ピクシブ百科事典

南条あや

なんじょうあや

故人。伝説のメンヘラ系ネットアイドル。
目次[非表示]

人物

1980年8月13日東京都生まれ。本名は鈴木純(読み:すずき じゅん)。血液型はO型。
インターネット黎明期の1990年代末期に活動していたメンヘラネットアイドル

3歳の頃に両親が離婚。母親は名古屋で再婚し、一度母親に引き取られて義父らと暮らすが、折り合いの悪さもあって後にイタリアンレストランを経営する父親に引き取られ、父親と二人だけの父子家庭で育つ。

小学校では卒業するまでの間に渡って、いじめや不登校を経験。小学校時代の同級生からのいじめから逃れる為に、地元の中学校へは行かず、私立中学校に進学したが、そこでもいじめを受けた。やがて中学1年生の頃からはリストカットをするようになり、後にはオーバードーズ瀉血と共に晩年まで慢性化していた。

高校3年生の頃に、大学附属病院精神科の閉鎖病棟へ1998年7月末から10月頭までの2ヶ月間に渡って入院した。

エピソード

  • 好きなアーティストとして、Cocco小谷美紗子tohkoモーニング娘。kiroroSPEEDなどを挙げていた。
  • 自身が通う学校のセーラー服を非常に気に入っており、自身のホームページでもその制服姿を公開している。
  • 好きな教科としてペン習字を、逆に嫌いな教科として英語を挙げていた。
  • 身長は153cmだった。本人としては160cmは欲しかったと言う。

ネットアイドル活動

高校3年生の頃に、薬事ライターである町田あかねのWebサイト上に「精神病と向精神薬に関する体験談募集」に対してメールを送ったところ、その文才が評価されたことから1998年5月から1999年3月まで日々を綴った日記を公開し始める。心に病を抱えた内容を吐露した日記は同好の士を中心に多くの人々から支持を集め、ファンクラブも結成されるまでに至る。趣味の一つのカラオケに友人を誘ってはよくカラオケボックスに出掛けたり、リストカットの衝動を抑えるために献血に精を出していた。

若過ぎる死

高校を卒業してから20日後の1999年3月30日正午頃に、一人でカラオケボックスに入店し、その後3時間の間に向精神薬を大量に服用し昏睡状態で病院に搬送される。蘇生処置をするが、その後死亡。享年18歳。
しかし、本人は薬物に関する知識が十分あり、服用した薬も致死量には満たなかった。その為、本人に明確な死の意思があったかは不明。未だに推定自殺とされているが、司法解剖の結果、日常的に繰り返した自傷行為により、心臓の弁に穴が空いていたことが結果としての死因に結びついた。20歳になったら当時交際していた年上の恋人と結婚する事を約束していたが、彼女の死によって叶わぬ物となった。

死後の影響と評価

当時人気を博していたため、インターネット上では彼女のファンが半ばパニックになり、掲示板ではさまざまな論争が繰り広げられ、多くのファンから、追悼の言葉が寄せられた。葬儀にはファンも参列し、葬儀に行けなかったファンらはネット葬なるものを行った。

彼女は亡くなってから20年近く経った今でも、メンヘラ界では生前の彼女と同じような闇や苦しみを抱える人達のカリスマ的存在として神格化される程厚く支持され続けている。

著書

 亡くなってから5年後に発売された自伝本。

関連項目

ボカロPの一人。彼女を題材にした「南条あやになれなくて」を作曲した。

ブロガー、Web漫画家、イラストレーター、ネットラジオ放送主としても幅広く活動していた故人の男性ワーキングプア。
人柄・考え方だけではなく、幾多ものいじめなどを経験してきた暗くて不遇な生涯を送って来た事も似ている上に、自分自身の辛い日常を日記という形でネット上に日々曝け出していた事が共通しており、最期は同じようにわずか20歳前後という若さで亡くなった。

外部リンク

※Webアーカイブ。本サイトは2008年頃に閉鎖している。

関連タグ

故人 インターネット ブロガー ネットアイドル フリーライター 社会問題 自殺した人物 メンヘラ

pixivに投稿された作品 pixivで「南条あや」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116

コメント