ピクシブ百科事典

クローン剣士ダークマター

くろーんけんしだーくまたー

『星のカービィ ロボボプラネット』に登場した剣士ダークマターのクローン。

概要

星のカービィロボボプラネット』の「メタナイトでゴー! リターンズ」に登場するボスキャラ。

メタナイトを主として認めた星の夢が彼の願いを叶えるために創り出した剣士の一人。
剣士姿のダークマターをベースとしている。
歴代のダークマター族と異なりシューティングでなくアクションで、しかもシリーズと接点の無いメタナイトで戦うという熱い展開となっている。

カービィ2同様フィールド内を頻繁に移動しながら剣から光弾やビームを放ってくる。この光弾はカービィ2同様跳ね返してダメージを与えることができる。ある程度体力を減らすと腹部に目玉が出現し第2形態が使用した回転しながら放つ衝撃波や電撃、オレンジ色の球体を飛ばすなどして攻撃してくる。
メタナイトで戦う場合、この球体を破壊すると必殺技などに使うエネルギーが2ポイント手に入る。
「真・かちぬきボスバトル」ではレイピア使いの女王との連戦となる。

星の夢に入力されていたデータの中でも強力な存在であるとされているが、
実際にはデータの解析が不足しており、オリジナル程の実力は持たないらしい。実際虹の剣の直接攻撃ではほとんどダメージを与えられなかった2と比べると、普通の攻撃が通用するほど耐久力に差がある。
クローン化に至っては「なんとか成功した」レベルであり、その正体は謎に包まれたままである。

そもそも、何故ダークマターのデータまで星の夢に入力されていたかも不明。デデデ大王のクローンであるクローンデデデが作られている事から、かつてダークマターが憑依したデデデ大王のデータを採取した際に因子のような物が付いていたのかもしれない。
星の夢曰く「この星の」との事らしいが、ダークマターはポップスターの出身ではない
あくまで現地調達したデータである為、彼の倒された場所であるこの地を出身地と判断したのだろう。

今作では所持する剣の刀身を虹の剣のように輝かせているが、Miiverseのスタッフルームによると、これはクローン元のデータに遺されていた虹の剣に対する意識を、メタナイトという強敵に出会ったことで具現化させたものとのこと。

ちなみび目が星の夢と似た雰囲気になっている。
第2段階では目が赤くなる。腹部に目玉が移動した時は、オリジナルと同じ雰囲気の目に変わる。

倒された後、ドロドロの塊に成り果てるが最後の一瞬だけ、ダークマターの本来の姿であるリアルダークマター(以下"リアル形態")の姿を見せている。

名前に「クローン剣士ダークマター」とあるのはリアル形態との混同を避けるための措置と思われる。初登場作品以降におけるダークマターがリアル形態の方を指している事が多いが故である。

なお、ダークマターが登場したのは「あつめて!カービィ」のミニゲーム以来5年ぶりであり、ボスとしての登場では3以来実に18年(2登場の剣士形態は21年)振りである。

BGMは星のカービィ2におけるダークマター第1・第2形態のミックスアレンジ。
正式名:暗黒の復刻


関連タグ

星のカービィロボボプラネット ダークマター クローンセクトニア 虹の剣

pixivに投稿された作品 pixivで「クローン剣士ダークマター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19481

コメント