ピクシブ百科事典

ナイトメアウィザード

ないとめあうぃざーど

ナイトメアウィザードとは、『星のカービィ夢の泉の物語』『星のカービィ 夢の泉デラックス』のラストボス。テレビアニメ版『星のカービィ』のラストボスでもある。
目次[非表示]

概要

夢の泉に現れた「悪夢」。デデデ大王は彼を封じ込めるためにスターロッドを持ち出した。2つの形態があり、どちらもスターロッドの力で倒すことになる。

ナイトメアパワーオーブ

星のカービィシリーズではおなじみの球体状の敵。これまたおなじみのシューティングゲーム方式で戦うことになる。丸い体から星や三日月型の衝撃波を放出したり、体当たりをしながら攻撃してくる。対戦が長引くと夜から朝に時間が流れていき、地面が徐々にせり上がり、やがてナイトメア自身が何処かへ逃亡し、最終的には天井に挟まれて強制的にミスになってしまうので注意。しかも、カービィ側のスターロッドの攻撃は、直接の振り回しが通用せず、発射できる星形弾もこいつの星にかき消されるため、反撃にも細心の注意が要る。もっとも、初代のカブーラーを撃墜できる腕前があれば、時間制限があろうと問題にすらならないだろう。この第1段階の姿を倒すと、第2段階である人型の姿ナイトメアウィザードに変化する。
初登場の夢の泉の物語ではナイトメアーズパワーオーブという名前であったがトリプルデラックスのキーホルダーは夢の泉デラックスと同じ名前になっている。

ナイトメアウィザード

ナイトメアパワーオーブを倒した後に出現する最終ボス。マントを羽織りサングラスをかけてた悪魔の様な姿でカービィシリーズのキャラとしては珍しく魔物然としたデザイン。瞬間移動を駆使しながら、星を放ったり体を回転させながら突撃してくる。このボスを倒すとゲームクリアとなる。パワーオーブ形態に比べると、スターロッドの性質を非常に苦手とするキャラクターであり、特にスターロッドの直接の振り回しは彼の放つ星を打ち消したり、体当たりでぶつかってもカービィへダメージが通らなくなる(しかもこれによるカービィ側の攻撃は彼に有効)ため、天敵と言っていいだろう。おそらく、果敢に攻めに行くプレイヤーほどスターロッドの性能を発揮でき、それが原因であまり強くない印象を持たれることも多いようだ。
ただし、ナイトメアが夢の泉に現れた悪夢である事を踏まえると、夢の泉が流す夢の根源はスターロッドであるため、それが致命的な弱点になる事は不思議な事では無い。

なお、「夢の泉デラックス」でのナイトメアウィザード戦のBGMは、『タッチ!カービィ』で条件を満たすと「なつかしの曲」として聞くことができるほか、ステージ「スペクタクルスペース」ではアレンジされてBGMになっている。他にも『カービィWii』のラスボス戦に一部フレーズが用いられているなど、カービィのラスボス曲の中では意外と耳にする機会が多い。
なお、『あつめて!カービィ』ではミニゲームの「空中探検隊」の最終ステージで立ちはだかる。従来のゲーム通りナイトメアパワーオーブから始まり、倒すとナイトメアウィザードに変身してカービィを潰しにかかってくる。おまけにこちらでも専用の新たなBGMが設けられている(まさかのナイトメア)。まさかこの作品で彼を拝むことができるとは誰も予想しなかっただろう。
スターロッド以外の力で倒すことのできる作品でもある。

スターアライズでは、ハイネスが「自分たちの一族は『銀河の危機とも言えるおぞましい悪夢』を退けた」らしいが、ナイトメアとの関連の有無はわかっていない。
また、Ver4.0.0では初期組のドリームフレンズバルフレイナイトに挑むと、BGMが彼のテーマのアレンジになるようになった。夢の泉の物語25周年を意識したかのようにどことなくファミコン音源が入っているように聞こえるエレクトロニカにアレンジされている。

ファミコン版の公式イラストでは歯が普通であり眉毛があるなど、ややコミカルなデザインであるものの、それでも十分悪魔然としたデザインだった。DX以降は眉毛がなくなり、歯が牙になるなど、より悪魔然としたデザインになった。

アニメ版

CV:銀河万丈
ホーリーナイトメア社の会長であり、「神聖なる悪夢」と言われる邪悪の化身にして"闇の帝王"である。新世代の星の戦士カービィプププランドに定住して以来、デデデ大王を利用して重点的に魔獣(刺客)をたびたび送り込んでいる。生物の洗脳、および魔獣化させる力を持つ。それによってナックルジョーの父親を魔獣化させメタナイト卿と同士討ちなどをさせている。ゲーム版ではマントの下に隠れた体が弱点だったのに対し、アニメでは逆にあらゆる攻撃を吸収してしまう異空間につながっており、どんなに強力な攻撃も無効化する。その上、現実世界におけるナイトメアは明確な実体を持たない。物理的攻撃が通じない以上は無敵に等しく、戦艦ハルバードすら「みじめな兵器」とあしらった。最終回ではフームを利用してカービィをおびき寄せ、無駄に攻撃させ疲弊したところを夢の世界に引きずり込み、始末しようとする。しかしナイトメアの正体は悪夢であるゆえに夢の中の彼こそが本体である事、そしてカービィが夢の中でのみスターロッドカービィに変身できる事を知らなかったのが命取りとなり、大量の星屑に囲われ消滅した。だが、人々の悪夢の化身であるがゆえに彼は不滅であり、「恐怖心がある限り私は蘇る」と消滅後に告げている。この点は、「ナイトメアが現れたゆえに悪夢を見るようになったゲーム本編」の設定とは真逆の関係と言える。

全宇宙規模の戦争に勝ち抜き全宇宙を恐怖のどん底に叩き落とすなど、ゲーム版における彼以上の功績を持つ。

……しかし、その一方で詰めの甘さが目立つ。
徹頭徹尾カービィを狙っており、カービィへの貢献度の高いフームや元星の戦士のメタナイト、カービィと同じく次世代の星の戦士のナックルジョーらの対処を怠りがちで、彼らの対処よりも最優先課題でもないのにデデデ大王の未払金の回収の方を優先する始末。
フームを妨害する目的で魔獣を送らなかったり、ナックルジョーを安易に信用した結果最強魔獣マッシャーを倒された。
それ以外にも一話完結式であるという都合上魔獣は単騎しか送れないのは仕方ないにしろ、宝剣ギャラクシアや戦艦ハルバードなどの重大案件でいつものように護衛も増援も無しで魔獣を単騎で送り込んだり(マッシャー回ではいずれも手下付きである辺り一貫性が無い)など致命的なミスを犯している。
そのため、彼の最期がこれらの追い打ちを掛ける形になってしまった。

評価

あらゆる攻撃を受け付けない。無尽蔵に魔獣をけしかけ銀河戦士団に圧勝するなど普通にアニメを見た場合、絶対的な力を持つ強大な魔王のように描かれているが、むしろカービィに自らの弱点をさらした上にスターロッドを使われると完全に戦意を喪失してしまいあっさりやられた印象が強くヘタレ、ラスボス(笑)など不名誉なレッテルを貼られがちで正当に評価されてるとは言い難い(弱いとまで言われているがアニメの悪役キャラの中ではそこまで弱いというわけでもない)。もっとも前述の通り、上記ゲームにおいてスターロッドは己の攻撃を全て防がれる上に一方的にダメージを受ける、完全な相手側のワンサイドゲームになりうる武器であり、まさにどうあがいても絶望と言える代物を扱われては、戦意喪失してしまうのも無理はない。それを抜きにしても最終回制作当時吉川監督の奥さんの命が風前の灯火だったため、シナリオが支離滅裂気味になってしまったという裏事情がある。

デデデでプププなものがたり

第13巻1話「追いかけっこで地獄いき!?」でエンマ大王として登場。
地獄に堕ちたカービィの舌を引っこ抜こうとしたが、間違えて中にいたグーイの舌を抜こうとしたことで逆に天罰を下されてカービィの部下になった。

スマブラでは

3DS/WiiU』にてついにアシストフィギュア化を果たす。世界を闇に包み込み、一定時間ステージが真っ暗になる。
意外にもCPUにも効果がある。しかしその特性故複雑なステージとは相性がイマイチなので、彼が真価を発揮できるのは終点などのシンプルなステージ。
カービィシリーズのアシストフィギュアはこれで二人目

関連タグ

星のカービィ 夢の泉の物語 夢の泉デラックス 星のカービィ(アニメ) ホーリーナイトメア社 カスタマーサービス アゴ サングラス

デマオン…シリーズでは珍しい魔物然としたデザイン&声優繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトメアウィザード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147600

コメント