもみ消してしまった。

実はこの計画の大元は日本政府が「コンピューター国家計画」の名のもとに、国民の全てを番号で区別する「コード制」なる制度である。
ショッカーはこの計画を日本征服の為に都合がいいと悪用し、政府が開発していた9割ほど完成していた電子頭脳を強奪。改造を加えて悪用したのだった。

しかし計画は仮面ライダー1号仮面ライダー2号によって阻止され、ビッグマシンも電子頭脳ごと自爆させられ計画は完全に破たんした。
電子頭脳の自爆はもしもコンピューターが狂った時にそうなるようにしていた日本政府の善意だとも言われていた。

余談

HEROSAGAに登場したショッカー首領の変身したヘキサオーズが機械を狂わせる能力を持っていた事から10月計画のノウハウを使っていたと推測される。

コメント