ピクシブ百科事典

鬼龍院翔

きりゅういんしょう

鬼龍院翔とは、ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のヴォーカル。
目次[非表示]

東京都出身。
血液型はB型。誕生日は1984年6月20日。
ゴールデンボンバーでは全楽曲の作詞・作曲・編曲を担当。
東京都立向丘高等学校出身であり、軽音楽部に所属していた。
同バンドで唯一まともに自分のパートをこなしている人物である。
一通りの楽器は演奏できる他、バイオリンも弾ける。
バンド内のキャラクターでは「鉄腕アトヌ」「夜魔堕さん」「ヤワラちゃん」「翔也」など。
ライブの演出やライブ中に行われる演劇の台本も担当している。
また他ミュージシャンのパロディ的なネタ曲も多く作っており、「イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜」では
稲葉浩司桑田圭祐などの特徴をかなり把握した歌マネを披露している。
喜矢武豊とは高校時代からの友人だが、別々の高校に通っていた。
仮面ライダーウィザード」ではソロ名義で主題歌「Life is SHOW TIME」を担当した。

人物像

中学生時代からMALICE MIZERの大ファンでGacktを尊敬しており、自分でも「Gockt」というキャラをやっている。
本人とはその後ラジオでの対談を果たし、初の自伝(風の)本である「ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?」の帯メッセージを寄せてもらったりもしている。
タミヤのTシャツを愛用しており、これもメーカー公認状態になっている。ただ、Tシャツのデザインが好みだけだったようであり、本人にミニ四駆プラモデル等の趣味は無い。
猫背、すきっ歯、頭が大きい、初体験が23歳などを自らネタにしている。
好物は唐揚げ、チョコレート。コーラは本人曰く「炭酸がキツくて飲めない」とのことだが、ビールは大好物。



その他情報

木村カエラとは高校生時代の同級生だったが、まともに会話したことはない。ただし木村の方は彼を弄り相手として認識していたようで近くの席に居た当時つつくなどしてからかっていた事があり、当時の彼の渾名は「チョコ」だったことを話している。
東京NSC(吉本総合芸能学院)に所属していたことがあり、しずるの池田一真と「チョコサラミ」というコンビを組んでいた。
「チョコサラミ」の由来は「お互いの好きな食べ物を合わせただけ」だそうだ。
解散後は別の相方と「やっと笑えたね」というコンビで活動。
中学時代からお笑いと音楽が好きで、19歳の時に喜矢武らと前身バンド「ニャーん」で「TEENS' MUSIC FESTIVAL」に出演し、奨励賞を受賞した。
NSC卒業後に「お笑いの世界では大成できない」と悟り、すぐに芸人から方向転換しバンドを始めた。

別名・表記ゆれ

キリショー

関連タグ

ゴールデンボンバー ヴィジュアル系

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼龍院翔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 969228

コメント