ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

星野アクア×有馬かなのコンビ及びカップリングである。


詳細

かなにとってアクアは幼少の周りに最もチヤホヤされた時期に出会った、己のプライドをへし折った人物である。以降、この経験からアクアに執着を見せ、再会した後は本人は否定しようとしてるが明らかに恋愛感情を見せている。

ただしその後の挫折続きの経歴から来る自己評価の低さから言いたい事を素直に言えずにいる。


一方でアクアはかなを「嘘や演技をする必要が無く会話出来る人物」と見なしている。転生者の経歴やアイの犯人捜しから本心を語る事がなかなか無く、シスコンを拗らせ気味なアクアが「ルビーを任せられる」と言え、後にかなが危機に陥った際にアクアが取った行動が非常にリスキーな対応を取ることで守った点でも彼がかなを信頼していることが見てとれる。(アクアにとって都合が良いタイミングだったとはいえ、ルビーとの関係に亀裂が入る事は明白な事を理解した上で手を打つに値する存在と認識しているのは間違いない)

精神年齢は(身体に引きずられ出してるとはいえ)40歳以上になり裏工作も平然と行うアクアが、かなの嫉妬や痩せ我慢から出た拒絶する言動には本気で傷ついているあたりでもかなとの会話を含めて「高校生の少年としての星野アクア」という等身大の人間として向き合っている事が読み取れる。


「自己評価が低い」「才能はあるがそれ以上に培った経験や技術をフル活用する事に長ける」「過去の挫折やトラウマにより、本質的には脆いメンタルを抱えている」「本音を言いたい時に時ほど距離感を誤り、表向きは”嘘”の言葉を重ねてしまう」など、パーソナリティの共通点も多い似た者同士の組み合わせでもある。


原作者の赤坂アカ氏はTwitterにて「有馬かなは連れ戻してくれる人」と評している。


関連タグ

推しの子 星野アクア 有馬かな































以下、アニメ未放送及び単行本14巻以降の展開に関するネタバレを含むため注意!!



















「まぁお前が好きなのはあれだろ。あの天才子役の方なんだろ?」



150話のアクアの夢にて星野アクアと雨宮吾郎が話すことになる。

ゴローは復讐に拘っていたが、天童寺さりなが星野ルビーとしてアイドルをやっている事実を知って復讐心が消え去っていた。最早未練が何一つないゴローは自身がもうすぐ消えてしまうことをアクアに告げる。

そして、ゴローはアクアがかなに好意を持っていることを指摘した。アクアは傲慢な癖に努力家で、口が悪い癖に繊細で、強くて真っ直ぐな視線のかながずっと好きだった。

アクアがかなに惹かれてることは序盤から描かれていたが、二人の対話でそれが明確になり、アクアとかなが両想いであることが確定した。

ゴローは「復讐を果たすも、好きな人と過ごすも、どうするかはお前次第だ」とアクアに告げた。


「僕次第か」


その頃、かなはアクアに想いを馳せていた。

最初は大嫌いだった筈なのにしつこく業界に生き残っていた。子供の頃から追いかけていた心のライバルはかっこよくて素敵で、ずっと横にいてくれたアクアのことが好きになっていた。

かなは好きだと思えた喜びはアクアには分からないと断言する。そして、自分と同じぐらいの強さとまではいかなくても、自分の想いを受け止めて欲しいと思い、アクアをデートに誘う。


「私は本気の恋をしている」

関連記事

親記事

推しの子のカップリングタグ一覧 おしのこのかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4959561

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました