ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

男性がネット上では女性を演じる場合に用いられる言葉である。

2000年代において、オンラインゲームなどで男性プレイヤーが女性キャラクターを操作することは「ネカマ」と呼ばれていた。
主にチャット等で女性の振りをして男性をからかい、ひどい場合には男性から金品などを貢がせる行為が少なからず存在した。また、女性の振りをしてSNSを炎上させたり、お馬鹿な言動を行う構ってちゃんのユーザーも居た。
そのため、「ネカマ」というのはこれらの行為がマスメディアに取り沙汰された結果、犯罪者詐欺師というイメージが強く存在した。


しかし最近では男性プレイヤーが女性キャラクターを操ることは特に珍しいわけでもない。女性主人公に自己を投影しているわけではなく、女性主人公を1人のキャラクターとして見なしている人も多い(むしろ性別選択できるゲームでは、男性主人公を用いる男性プレイヤーのほうが希少とさえ言われているほど)。
そのため、現在では女性キャラクターを操っているだけで「ネカマ」と蔑まれる事はあまり無いと思われる。

また、Vtuberの中には男性が女性キャラのモデルを操作するケースもあり、バ美肉と呼ばれる。中の人が男性であることをあえて公言し、一定の支持を受けている者もいる。ボイスチェンジャーや加工アプリの普及もあって、昔に比べて格段に「ネカマ」がやりやすくなっている。


逆に、女性がネットで男性を演じる場合は「ネナベ」と称される。

ネカマの理由

ネカマの理由は人それぞれだろうが主に以下の通りであろう。

ゲーム内で有利

特に日本韓国中国などのアジア系(と言うか日本アニメ文化圏)のゲームでは女性キャラクターのアバターや装備が充実していることが多い。
見た目なども華美であったりして男性であれば興奮出来るようなものも多い。
逆に欧米製ゲームだと女性優遇はほぼ無い。そもそも美少女が巨大武器を振る事に対し「リアルじゃない」とマジレスされるし。

優しくされたい

オンラインの世界では相手の性別で露骨に態度を変える人がいる。
女性に対して優しいが、男性に対しては辛辣というプレイヤーは(男女ともに)多いため、男性自機でゲームを開始すると自然とハードモードになりがちである。
優しくされたい、という理由でネカマを演じるものもいるだろう。

ロールプレイを楽しみたい

女性になりきってみたい、という理由である。
元々RPGというのはこのような「なりきり」を楽しむものでもある。
これは、「女性になりたい」という願望を持つ男性がかなり多いことが背景としてある。

男の尻なんぞ見続けたくない

MMORPGで一番画面に映る時間が長いのはプレイヤーキャラクターである。ましてや三人称視点タイプだと常にPCの背中(尻)を見え続けなくてはならない。当然男としては野郎の尻を見続けるより美少女の尻を見続けたほうが楽しいだろう。
MMORPGで乳揺れを実装するようなゲームはほぼそういう客を見込んでの実装である。

「私は女だけど」

フェミニストは男性の意見には耳を傾けないが、女性の意見は聞く傾向があるため、あえてアンチフェミニストの男性が女性と偽って反論するというもの。SNS掲示板などでしばしば見られる。多くの場合ネカマが下手であるためすぐに見抜かれ、かつ他の男性にも誤解を与える存在のため、周囲の男性からも気味悪がられることが多い。

その他様々な理由があると思われる。

関連タグ

MMORPG オンラインゲーム 詐欺
バ美肉
女体化 性転換

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネカマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1479906

コメント